介護・福祉の最新ニュース

安全な食事を提供しよう!嚥下や摂食に関する基礎研修

2017-03-21 00:00

介護従事者向け研修
日本健康医学会賛助会員 お茶の水ケアサービス学園では、嚥下に関する講習会を開催する。
「摂食及び嚥下に関する基礎研修~楽しく(美味しく)安全な食事の提供に向けて~」
日時:平成29年4月17日(月)10:30~17:00
場所:兵庫県中央労働センター
定員:60名(先着順)
参加料金:10,300円
(プレスリリースより抜粋)

対象は介護従事者。申し込みはFAXまたは電話にておこなう。講師は、作業療法士で目白大学専任講師の佐藤 彰紘氏だ。

命にかかわる嚥下
介護高齢者にとって、食事は大きな楽しみのひとつだ。美味しく・楽しく食事をするために、嚥下が正しくおこなえることは必要不可欠。嚥下がうまくいかず、誤嚥をおこすと命にかかわることもある。

介護者にとって、食事の介護や、摂食や嚥下に関する正しい知識や技術を習得することは、きわめて重要だといえるだろう。

講座内容
講座では「食事の意義」「摂食嚥下の基本事項」「主な誤嚥のリスク要因とその対象方法」「嚥下障がいのスクリーニング検査」「口腔機能向上のためのトレーニング」「口腔ケアの重要性と方法」など。

脳卒中や認知症など疾患別の事例紹介もおこなわれる予定だ。

(画像はホームページより)


▼外部リンク

摂食及び嚥下に関する基礎研修~楽しく(美味しく)安全な食事の提供に向けて~
http://www.o-careservice.com/f-up/003/

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

東北大学病がアルツハイマー型認知症の治療法確立のため治験を実施

マウス実験で効果を確認東北大学病院は6月19日、世界初となるアルツハイマー型認知症に対する「超音波治療」の医師主導治験を行うと発表した。東北大学大学院 医学系研究科 循環器内科学分野の下川宏明教授らの研究グループが行うもの。 研究グループ…

続きを見る

無料の介護情報誌「あいらいふ 2018年7月号」発刊

テーマは老人ホームの探し方ザップは、無料の介護情報誌「あいらいふ 2018年7月号」を、6月28日(木)に発刊する。 今回も充実した内容を掲載「あいらいふ 2018年7月号」では、あなたにふさわしい「老人ホームの探し方」(前編)を特集する…

続きを見る

認知症に関する基礎知識の理解が進む 全日本民医連「認知症実践ハンド…

全国で展開されている取り組みも紹介全日本民主医療機関連合会(以下「全日本民医連」)は、2018年6月19日、『認知症実践ハンドブック』についてのプレスリリースを発表した。 このハンドブックは、今年3月、保健医療研究所より発行されたもの。認…

続きを見る

プロトラブズの射出成形 介護・医療向け遠隔操作ロボット「OriHi…

「その人がそこにいるような感覚」を伝えるプロトラブズ合同会社は、2018年6月19日、介護・医療向け遠隔操作ロボット『OriHime』の最終製品パーツの製造において、同社の射出成形サービスが採用されたと発表した。 『OriHime』は、株…

続きを見る

障がい者のスポーツ体験 大阪市

障がい者スポーツ体験兵庫県を中心に運営する株式会社ITCのITCテニススクールは、2018年6月23日(土)に大阪市にあるITC靭(うつぼ)テニスセンターにて、「ITCパラスポーツフェスタ」を開催することを決定した。 全員が一緒に楽しめる…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る