介護・福祉の最新ニュース

新たな医療・介護・予防システム構築へ 首相官邸

2017-04-19 18:30

施策を具体化して実行
首相官邸は、4月14日、安倍総理が、総理大臣官邸で「第7回未来投資会議」を開催し、新たな医療・介護・予防システムの構築について議論が行われたことを明らかにした。

技術の力でピンチをチャンスに
新しい医療に関しては、かかりつけ医による対面診療とオンラインでの遠隔診療を融合。継続的な経過観察により、病気になった際、重症化を防ぎ、早期回復につなげることが可能だ。

また、健保組合では、従業員の健康状態、医療費、健康への投資などを、全国平均と比較して経営者に通知。国民全体の健康づくりに対する意識の高まりに期待が寄せられる。

介護については、万が一必要になっても、リハビリを行うことで改善できることも分かってきた。大量のデータ分析から、サポート方法を見出し、自立につなげる一方、効果のある自立支援の取り組みが報酬上評価される仕組みを確立させる。

なお、介護現場の人材不足は深刻だ。介護者の負担を軽減するロボットやセンサーの導入を、介護報酬や人員配置基準などの制度で後押ししていく考えである。

新技術で健康寿命延伸へ
医療・介護におけるICTやデータの活用は、いまだ道半ばとはいえ、技術が飛躍的に進歩したことで、実際に現場で活用され始めている。

2025年、団塊の世代が全員75歳以上となる。政府では、新しい技術を国民一人一人が容易に生活に取り込むことで、自身の健康寿命延伸につなげてもらいたい考えだ。

(画像は首相官邸のホームページより)


▼外部リンク

首相官邸 未来投資会議
http://www.kantei.go.jp/

キーワード: 介護保険制度・政府

関連ニュース

高齢者施設にて 紙オムツと汚物を分離・処理する実証実験をスタート

介護負担軽減への取り組み国土交通省は、6月22日、紙オムツと汚物を分離したうえ、オムツは回収し、汚物は下水へ流す「固形物分離タイプ」の新技術に関し、高齢者施設にて実証実験を行うことを発表した。 このプロジェクトは、先導的な技術の普及啓発に…

続きを見る

3月審査分「介護給付費等実態調査月報」を発表 厚労省

受給者総数は約21万人減少厚生労働省は、5月30日、介護給付費等実態調査月報(平成30年3月審査分)を発表した。 全国の受給者総数は、介護予防サービスでは、71万1,400人、介護サービスでは421万2,900人となり、総計で492万4,…

続きを見る

2020年度末までに必要な介護人材216万人-厚生労働省

2025年度末には約245万人が必要厚生労働省は5月21日、第7期介護保険事業計画において、介護人材の必要数などの試算した結果を公表した。 厚生労働省では介護サービス計画として、2018年から2020年までは第7期、2021年から2023…

続きを見る

介護保険事業状況報告の概要(平成30年2月暫定版)を発表 厚労省

高齢者は49万人増厚生労働省は、5月11日、介護保険事業状況報告の概要(平成30年2月暫定版)を発表した。 2月末現在、第1号被保険者数は、3,484万人。昨年同時期が3,435万人であったため、年間49万人増加した結果となった。 結果…

続きを見る

日本の介護食品「スマイルケア食」を海外へ 農水省

会議は非公開にて実施農林水産省は、5月9日、同省第3特別会議室において、「スマイルケア食海外展開プロジェクト 第1回会合」を開催した。 これに先立ち同省は、「スマイルケア食」をはじめとする介護食品の輸出促進に向け、現地ニーズの把握、現地関…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る