介護・福祉の最新ニュース

震災時の避難に役立つ要介護高齢者向けの救急キットが登場

2017-04-15 19:15

「あれば良かった」アイテムをそろえた救急キット
ALSOK(綜合警備保障)は4月14日、災害時の要介護高齢者などの避難に役立つ「高齢者向け緊急キット」の販売を開始すると発表した。5月に発売の予定だ。

「高齢者向け緊急キット」は、介護を必要とする高齢者などが災害時に避難する際に、最低限必要なアイテムを厳選して、コンパクトなキットにしたもの。

既に販売中の「緊急キット」をベースに、2016年の熊本地震で被災した経験のあるALSOKグループの介護会社のスタッフにヒアリングを行い、スタッフが「あって良かった」、「あれば良かった」とアイテムを取り入れた。

介護食やウェットタオルなどをパッキング
キットの内容は介護食、スープ、ウェットタオル、ゴム手袋、エマージェンシーブランケット、軍手、タオル、水、マスク、セーフティライト。これらのアイテムを、軽くて丈夫なナップサックに詰めた。

今回ヒアリングを実施した、ALSOKグループの介護会社のスタッフは、通常の避難セットに入っている非常食は固く高齢者には食べにくいので、食事に対する配慮が必要と語っている。

また、震災では水道が止まるケースが多い。清潔を保つためのウエットティッシュや、感染症予防のためのゴム手袋やマスクが必要との意見もあった。

このほかにも、タオルが1枚あるだけで、防災頭巾やケガをしたときの止血、骨折したときの固定などさまざまなシーンで活用できるので便利だとの声も寄せられた。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

綜合警備保障株式会社のプレスリリース
http://www.alsok.co.jp/

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

刻まない介護食「モバイルプラス やわら御膳」関東エリアでも提供開始

エリアを拡大して課題を解決日清医療食品は、1月10日、近畿エリアの施設にて提供してきた介護食「モバイルプラス やわら御膳」を、関東圏にも拡大して提供をスタートすることを発表した。 現在、多くの施設では、噛む力が弱い高齢者向けに、食事を細か…

続きを見る

業界初!ハンディキャッパーの夢を叶えるクルマが誕生

さらに進化した新型福祉車両ケイワークスは、1月10日、すべてのハンディキャッパーやその家族が「気軽に、安心して、思い立った時にすぐ」アクティブに行動するための、車椅子対応キャンピングカー、新型「Live」を開発したことを発表した。 革命的…

続きを見る

介護スタッフの負担を軽くする見守りサービス登場

富士通が介護事業所向けにサービスを拡充富士通は1月9日、遠隔見守りシステム「FUJITSU IoT Solution UBIQUITOUSWARE 居住者の見守りソリューション」のサービスを拡充し、1月下旬から提供を開始すると発表した。 …

続きを見る

フォーラム「認知症カフェからの出発」を開催

認知症カフェの今後を考える朝日新聞厚生文化事業団は、フォーラム「認知症カフェからの出発」を東京で2月に開始する。 同フォーラムでは、地域で認知症の人を支えるために「認知症カフェ」をどのように発展させ、活用させれば良いかについて考えていく。…

続きを見る

「徘徊 ママリン87歳の夏」の上映会を開催 養父市

認知症を正しく理解兵庫県養父市は、1月5日、認知症啓発映画「徘徊 ママリン87歳の夏」の上映会を開催することを発表した。 市では、認知症の人と家族の支援のために認知症カフェが市内5カ所で開催されている。今回のイベントは、その認知症カフェの…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る