介護・福祉の最新ニュース

日清オイリオグループが在宅介護における「介護食作り」の実態を調査

2017-04-20 20:00

介護食づくりは大変
日清オイリオグループ株式会社は、在宅介護事情調査第11弾として『介護食作りに関する実態調査』を実施。結果を公表している。
調査対象は、在宅介護(要介護1~3)をおこなっている家族100名。

調査の結果、69%が介護食づくりを大変だと回答。さらに、65%が専門家の指導を受けていないことがわかった。

何が大変なのか
介護食づくりについて、何が大変なのかについては「いつもきまった食材(メニュー)になってしまう。」が46%、「家族の食事とは別に作るため、面倒で食材がムダになる」「栄養素やエネルギー不足が心配」などの意見が多数。

「噛むこと・飲み込むことに対応した食事の提供ができているか不安」についても71%が「ある」と回答した。

低栄養傾向
調査では要介護者の体重・身長を測定し、BMIを算出。

BMI20以下(低栄養傾向)の要介護者の割合が、「食事作りを大変だ」と思っている人の場合には、42%、「大変だと思っていない」場合には23%という結果となり、「介護食作りを大変だ」と思っている人の要介護者が、低栄養傾向にあることが明らかとなった。

日本歯科大学教授の菊谷 武教授は、「介護食作りの負担を軽減するために、市販のトロミ調整食品や介護食品などを使用することは有効」だと述べている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

日清オイリオグループ 第11回在宅介護事情調査
https://www.atpress.ne.jp

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

介護職員としての態度を身につける「接遇研修」 沖縄県

介護福祉士会主催一般社団法人 沖縄県介護福祉士会では、接遇研修を開催する。 「介護職員のための接遇研修」 日時:平成29年5月1日(月)9:30~16:30(9:00~受付) 会場:沖縄県総合福祉センター 東棟4階 401研修室(予定) 受…

続きを見る

パナソニック 「聞き間違えない話し方講座」ウェブサイトを無料公開

高齢者と関わりのあるサービスに向けてパナソニック株式会社は、4月21日、『聞き間違えない話し方講座』のウェブサイトを無料公開した。 同サイトは、高齢者と関わりのあるサービス業務において、聞き間違えやすい言葉とそれを避ける言い換え方法などを…

続きを見る

おひとりさま向け終活サービス「finale」 パンフレット第2版を…

iPS細胞研究所やアムネスティも参画株式会社macoto.creative(マコトクリエイティブ)は、4月20日、いわゆる「おひとりさま」向けの終活サービス『finale:(フィナーレ)』のパンフレット第2版を発行した。 同冊子では、遺産…

続きを見る

高齢期の豊かなくらしセミナー

高齢期のくらしの備えについて考える朝日新聞厚生文化事業団は、高齢期の住まいや生活について考え「高齢期の豊かなくらしセミナー 高齢期の住まいとくらしⅠ~住み替える~」を開催する。 高齢期の生活方法は人それぞれ住み慣れた家で最期を迎えたと思う…

続きを見る

株式会社Moffが「世界に誇れる長寿国日本」を実現するスタートアッ…

スタートアップ企業に選出株式会社Moffは、「“世界に誇れる長寿国日本”を実現するビジネスコンテスト-AGING2.0 TOKYO GLOBAL STARTUP SEARCH-」のスタートアップ企業(6社)に選ばれたことを発表した。 コンテ…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る