介護・福祉の最新ニュース

介護職向け!病気と薬に関する基礎講座 東京都千代田区

2017-04-14 01:00

お茶の水ケアサービス学院
お茶の水ケアサービス学院では、介護職向けに医学的な基礎知識を習得するための講座を開催する。
「介護職のための病気と薬の基礎講座」
日時:平成29年5月10日 9:30~16:30
場所:お茶の水ケアサービス学院
受講料:10,300円
(プレスリリースより抜粋)

申し込みはFAXまたは、ウェブサイトより。

質の高い介護のために
質の高い介護サービスのためには、基本的な医学知識が必要だ。同講座では、最低限知っておきたい疾病を中心に講義がおこなわれる。

座学の講義以外にも、ディスカッションやケーススタディもおこなわれ、現場で役にたつ知識を学ぶことができる。

講師は、千葉県介護支援専門員協議会理事で看護学修士、保健師など複数の肩書きをもつ後藤 佳苗氏だ。

カリキュラム
具体的なカリキュラムは、「医療外行為の再確認」「医療知識が必要な理由」「バイタルサインの意味を再確認」「高齢者の心身の特徴」「薬の作用と役割」「高齢者に多い疾病と使われることの多い薬」など。

高齢者に多い疾病としてあげられているのは、呼吸器疾患、心疾患、神経内科系の疾患、消化器疾患、糖尿病、骨・関節の疾患、精神疾患だ。

(画像はホームページより)


▼外部リンク

「介護職のための病気と薬の基礎講座」
http://www.o-careservice.com

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

どんな環境でも活用できる介護技術研修 東京都

移乗・応用編お茶の水ケアサービス学院では、「移乗」に関する介護フォローアップ研修を開催している。 「どんな環境でも活用できる介護技術研修(移乗・応用編)」 日時:平成29年8月2日 9:30~16:30 場所:お茶の水ケアサービス学院(東京…

続きを見る

正しい知識で認知症の人や家族を見守る

認知症サポーター養成講座2017年7月26日(水)、岩手県盛岡市は、「認知症サポーター養成講座」を開催する。 「認知症サポーター養成講座」では、キャラバンメイト(地域包括支援センター川久保)が、認知症について、詳しく解説する。 認知症の…

続きを見る

待望の展示会!「第1回 地域包括ケアEXPO」を開催

地域包括ケアシステムに特化したイベントリード エグジビション ジャパンは、7月18日、「第1回 地域包括ケアEXPO」を新規開催することを発表した。 急速な高齢化に伴い、厚生労働省では、2025年を目途に、地域包括ケアシステムの構築を推進…

続きを見る

これで安心!軽失禁パンツ「吸収快男子(R)」をリニューアル販売中

顧客の声を反映して改良介護用品メーカーのフットマークは、7月13日、軽失禁パンツ「吸収快男子(R)」をリニューアル販売中であることを発表した。 新商品のメリット新商品は、失禁パンツの使用を他人に知られてしまう不安がある、失禁後の臭いが気に…

続きを見る

自分でできる排泄トラブル予防・対処方法のセミナーを開催

ユニ・チャーム主催ユニ・チャーム株式会社は、2017年6月23日(金)に横浜市泉区市民250人を対象に「自分でできる排泄のトラブルの予防と対処」のセミナーを開催。7月13日にアンケート結果の一部を発表した。 セミナーでは、軽い失禁“尿もれ・…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る