介護・福祉の最新ニュース

エーザイと認知症に関する連携活動を開始 三重県

2017-03-19 06:00

三重県とエーザイが認知症に関する連携活動
三重県は3月17日、エーザイ株式会社と「認知症とともに生きる地域づくりの実現に関する連携協定」を締結すると発表した。

三重県とエーザイが連携して、認知症についての正しい理解を普及させるための活動を行うための取り組みで、締結内容は次の3つ。

第1は、認知症を正しく理解するための普及啓発。第2は、認知症サポーターの活躍の場づくり。第3は、認知症の人や家族を支える製品・サービスの利用促進。

認知症治療薬の開発だけでなく、情報発信にも積極的なエーザイ
エーザイは世界に先駆けて認知症治療薬の開発・販売を行っており、認知症の診断や治療、ケアの質向上に貢献している。

ウェブサイトで「認知症と生きること」をテーマにした情報を発信するなど、認知症に関する正しい知識を普及させることや、病院への受診のきっかけづくりにも力を入れている。

さらにエーザイは「認知症とともに生きる地域をつくる」をスローガンに掲げ、平成25年から全国の自治体や関係団体と積極的に連携協定を締結している。

(画像は、三重県のホームページより)


▼外部リンク

高齢者福祉・介護保険 - 三重県
http://www.pref.mie.lg.jp/TOPICS/m0015900015.htm

キーワード: 地域

関連ニュース

「ケアマネマイスター広島」の認定者を決定 広島県

最も優れたケアマネを認定広島県は、12月12日、平成29年度「ケアマネマイスター広島」の認定者を決定し、11月12日、「介護の日フェスタin広島」のメイン行事のひとつとして、広島県庁正面第一駐車場にて認定式を行ったことを発表した。 認定者…

続きを見る

認知症ケアパスできました 門真市

認知症をわかりやすく解説大阪府門真市は、12月8日、「認知症ケアパス(ガイドブック)」が完成したことを発表した。 高齢者の増加を背景に、認知症となる高齢者も増加することが見込まれる。このような状況下、くすのき広域連合門真支所(門真市高齢福…

続きを見る

「高齢者 消費生活110番」でトラブルの相談を受け付け 滋賀県

消費者トラブルの相談近年、高齢者を狙った悪質な業社が増えており、勧誘電話や訪問販売などによる消費者被害が続出している。 滋賀県では高齢者からの相談件数が全体の3割を占めているため、滋賀県消費生活センターが「高齢者 消費生活110番」を設置…

続きを見る

高齢者福祉施設に「足柄茶」400キログラムを寄贈 神奈川県

感謝の気持ちを込めて神奈川県は、12月1日、神奈川県農協茶業センターが、神奈川県高齢者福祉施設協議会の協力を得て、今年も高齢者福祉施設に「足柄茶」を寄贈することを発表した。 この取り組みは、今年で55回目。日頃からお茶を愛飲している人への…

続きを見る

訪問看護師や訪問介護員向け「暴力等お困り相談ひょうご」を設置 兵庫…

離職防止と安全を確保兵庫県は11月28日、「訪問看護師、訪問介護員への暴力等お困り相談ひょうご」を、12月1日より、兵庫県看護協会内に設置することを発表した。 この取り組みは、県が実施する訪問看護師・訪問介護員離職防止や安全確保対策事業の…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る