介護・福祉の最新ニュース

インターン受け入れで「介護事業」の海外展開を促進 さくらコミュニティサービス

2017-03-18 17:00

介護から「KAIGO」へ
さくらコミュニティサービスは、3月13日、経済産業省国際化推進インターンシップ事業にて、同社の取り組みが紹介されたことを明らかにした。

同社は昨年10月から12月の3カ月間にわたり、インドネシア大学生のモハメド ハルティアンさんと、ホーチミン大学生のヂェン ティー、ゴック リンさんの2名をインターンとして受け入れており、その取り組みが同省に高く評価されたものとしている。

2名の主な担当業務とは
インターンの2名は海外市場調査を担当。出身国であるインドネシアやベトナムにて、同社が介護事業を展開できるか等の判断材料とするべく、マクロ環境調査からローカル情報、シンガポールの市場調査に至るまで、幅広い業務をこなした。

一方、同社の日本人社員にとっては、インターンを受け入れたことが職場の刺激に。日本人社員の海外に対する心理的距離感も取り払われたという。

介護事業を海外でも展開
同社は、国内にて地域密着型の介護事業を展開してきた。しかし、海外でも介護ビジネスを拡大展開したいと考え、昨年ミャンマーに合弁会社を設立した。

今回同社は、インターンの2名が多くの重要な調査結果をもたらしたことで、予定より早く、海外進出の判断ができるようになったと期待を寄せる。今後も彼らとのつながりを大切にしていく考えだ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

さくらコミュニティサービス プレスリリース
http://sakura-cs.com/newsrelease/topics.cgi

キーワード: 介護事業者

関連ニュース

エルケアのデイサービス クレモナハープの演奏イベントを実施 高槻…

音楽イベントを企画ロングライフホールディングは、12月11日、同社の連結子会社である「エルケア」が、クレモナハープの演奏グループ 「風の詩」 によるコンサートイベントを、12月7日、高槻市内のデイサービスにて実施したことを発表した。 日々…

続きを見る

介護保険の不正請求で居宅介護支援事業所の指定取り消し 岡山県

渋藤医院居宅介護支援事業所に指定取り消し処分岡山県は12月6日、渋藤医院が開設する介護保険事業所の指定を、介護保険法に基づいて取り消すと発表した。指定取り消し日は12月31日。 取り消し処分を受けるのは、和気郡和気町の渋藤医院居宅介護支援…

続きを見る

障がい者の人の就労継続支援事業所を支援する「カフェ」が登場 足立区

直面する問題の解決に貢献ひいらぎは、12月8日、障がい者の人の就労継続支援事業所を支援するカフェ「cafe roi mimi(カフェ ロワミミ)」を、東京都足立区花畑にオープンすることを発表した。 同社は、足立区内および埼玉・草加市内で放…

続きを見る

つながりを大切に ソフィアメディが「いちごの会」を開催

喜び感じるひとときを演出ソフィアメディは、11月24日、訪問看護で在宅療養を支援する「ソフィア総合ナースステーション城南」が、第2回「いちごの会」を、11月18日に開催したことを発表した。 総勢70名以上が参加「いちごの会」は、現場スタッ…

続きを見る

東京建物グループ初!都心に「グレイプスウィズ四谷」を開業

グループ初の取り組み東京建物は、11月21日、子会社である誠愛苑が、都心部においてグループ初となる介護付き有料老人ホーム「グレイプスウィズ四谷」を開業することを発表した。 新施設の概要「グレイプスウィズ四谷」は、都心部立地の交通利便性と生…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る