介護・福祉の最新ニュース

エーザイと認知症に関する連携活動を開始 三重県

2017-03-19 06:00

三重県とエーザイが認知症に関する連携活動
三重県は3月17日、エーザイ株式会社と「認知症とともに生きる地域づくりの実現に関する連携協定」を締結すると発表した。

三重県とエーザイが連携して、認知症についての正しい理解を普及させるための活動を行うための取り組みで、締結内容は次の3つ。

第1は、認知症を正しく理解するための普及啓発。第2は、認知症サポーターの活躍の場づくり。第3は、認知症の人や家族を支える製品・サービスの利用促進。

認知症治療薬の開発だけでなく、情報発信にも積極的なエーザイ
エーザイは世界に先駆けて認知症治療薬の開発・販売を行っており、認知症の診断や治療、ケアの質向上に貢献している。

ウェブサイトで「認知症と生きること」をテーマにした情報を発信するなど、認知症に関する正しい知識を普及させることや、病院への受診のきっかけづくりにも力を入れている。

さらにエーザイは「認知症とともに生きる地域をつくる」をスローガンに掲げ、平成25年から全国の自治体や関係団体と積極的に連携協定を締結している。

(画像は、三重県のホームページより)


▼外部リンク

高齢者福祉・介護保険 - 三重県
http://www.pref.mie.lg.jp/TOPICS/m0015900015.htm

キーワード: 地域

関連ニュース

テレビ電話を活用したきめ細かな見守りサービス

見守りサービスをスタート2018年1月15日、株式会社iSEEDと株式会社i-Mage.は、静岡県西部地区において、見守りサービスを開始することを発表した。 この見守りサービスでは、株式会社iSEEDのIoT見守り機器である、パルモシリー…

続きを見る

フリフリグッパー体操など「物忘れ予防講座」開催 茨城県利根町

認知症と健康寿命を延ばす栄養について学ぶ講座茨城県利根町は2月9日、「第57回もの忘れ予防講座」を開催する。 利根町では認知症に関するもの忘れ予防講座を年3回開催している。第57回となる今回は「認知症」と、「健康寿命を延ばす栄養」について…

続きを見る

地域と行政が協力して見守るネットワーク

地域における要援護者の見守りネットワーク事業2018年1月9日、大阪市はホームページで、「地域における要援護者の見守りネットワーク事業」を紹介した。 「地域における要援護者の見守りネットワーク事業」では、城東区社会福祉協議会に「見守り相談…

続きを見る

医療・介護スタッフ向け「福岡市認知症疾患医療センター研修会」開催 …

医療・介護施設の取り組み報告やディスカッション福岡市城南区の福岡大学病院は2月8日、医療関係者向けの「第16回福岡市認知症疾患医療センター研修会」を開催する。 研修会では、たろうクリニック院長の内田直樹氏、いきいきセンターふくおかで社会福…

続きを見る

済生会横浜市東部病院が「認知症」市民講座を開催 横浜市

認知症ついて正しく理解しよう横浜市鶴見区の済生会横浜市東部病院は2月4日、「認知症」をテーマにした市民講座を開催する。 超高齢社会となった日本では、65歳以上の高齢者の7人に1人が認知症を発症している。今後も認知症患者は増え続けるとされて…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る