介護・福祉の最新ニュース

震災時の避難に役立つ要介護高齢者向けの救急キットが登場

2017-04-15 19:15

「あれば良かった」アイテムをそろえた救急キット
ALSOK(綜合警備保障)は4月14日、災害時の要介護高齢者などの避難に役立つ「高齢者向け緊急キット」の販売を開始すると発表した。5月に発売の予定だ。

「高齢者向け緊急キット」は、介護を必要とする高齢者などが災害時に避難する際に、最低限必要なアイテムを厳選して、コンパクトなキットにしたもの。

既に販売中の「緊急キット」をベースに、2016年の熊本地震で被災した経験のあるALSOKグループの介護会社のスタッフにヒアリングを行い、スタッフが「あって良かった」、「あれば良かった」とアイテムを取り入れた。

介護食やウェットタオルなどをパッキング
キットの内容は介護食、スープ、ウェットタオル、ゴム手袋、エマージェンシーブランケット、軍手、タオル、水、マスク、セーフティライト。これらのアイテムを、軽くて丈夫なナップサックに詰めた。

今回ヒアリングを実施した、ALSOKグループの介護会社のスタッフは、通常の避難セットに入っている非常食は固く高齢者には食べにくいので、食事に対する配慮が必要と語っている。

また、震災では水道が止まるケースが多い。清潔を保つためのウエットティッシュや、感染症予防のためのゴム手袋やマスクが必要との意見もあった。

このほかにも、タオルが1枚あるだけで、防災頭巾やケガをしたときの止血、骨折したときの固定などさまざまなシーンで活用できるので便利だとの声も寄せられた。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

綜合警備保障株式会社のプレスリリース
http://www.alsok.co.jp/

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

どんな環境でも活用できる介護技術研修 東京都

移乗・応用編お茶の水ケアサービス学院では、「移乗」に関する介護フォローアップ研修を開催している。 「どんな環境でも活用できる介護技術研修(移乗・応用編)」 日時:平成29年8月2日 9:30~16:30 場所:お茶の水ケアサービス学院(東京…

続きを見る

正しい知識で認知症の人や家族を見守る

認知症サポーター養成講座2017年7月26日(水)、岩手県盛岡市は、「認知症サポーター養成講座」を開催する。 「認知症サポーター養成講座」では、キャラバンメイト(地域包括支援センター川久保)が、認知症について、詳しく解説する。 認知症の…

続きを見る

待望の展示会!「第1回 地域包括ケアEXPO」を開催

地域包括ケアシステムに特化したイベントリード エグジビション ジャパンは、7月18日、「第1回 地域包括ケアEXPO」を新規開催することを発表した。 急速な高齢化に伴い、厚生労働省では、2025年を目途に、地域包括ケアシステムの構築を推進…

続きを見る

これで安心!軽失禁パンツ「吸収快男子(R)」をリニューアル販売中

顧客の声を反映して改良介護用品メーカーのフットマークは、7月13日、軽失禁パンツ「吸収快男子(R)」をリニューアル販売中であることを発表した。 新商品のメリット新商品は、失禁パンツの使用を他人に知られてしまう不安がある、失禁後の臭いが気に…

続きを見る

自分でできる排泄トラブル予防・対処方法のセミナーを開催

ユニ・チャーム主催ユニ・チャーム株式会社は、2017年6月23日(金)に横浜市泉区市民250人を対象に「自分でできる排泄のトラブルの予防と対処」のセミナーを開催。7月13日にアンケート結果の一部を発表した。 セミナーでは、軽い失禁“尿もれ・…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る