介護・福祉の最新ニュース

日本初!認知症にやさしいデザインのケアレジデンスが登場

2017-04-12 18:00

新たな取り組みを実現
東急不動産は、4月11日、シニア住宅「グランクレール世田谷中町」内に「認知症にやさしいデザイン」のケアレジデンスを完成したことを発表した。

これに先駆け、同社は、認知症の「予防」という観点から、順天堂大学と包括的連携を、また、認知症の「ケア」という観点で、英国スターリング大学認知症サービス開発センター(Dementia Services Development Centre以下、DSDC)と日本初となる業務提携を行った。

認知症にやさしいデザインとは
DSDCの提唱する「認知症にやさしいデザイン」とは、居住者をより満足・自立させるもので、具体的には、転倒の危険性や、ストレス、興奮、混乱、不穏等、本人が不安や混乱する状態を減らすものをいう。

同社は、このコンセプトに沿った内装デザイン、家具の検討をスタート。

開業後は、運用面においてもこのデザインの考え方を取り入れ、入居者の人々が安全かつ、その人らしく生活していけるよう、継続的な検証と改善を進める予定で、最終的には、廊下での転倒・暴力行為の減少や、自立、積極性等、認知症の人に良い影響をもたらすことを目指す考えである。

超高齢社会の課題を解決
同社は、また、順天堂大学の協力のもと、シニア住宅「グランクレール」において、「ロコモティブシンドローム」(運動器症候群)の予防に向けた「ロコモ予防プログラム」や、健康寿命延伸のための「認知症予防プログラム」を導入。

今後も同社は、超高齢社会の課題である「認知症」への取り組みを強化し、将来の介護にも安心できる住まいづくりの実現を推進する方針である。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

東急不動産 プレスリリース
http://www.tokyu-land.co.jp/

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

認知症チェックキット「はからめ」 帰省シーズンに向け特価キャンペー…

8月末まで数量限定での提供株式会社グローバルエンジニアリングは、7月18日、認知症チェックキット『もの忘れアルかなチェック はからめ』の特価販売キャンペーンを開始したと発表した。 『はからめ』は、認知症と嗅覚の関係性に着目した簡易チェック…

続きを見る

介護保険既定の単位数を超える人未認定の人でも利用できる『わっかサロ…

未認定の人でも利用できる高齢者サロン「特定非営利活動法人わっか」は、介護保険既定の単位数を超える人、未認定の人でも利用できる『わっかサロン』を千葉県八千代市にオープンさせた。 同サロンは「わっかのいえ」の1階にできた高齢者サロンとなる。 …

続きを見る

日本セラピューティック・ケア協会17年の歩みをふりかえる「活動紹介…

パネル展を初めて開催認定NPO法人日本セラピューティック・ケア協会は、7月23日(日)~31日(月)、福岡県太宰府市で17年の歩みをふりかえる「活動紹介写真パネル展」を開催する。会場は、いきいき情報センター市民ギャラリー、入場料は無料だ。 …

続きを見る

リハビリ専門職向け実践BOOK「季刊誌リハージュ」創刊

リハビリを中心に紹介株式会社QOLサービスは、リハビリ専門職向け「季刊誌リハージュ」を創刊した。同書籍は、疾患に応じたトレーニング、シーティングの実践方法、意欲低下されている人とのコミュニケーションの取り方など職場ですぐに実践できる内容を紹…

続きを見る

どんな環境でも活用できる介護技術研修 東京都

移乗・応用編お茶の水ケアサービス学院では、「移乗」に関する介護フォローアップ研修を開催している。 「どんな環境でも活用できる介護技術研修(移乗・応用編)」 日時:平成29年8月2日 9:30~16:30 場所:お茶の水ケアサービス学院(東京…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る