介護・福祉の最新ニュース

エーザイと認知症に関する連携活動を開始 三重県

2017-03-19 06:00

三重県とエーザイが認知症に関する連携活動
三重県は3月17日、エーザイ株式会社と「認知症とともに生きる地域づくりの実現に関する連携協定」を締結すると発表した。

三重県とエーザイが連携して、認知症についての正しい理解を普及させるための活動を行うための取り組みで、締結内容は次の3つ。

第1は、認知症を正しく理解するための普及啓発。第2は、認知症サポーターの活躍の場づくり。第3は、認知症の人や家族を支える製品・サービスの利用促進。

認知症治療薬の開発だけでなく、情報発信にも積極的なエーザイ
エーザイは世界に先駆けて認知症治療薬の開発・販売を行っており、認知症の診断や治療、ケアの質向上に貢献している。

ウェブサイトで「認知症と生きること」をテーマにした情報を発信するなど、認知症に関する正しい知識を普及させることや、病院への受診のきっかけづくりにも力を入れている。

さらにエーザイは「認知症とともに生きる地域をつくる」をスローガンに掲げ、平成25年から全国の自治体や関係団体と積極的に連携協定を締結している。

(画像は、三重県のホームページより)


▼外部リンク

高齢者福祉・介護保険 - 三重県
http://www.pref.mie.lg.jp/TOPICS/m0015900015.htm

キーワード: 地域

関連ニュース

高齢者虐待の状況を発表 千葉県

家庭での虐待は1,309件厚生労働省が3月21日、平成27年度の高齢者虐待に対する対応状況についての調査結果を発表したのに合わせ、千葉県も同日、県内の調査結果を発表した。 これによると千葉県内で「家庭での高齢者虐待」に関する相談や通報があ…

続きを見る

認知症介護指導者養成研修の受講者を募集 熊本県

認知症介護の指導者を目指す人、募集中熊本県は3月17日、「平成29年度認知症介護指導者養成研修」の受講者の募集を開始した。 この研修は認知症介護の指導者を要請するもので、認知症の専門知識や介護技術を修得するための研修を4週間にわたって実施…

続きを見る

自助具「椀スタンド」を作る体験講座 奈良県

日常生活が楽になる自助具を自作する講座奈良県は4月15日、「自助具製作体験講座」を開催する。自助具とは日常生活で、困難な動作を手助けする補助具。さまざまな自助具が販売されているが、簡単なものは自分で作ることも可能だ。 「自助具製作体験講座…

続きを見る

「自転車の安全で適正な利用促進に関する協定」を締結 岐阜県羽島市

高齢者・若年者への自転車交通安全対策岐阜県羽島市がau損害保険株式会社と「自転車の交通安全対策推進のための連携・協力に関する協定」を3月6日に締結した。羽島市の自転車交通安全対策に関する協定は初めて。au損保では大阪府、東京都、埼玉県、新潟…

続きを見る

高齢者虐待の通報・相談窓口を告知 高知県

高齢者虐待に悩んだら、相談を高知県は3月8日、高齢者虐待に関する相談・届出・通報窓口についての告知を行った。 「高齢者虐待」とは高齢者が他の人から不適切に扱われ、人権侵害、生命や健康などが損なわれる状態に置かれることをいう。 暴力や身体…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る