介護・福祉の最新ニュース

インターン受け入れで「介護事業」の海外展開を促進 さくらコミュニティサービス

2017-03-18 17:00

介護から「KAIGO」へ
さくらコミュニティサービスは、3月13日、経済産業省国際化推進インターンシップ事業にて、同社の取り組みが紹介されたことを明らかにした。

同社は昨年10月から12月の3カ月間にわたり、インドネシア大学生のモハメド ハルティアンさんと、ホーチミン大学生のヂェン ティー、ゴック リンさんの2名をインターンとして受け入れており、その取り組みが同省に高く評価されたものとしている。

2名の主な担当業務とは
インターンの2名は海外市場調査を担当。出身国であるインドネシアやベトナムにて、同社が介護事業を展開できるか等の判断材料とするべく、マクロ環境調査からローカル情報、シンガポールの市場調査に至るまで、幅広い業務をこなした。

一方、同社の日本人社員にとっては、インターンを受け入れたことが職場の刺激に。日本人社員の海外に対する心理的距離感も取り払われたという。

介護事業を海外でも展開
同社は、国内にて地域密着型の介護事業を展開してきた。しかし、海外でも介護ビジネスを拡大展開したいと考え、昨年ミャンマーに合弁会社を設立した。

今回同社は、インターンの2名が多くの重要な調査結果をもたらしたことで、予定より早く、海外進出の判断ができるようになったと期待を寄せる。今後も彼らとのつながりを大切にしていく考えだ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

さくらコミュニティサービス プレスリリース
http://sakura-cs.com/newsrelease/topics.cgi

キーワード: 介護事業者

関連ニュース

もっと魅力のある施設に「浜名湖エデンの園」の建て替え工事がスタート

新たに魅力ある施設に聖隷福祉事業団は、3月22日、介護付き有料老人ホーム浜名湖エデンの園1・2号館の建て替え工事を、2018年10月よりスタートすることを明らかにした。 同法人では、1973年に1号館を、1976年に2号館をそれぞれ開設し…

続きを見る

介護報酬の不正請求と虚偽の報告で指定停止などの処分 島根県

松江テクノサービスの「出雲すずかけの樹」に処分島根県は3月17日、訪問介護事業所の指定取消しと、居宅介護支援事業所の指定の一部効力の停止処分を行ったと発表した。 指定処分となった事業者は、松江市の株式会社松江テクノサービスで、訪問介護事業…

続きを見る

ソフィアメディが27か所目の「訪問看護ステーション」をスタート 港…

27か所目は港区内にソフィアメディは、3月17日、27か所目となる訪問看護ステーション「ステーション白金高輪」を、白金高輪にてスタートすることを発表した。 新施設の概要今回開設する「ステーション白金高輪」の訪問エリアは、顧客ニーズが旺盛な…

続きを見る

腰痛に効果的な対処法とは何か アンケート調査の結果を発表

腰の痛みの対処法は健生は、3月17日、「半年間、腰痛対策として通うなら何を選ぶか」というアンケート調査の結果を発表した。 なお、この調査対象は、20代~50代の契約派遣社員、会社員、会社役員、公務員、医師、士業(弁護士・会計士など)、その…

続きを見る

医療と介護の複合施設4月1日開設 東京都練馬区

回復期リハビリテーション病院と介護老人保健施設4月1日に医療法人社団健育会が、回復期リハビリテーション病院「ねりま健育会病院」と介護老人保健施設「ライフサポートねりま」を組み合わせた複合施設を東京都練馬区大泉学園町に開設する。 ねりま健育…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る