介護・福祉の最新ニュース

終末期に大切にしたいものは 「もしバナゲーム(TM)」の受注をスタート

2017-04-20 18:00

介護福祉施設のレクリエーションに
プラスは、4月19日、介護福祉施設専用デリバリーサービス「スマート介護」で、亀田総合病院の医師監修によるカードゲーム「もしバナゲーム(TM)」の受注を、4月21日からスタートすることを発表した。

今を大切に生きる契機に
「もしバナゲーム(TM)」は、終末期医療における医師や患者のコミュニケーションツールとして米国で開発されたゲームを日本語に翻訳し、アレンジを加えたもの。

「もしも余命があと半年と言われたら」と想定した際の「もしもの話(もしバナ)」を、身近な人たちと話し合うためのカードゲームで、4人を基本として、1人から5人までゲーム可能である。

遊び方は簡単。まず、余命わずかの想定で、自分が人生最後に大切にしたいと思うものを、35枚のカードから選択する。次に、そのカードを選んだ理由を、参加者同士で話し合うことで、互いの価値観の相違を理解し、自身の考えの幅を広げ、深めていくことにつながるという。

このゲームにぜひとも親しんで
このゲームは、家族には言えない本音を言える、繰り返し使えて、環境の変化に応じて選ぶカードが変わってくるといった面白さのほか、スタッフとのコミュニケーションツールとしても役立つと位置付けられる。

なお、販売先は全国の介護福祉施設。購入には「スマート介護」への登録(無料)が必要で、価格はスマート介護販売価格として1,800円(税抜き)だ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

プラス プレスリリース
http://www.plus.co.jp/news/201704/001601.html

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

高齢者も簡単に着替えができるユニバーサルデザイン 「ユニユルク イ…

シャツの「当たりまえ」をショートカット株式会社Sydecasは、7月21日、ユニバーサルデザインブランド『ユニユルク』の新製品として『≪ユニユルク≫イージーシャツ』を発売した。 同製品は、シャツの「当たりまえ」である「袖を通す」という行為…

続きを見る

人間学を根拠とした新しい認知症ケアについて 広島

株式会社雲母書房主催株式会社雲母書房では、人間学を根拠とした新しい認知症ケアを提案。介護入門を開催している。 「《ナイトセミナー》人間学的認知症介護入門」 日時:2017年08月18日(金)18:30~20:30(開場:18:00) 場所:…

続きを見る

認知症チェックキット「はからめ」 帰省シーズンに向け特価キャンペー…

8月末まで数量限定での提供株式会社グローバルエンジニアリングは、7月18日、認知症チェックキット『もの忘れアルかなチェック はからめ』の特価販売キャンペーンを開始したと発表した。 『はからめ』は、認知症と嗅覚の関係性に着目した簡易チェック…

続きを見る

介護保険既定の単位数を超える人未認定の人でも利用できる『わっかサロ…

未認定の人でも利用できる高齢者サロン「特定非営利活動法人わっか」は、介護保険既定の単位数を超える人、未認定の人でも利用できる『わっかサロン』を千葉県八千代市にオープンさせた。 同サロンは「わっかのいえ」の1階にできた高齢者サロンとなる。 …

続きを見る

日本セラピューティック・ケア協会17年の歩みをふりかえる「活動紹介…

パネル展を初めて開催認定NPO法人日本セラピューティック・ケア協会は、7月23日(日)~31日(月)、福岡県太宰府市で17年の歩みをふりかえる「活動紹介写真パネル展」を開催する。会場は、いきいき情報センター市民ギャラリー、入場料は無料だ。 …

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る