介護・福祉の最新ニュース

ケアサービスがスタッフの腰痛予防に「マッスルスーツ」を導入

2017-03-16 19:00

訪問入浴の4事業所にて
株式会社ケアサービスでは、訪問入浴をおこなう4事業所にて、スタッフの腰の負担を軽減するためにウェアラブルロボット「マッスルスーツ」を導入すると発表した。
「マッスルスーツ」は、株式会社イノフィスの商品。空気圧式の人工筋肉を使用したスーツで、モノや人を持ち上げる際などに、身体の負担を大きく軽減することができる。

入浴介助において腰にかかる負担
入浴サービスでは、浴槽への移動の介助や、体勢などによって、腰に負担がかかる場合が多い。腰痛を発症し、介護職を続けたくても退職せざるを得ないという事例もあるという。

同社ではこれまでも、腰痛予防のために、腰痛ベルトの導入や、ボディメカニクス研修などを実施してきたが、このたび、さらなる腰痛予防のために「マッスルスーツ」を導入する。

企業理念の実現を
同社の企業理念は、『私たちは、全従業員とその家族の幸せを追求します』だ。マッスルスーツの導入は、スタッフの健康な身体を維持し、幸せを実現する前提を確立していくと考えている。

導入予定日時は2017年3月21日。導入予定事業所は、訪問入浴千束・訪問入浴幸町・訪問入浴豊島など。

(画像は株式会社ケアサービスHPより)


▼外部リンク

介護のケアサービス、訪問入浴でウェアラブルロボット「マッスルスーツ」を導入スタッフの腰痛予防に利用し、離職を防止
https://www.value-press.com

キーワード: 介護事業者

関連ニュース

もっと魅力のある施設に「浜名湖エデンの園」の建て替え工事がスタート

新たに魅力ある施設に聖隷福祉事業団は、3月22日、介護付き有料老人ホーム浜名湖エデンの園1・2号館の建て替え工事を、2018年10月よりスタートすることを明らかにした。 同法人では、1973年に1号館を、1976年に2号館をそれぞれ開設し…

続きを見る

介護報酬の不正請求と虚偽の報告で指定停止などの処分 島根県

松江テクノサービスの「出雲すずかけの樹」に処分島根県は3月17日、訪問介護事業所の指定取消しと、居宅介護支援事業所の指定の一部効力の停止処分を行ったと発表した。 指定処分となった事業者は、松江市の株式会社松江テクノサービスで、訪問介護事業…

続きを見る

ソフィアメディが27か所目の「訪問看護ステーション」をスタート 港…

27か所目は港区内にソフィアメディは、3月17日、27か所目となる訪問看護ステーション「ステーション白金高輪」を、白金高輪にてスタートすることを発表した。 新施設の概要今回開設する「ステーション白金高輪」の訪問エリアは、顧客ニーズが旺盛な…

続きを見る

腰痛に効果的な対処法とは何か アンケート調査の結果を発表

腰の痛みの対処法は健生は、3月17日、「半年間、腰痛対策として通うなら何を選ぶか」というアンケート調査の結果を発表した。 なお、この調査対象は、20代~50代の契約派遣社員、会社員、会社役員、公務員、医師、士業(弁護士・会計士など)、その…

続きを見る

インターン受け入れで「介護事業」の海外展開を促進 さくらコミュニテ…

介護から「KAIGO」へさくらコミュニティサービスは、3月13日、経済産業省国際化推進インターンシップ事業にて、同社の取り組みが紹介されたことを明らかにした。 同社は昨年10月から12月の3カ月間にわたり、インドネシア大学生のモハメド ハ…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る