介護・福祉の最新ニュース

「医療と介護の連携に関する意見交換会」開催 厚労省

2017-03-26 16:00

同時改定に向け、医療・介護の各審議会が意見を交わす
厚生労働省は3月22日に「医療と介護の連携に関する意見交換会(第1回)」を開催した。中央社会保険医療協議会総会と社会保障審議会介護給付費分科会が、診療報酬と介護報酬との連携・調整を深め、現状や課題を明確化するための意見交換会である。

6年に一度の診療報酬と介護報酬の同時改定となる平成30年度は、医療と介護に関わる関連制度の一体改革の大きな節目となる。将来、少子高齢化により医療・介護のニーズが増大する一方、その支え手は減少の見込み。医療・介護の需要増大に対応するためにも、平成30年度の同時改定は最後の機会であり、重要な分かれ目と言われている。

議題 看取りについて、訪問看護について
医療と介護の連携において、退院支援、日常療養支援、急変事の対応、看取りの4つの局面が重要であると考え、“看取り”“訪問介護”“リハビリテーション”“関係者・関係機関の調整・連携”のテーマを取り上げている。

平成20年の「終末期医療に関する調査」では最後まで自宅で療養したい人が約1割、自宅で療養し必要になれば医療機関を利用したい人と合わせると、約6割が自宅で療養したいと答えている。同意見会では“看取り”に関して、医療機関・介護施設・居宅等での看取りと医療・介護サービス提供、要介護被保険者等の状態やニーズに応じた医療・介護サービスの供給範囲についての現状と課題を述べた。

“訪問看護”に関しては、医療機関から在宅への移行支援に係る訪問看護の提供体制、在宅での訪問看護の24時間対応や急変時対応、医療食と介護職との連携についての意見交換が行われた。

次回の第2回の意見交換会は4月19日に行われる予定。

(画像は厚生労働省HPより)


▼外部リンク

厚生労働省 医療と介護の連携に関する意見交換会(第1回)議事次第
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000155666.html

キーワード: 介護保険制度・政府

関連ニュース

3月審査分「介護給付費等実態調査月報」を発表 厚労省

受給者総数は約21万人減少厚生労働省は、5月30日、介護給付費等実態調査月報(平成30年3月審査分)を発表した。 全国の受給者総数は、介護予防サービスでは、71万1,400人、介護サービスでは421万2,900人となり、総計で492万4,…

続きを見る

2020年度末までに必要な介護人材216万人-厚生労働省

2025年度末には約245万人が必要厚生労働省は5月21日、第7期介護保険事業計画において、介護人材の必要数などの試算した結果を公表した。 厚生労働省では介護サービス計画として、2018年から2020年までは第7期、2021年から2023…

続きを見る

介護保険事業状況報告の概要(平成30年2月暫定版)を発表 厚労省

高齢者は49万人増厚生労働省は、5月11日、介護保険事業状況報告の概要(平成30年2月暫定版)を発表した。 2月末現在、第1号被保険者数は、3,484万人。昨年同時期が3,435万人であったため、年間49万人増加した結果となった。 結果…

続きを見る

日本の介護食品「スマイルケア食」を海外へ 農水省

会議は非公開にて実施農林水産省は、5月9日、同省第3特別会議室において、「スマイルケア食海外展開プロジェクト 第1回会合」を開催した。 これに先立ち同省は、「スマイルケア食」をはじめとする介護食品の輸出促進に向け、現地ニーズの把握、現地関…

続きを見る

最新版「介護給付費等実態調査月報」を発表 厚労省

受給者総数は約20万人減少厚生労働省は、4月27日、介護給付費等実態調査月報(平成30年2月審査分)を発表した。 全国の受給者総数は、介護予防サービスでは、73万5,000人、介護サービスでは423万3,700人となり、総計で496万8,…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る