介護・福祉の最新ニュース

インターン受け入れで「介護事業」の海外展開を促進 さくらコミュニティサービス

2017-03-18 17:00

介護から「KAIGO」へ
さくらコミュニティサービスは、3月13日、経済産業省国際化推進インターンシップ事業にて、同社の取り組みが紹介されたことを明らかにした。

同社は昨年10月から12月の3カ月間にわたり、インドネシア大学生のモハメド ハルティアンさんと、ホーチミン大学生のヂェン ティー、ゴック リンさんの2名をインターンとして受け入れており、その取り組みが同省に高く評価されたものとしている。

2名の主な担当業務とは
インターンの2名は海外市場調査を担当。出身国であるインドネシアやベトナムにて、同社が介護事業を展開できるか等の判断材料とするべく、マクロ環境調査からローカル情報、シンガポールの市場調査に至るまで、幅広い業務をこなした。

一方、同社の日本人社員にとっては、インターンを受け入れたことが職場の刺激に。日本人社員の海外に対する心理的距離感も取り払われたという。

介護事業を海外でも展開
同社は、国内にて地域密着型の介護事業を展開してきた。しかし、海外でも介護ビジネスを拡大展開したいと考え、昨年ミャンマーに合弁会社を設立した。

今回同社は、インターンの2名が多くの重要な調査結果をもたらしたことで、予定より早く、海外進出の判断ができるようになったと期待を寄せる。今後も彼らとのつながりを大切にしていく考えだ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

さくらコミュニティサービス プレスリリース
http://sakura-cs.com/newsrelease/topics.cgi

キーワード: 介護事業者

関連ニュース

第一興商 大好評の「健康倶楽部まるごとトレーニング教室」を無料開催…

宇治市からの受託事業第一興商は、7月11日、グループ会社である京都第一興商が、宇治市が指定する施設12会場にて、「健康倶楽部まるごとトレーニング教室」を実施することを発表した。 大好評のプログラム「健康倶楽部まるごとトレーニング教室」は、…

続きを見る

調布駅近に有料老人ホームが誕生

利便性の高い商業地に立地する有料老人ホームヒューリックは7月10日、東京都調布市小島町1-14-3に有料老人ホーム「ヒューリック調布」が、今年3月に完成したと発表した。 都心へのアクセスが良好な京王線「調布」駅から徒歩約5分の商業地に立地…

続きを見る

アンガーマネジメントで高齢者虐待を防止

高齢者虐待防止研修会2017年8月8日(火)、都城市は、高齢者虐待防止研修会を開催する(13:30開始、15:30終了)。 今回の高齢者虐待防止研修会のテーマは、「高齢者虐待防止とアンガーマネジメント~自分のアンガータイプを知ろう~」。江…

続きを見る

さわやか倶楽部 被災高齢者をグループ施設へ無償受け入れ

豪雨被災者を施設に受け入れウチヤマホールディングスは、7月6日、主要連結子会社である「さわやか倶楽部」が、九州北部地域の記録的豪雨で被災した、高齢者の人々を、同社の介護施設にて無償で受け入れることを発表した。 主な受け入れ条件「さわやか倶…

続きを見る

ケアパートナーなど「折り紙活用とQOL向上に関する実証研究」をスタ…

折り紙の効果を検証大東建託は、7月6日、子会社であるケアパートナーが、折り紙業界の草分け的存在である「トーヨー」ならびに「静岡県立大学短期大学部社会福祉学科」と連携し、「高齢者施設における折り紙活用とQOL向上に関する実証研究」を、6月より…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る