介護・福祉の最新ニュース

終末期に大切にしたいものは 「もしバナゲーム(TM)」の受注をスタート

2017-04-20 18:00

介護福祉施設のレクリエーションに
プラスは、4月19日、介護福祉施設専用デリバリーサービス「スマート介護」で、亀田総合病院の医師監修によるカードゲーム「もしバナゲーム(TM)」の受注を、4月21日からスタートすることを発表した。

今を大切に生きる契機に
「もしバナゲーム(TM)」は、終末期医療における医師や患者のコミュニケーションツールとして米国で開発されたゲームを日本語に翻訳し、アレンジを加えたもの。

「もしも余命があと半年と言われたら」と想定した際の「もしもの話(もしバナ)」を、身近な人たちと話し合うためのカードゲームで、4人を基本として、1人から5人までゲーム可能である。

遊び方は簡単。まず、余命わずかの想定で、自分が人生最後に大切にしたいと思うものを、35枚のカードから選択する。次に、そのカードを選んだ理由を、参加者同士で話し合うことで、互いの価値観の相違を理解し、自身の考えの幅を広げ、深めていくことにつながるという。

このゲームにぜひとも親しんで
このゲームは、家族には言えない本音を言える、繰り返し使えて、環境の変化に応じて選ぶカードが変わってくるといった面白さのほか、スタッフとのコミュニケーションツールとしても役立つと位置付けられる。

なお、販売先は全国の介護福祉施設。購入には「スマート介護」への登録(無料)が必要で、価格はスマート介護販売価格として1,800円(税抜き)だ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

プラス プレスリリース
http://www.plus.co.jp/news/201704/001601.html

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

【新刊】状態に応じた介助方法を写真でわかりやすく紹介『福辺流 力と…

義足の理学療法士が提案する、利用者・介助者双方にやさしい介護技術を紹介中央法規出版は、8月に『福辺流 力と意欲を引き出す介助術』を刊行した。介助される人の可能性を広げるために、状態に応じた介助方法を写真でわかりやすく紹介した一冊となっている…

続きを見る

いざという時のために「災害時の高齢者への対応」 和歌山県

市民公開講座一般社団法人日本認知症ケア学会は、市民公開講座を開催する。 「災害時の高齢者への対応」 日時:2017年 9月30日(土)13:00~15:00(受付開始 12:00~) 場所:和歌山商工会議所 大ホール(和歌山県和歌山市西汀丁…

続きを見る

介護福祉施設向けデリバリーサービス「スマート介護」が「国際福祉機器…

体感コーナーやセミナーで紹介・提案を行うプラス株式会社は、9月27日から29日までの3日間、東京ビッグサイトにて開催される「第44回 国際福祉機器展 H.C.R.2017」に出展し、同社の「スマート介護」事業を紹介する。 「国際福祉機器展…

続きを見る

住民3名が資格取得 レクリエーション介護士2級の団体研修を実施 四…

就労支援制度を使用する住民が取得BCC株式会社の社内カンパニーであるスマイル・プラスカンパニーは、9月12日、三重県・四日市市役所にて実施したレクリエーション介護士2級の団体研修についてのプレスリリースを発表した。 同社は、レクリエーショ…

続きを見る

NISSHAが介護施設向け見守りシステム「ケアワン」を開発・販売開…

無線の見守りセンサーとクラウドを利用日本写真印刷株式会社(以下「NISSHA」)は、9月14日、独自のセンシング技術を用いた介護施設向け見守りシステム「ケアワン」を開発・販売開始した。 「ケアワン」は、特別養護老人ホームや有料老人ホームと…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る