介護・福祉の最新ニュース

自動排せつ支援ロボット「ドリーマー」 無料お試し利用付き新提携モデルを発表

2017-04-13 10:00

無料お試しを文字通り実現
株式会社えがおは、4月11日、同社が日本総販売代理店を務める自動排せつ支援ロボット「ドリーマー」について、貸与事業所との無料お試し利用付き新提携モデルを発表した。

この新提携モデルは、製品の特性上難しい「ドリーマー」の無料お試しを、文字通り実現したもの。

ケアマネージャーに対して紹介意向調査を実施
「ドリーマー」は、介護用おむつの代わりに装着して使用する、洗浄機能付きトイレ。センサーが排せつ物を感知すると、すぐ吸引・洗浄・乾燥・除湿が全自動で行われるため、おむつより清潔な環境で過ごすことができる。強力な消臭機能も装備されており、においが外部に漏れることもない。使うボタンは2つだけであり、誰もが簡単・安全に使用が可能となっている。

えがおは、「ドリーマー」の新提携モデルを提案するにあたり、125事業所83名のケアマネージャーを対象としたデモンストレーションおよび紹介意向調査を実施。結果、同機を利用・紹介してみたいという意見が約90%にまで達した。この反響を受けて同社は、貸与事業者との新提携モデル開始に至ったという。

新たな提携の形を提案
今回開始された新提携モデルでは、「ドリーマー」を貸与事業所が紹介した場合、利用者の無料お試しにかかる費用はえがおが負担する。また、消毒施設がない貸与事業所の場合、配送費を含む消毒費用もえがおが負担。操作方法がわからない場合も、えがおの従業員が何度でも説明を行うとしている。

同社は今後も、排せつ介護の支援において役立てるよう、新たな提携の形を提案していくという。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

全自動排泄支援ロボット「ドリーマー」 - 株式会社えがお
https://egao-care.jp/

株式会社えがお『自動排せつ支援ロボット:ドリーマー』 貸与事業所との無料お試し利用付き提携モデルを発表 - DreamNews
http://www.dreamnews.jp/press/0000150312/

キーワード: 介護事業者

関連ニュース

第一興商 大好評の「健康倶楽部まるごとトレーニング教室」を無料開催…

宇治市からの受託事業第一興商は、7月11日、グループ会社である京都第一興商が、宇治市が指定する施設12会場にて、「健康倶楽部まるごとトレーニング教室」を実施することを発表した。 大好評のプログラム「健康倶楽部まるごとトレーニング教室」は、…

続きを見る

調布駅近に有料老人ホームが誕生

利便性の高い商業地に立地する有料老人ホームヒューリックは7月10日、東京都調布市小島町1-14-3に有料老人ホーム「ヒューリック調布」が、今年3月に完成したと発表した。 都心へのアクセスが良好な京王線「調布」駅から徒歩約5分の商業地に立地…

続きを見る

アンガーマネジメントで高齢者虐待を防止

高齢者虐待防止研修会2017年8月8日(火)、都城市は、高齢者虐待防止研修会を開催する(13:30開始、15:30終了)。 今回の高齢者虐待防止研修会のテーマは、「高齢者虐待防止とアンガーマネジメント~自分のアンガータイプを知ろう~」。江…

続きを見る

さわやか倶楽部 被災高齢者をグループ施設へ無償受け入れ

豪雨被災者を施設に受け入れウチヤマホールディングスは、7月6日、主要連結子会社である「さわやか倶楽部」が、九州北部地域の記録的豪雨で被災した、高齢者の人々を、同社の介護施設にて無償で受け入れることを発表した。 主な受け入れ条件「さわやか倶…

続きを見る

ケアパートナーなど「折り紙活用とQOL向上に関する実証研究」をスタ…

折り紙の効果を検証大東建託は、7月6日、子会社であるケアパートナーが、折り紙業界の草分け的存在である「トーヨー」ならびに「静岡県立大学短期大学部社会福祉学科」と連携し、「高齢者施設における折り紙活用とQOL向上に関する実証研究」を、6月より…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る