介護・福祉の最新ニュース

終末期に大切にしたいものは 「もしバナゲーム(TM)」の受注をスタート

2017-04-20 18:00

介護福祉施設のレクリエーションに
プラスは、4月19日、介護福祉施設専用デリバリーサービス「スマート介護」で、亀田総合病院の医師監修によるカードゲーム「もしバナゲーム(TM)」の受注を、4月21日からスタートすることを発表した。

今を大切に生きる契機に
「もしバナゲーム(TM)」は、終末期医療における医師や患者のコミュニケーションツールとして米国で開発されたゲームを日本語に翻訳し、アレンジを加えたもの。

「もしも余命があと半年と言われたら」と想定した際の「もしもの話(もしバナ)」を、身近な人たちと話し合うためのカードゲームで、4人を基本として、1人から5人までゲーム可能である。

遊び方は簡単。まず、余命わずかの想定で、自分が人生最後に大切にしたいと思うものを、35枚のカードから選択する。次に、そのカードを選んだ理由を、参加者同士で話し合うことで、互いの価値観の相違を理解し、自身の考えの幅を広げ、深めていくことにつながるという。

このゲームにぜひとも親しんで
このゲームは、家族には言えない本音を言える、繰り返し使えて、環境の変化に応じて選ぶカードが変わってくるといった面白さのほか、スタッフとのコミュニケーションツールとしても役立つと位置付けられる。

なお、販売先は全国の介護福祉施設。購入には「スマート介護」への登録(無料)が必要で、価格はスマート介護販売価格として1,800円(税抜き)だ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

プラス プレスリリース
http://www.plus.co.jp/news/201704/001601.html

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

歩行練習に大活躍!「足首アシスト装置CoCoroe AAD」の販売…

介護施設等での使用を想定安川電機は、1月22日、介護施設、病院等(屋内に限る)における、歩行練習としての使用を想定した福祉機器「足首アシスト装置CoCoroe AAD(ココロエ エーエーディー)」の販売をスタートすることを発表した。 歩行…

続きを見る

見守り機器は2025年問題を救うか-シード・プランニングが市場調査

見守り機器導入トップはベッド周辺センサ市場調査・コンサルティングを手がけるシード・プランニングは1月17日、「介護施設における『見守り機器』ニーズ調査 第2弾」の調査結果を発表した。調査対象は介護老人保健施設2,000施設で、回答数208件…

続きを見る

「あへあほ体操 for Pepper」による健康づくり体験を受付中

北海道から全国へ展開北海道札幌市に本社を置く「AHプロジェクト」は、1月22日、ロボットによる「あへあほ体操トレーニングの体験会」を受付中であることを発表した。 同社は、システム会社である「アジェンダ」とともに、ロボットによる日常的な健康…

続きを見る

脳活性化メゾットを体験するイベント「シナプソロジーフェスタ」開催

笑顔が生まれるプログラム株式会社ルネサンスは、同社が開発した脳活性化メソッド「シナプソロジー」のイベント「シナプソロジーフェスタ」を開催する。 シナプソロジーを知っている人も、初めての人でも、気軽に参加でき、気軽に楽しく参加することができ…

続きを見る

無料の介護情報誌「あいらいふ 2018年2月号」を発刊

老人ホーム選びに失敗しない心得を伝授ザップは、1月17日、介護情報誌「あいらいふ 2018年2月号」を、1月25日(木)に発刊することを発表した。 主な内容紹介2月号では、前号に続いて、編集部が伝えたい11個の「見学準備のポイント」を掲載…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る