介護・福祉の最新ニュース

高齢者の万引きが増えている現状を報告 東京都

2017-03-27 00:00

高齢者の万引きについての研究結果を公表
東京都は3月23日、「高齢者による万引きに関する報告書」を公表した。

高齢者の万引きの増加が近年問題となっているため、東京都では2016年6月に「万引きに関する有識者研究会」を設置。さまざまな観点から高齢者の万引きに関する本格的な研究を行い、今回それら結果をまとめた報告書が完成した。

少年の被疑者が減少し、高齢者の被疑者が増加
報告書によると、近年の万引きの特徴として少年の割合が減少する一方で、高齢者の割合が増加していると指摘されている。

2010年時点で少年の割合は約30%、高齢者は約21%だった。しかし2016年は少年の割合が約18%、高齢者の割合が約29%となる逆転現象が起きている。

また万引きは再犯者率が高い犯罪で、特に高齢者の被疑者のうち、58.7%が過去に万引きを含む犯歴あると報告されている。

高齢者の万引きには、さまざまな要因が
では、高齢者の万引きが増えている要因は何なのだろうか。高齢者の万引き被疑者は、一般の高齢者と比べて世帯収入はやや低い傾向にあるものの、客観的にみると生活が困窮するほど低収入の人は少ない。

しかし被疑者の主観では、自分の生活レベルは他の人よりも低いと強く感じていることが明らかになった。

また、同年代の高齢者と比べて体力の衰えを実感している人や、認知機能が低下していると疑われる割合が多いのも特徴だ。

万引きと認知機能低下の共通の危険因子として、低学歴、収入の低さ、ソーシャルサポートの不足があると報告されているが、両者に関して統計的に有意となる関係は見いだされなかったという。

この他にも ストレスに対する耐性の弱さや万引きで捕まることに対するリスクの認識不足、社会関係の希薄性、高齢者の万引き防止に向けた支援が不十分であることなどが要因として挙げられている。

東京都では今後、報告書の内容を踏まえて高齢者の万引きに関する情報の普及や啓発の促進、万引きさせない店づくりの推進に加え、再犯防止に向けた取組を検討していく方針だ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

東京都のプレスリリース
http://www.metro.tokyo.jp/

キーワード: 事件・事故

関連ニュース

不正請求額は約1,950万円 指定取り消し処分に 埼玉県

対象事業所は2カ所埼玉県は、2月14日、介護保険法及び生活保護法の規定に基づき、介護保険サービス事業者である「めいとケア」及び指定介護機関が運営する事業所「めいと松原団地訪問介護事業所」「北野訪問介護支援センター」の指定取り消し処分を行った…

続きを見る

豊田市の介護事業所などを不正受給で行政処分

2訪問介護事業所指定取り消し処分豊田市は6日、訪問介護の事業所などが介護報酬を不正に受給したなどとして、「訪問介護事業所心実」、「訪問介護事業所ゆうか」の2つの訪問介護事務所に対し、介護保険事業所を2月23日付で指定取り消し処分を行うと発表…

続きを見る

「リハビリデイサービスなでしこ」指定取り消し処分に 柏原市

法第77条や第115条に抵触大阪府柏原市は、2月7日、介護保険法の規定に基づいて、指定居宅サービス事業者等の指定を取り消す行政処分を下したことを発表した。 対象事業所は、タカノが運営する「リハビリデイサービスなでしこ」。通所介護、介護予防…

続きを見る

「ニチイケアセンター袋井」にて「インフルエンザ感染症」が発生

介護事業所にて集団発生ニチイ学館は、1月16日、同社が運営する「ニチイケアセンター袋井」において、インフルエンザ感染症の集団発生が起きたことを発表した。 同施設は、静岡県袋井市に位置する通所介護事業所。施設定員は27名、職員数は31名にの…

続きを見る

虚偽記録提出で神戸市の介護事業所が指定取り消し

ヘルパー事業所の指定取消し処分訪問介護事業所「介護サービス ベスト倶楽部」は、虚偽の記録を提出し、介護報酬を不正に受け取っていたとして、神戸市は12月18日付で指定取り消し処分としたと発表した。 同市に不正に請求し、受領した額は約370万…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る