介護・福祉の最新ニュース

日清オイリオグループが在宅介護における「介護食作り」の実態を調査

2017-04-20 20:00

介護食づくりは大変
日清オイリオグループ株式会社は、在宅介護事情調査第11弾として『介護食作りに関する実態調査』を実施。結果を公表している。
調査対象は、在宅介護(要介護1~3)をおこなっている家族100名。

調査の結果、69%が介護食づくりを大変だと回答。さらに、65%が専門家の指導を受けていないことがわかった。

何が大変なのか
介護食づくりについて、何が大変なのかについては「いつもきまった食材(メニュー)になってしまう。」が46%、「家族の食事とは別に作るため、面倒で食材がムダになる」「栄養素やエネルギー不足が心配」などの意見が多数。

「噛むこと・飲み込むことに対応した食事の提供ができているか不安」についても71%が「ある」と回答した。

低栄養傾向
調査では要介護者の体重・身長を測定し、BMIを算出。

BMI20以下(低栄養傾向)の要介護者の割合が、「食事作りを大変だ」と思っている人の場合には、42%、「大変だと思っていない」場合には23%という結果となり、「介護食作りを大変だ」と思っている人の要介護者が、低栄養傾向にあることが明らかとなった。

日本歯科大学教授の菊谷 武教授は、「介護食作りの負担を軽減するために、市販のトロミ調整食品や介護食品などを使用することは有効」だと述べている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

日清オイリオグループ 第11回在宅介護事情調査
https://www.atpress.ne.jp

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

刻まない介護食「モバイルプラス やわら御膳」関東エリアでも提供開始

エリアを拡大して課題を解決日清医療食品は、1月10日、近畿エリアの施設にて提供してきた介護食「モバイルプラス やわら御膳」を、関東圏にも拡大して提供をスタートすることを発表した。 現在、多くの施設では、噛む力が弱い高齢者向けに、食事を細か…

続きを見る

業界初!ハンディキャッパーの夢を叶えるクルマが誕生

さらに進化した新型福祉車両ケイワークスは、1月10日、すべてのハンディキャッパーやその家族が「気軽に、安心して、思い立った時にすぐ」アクティブに行動するための、車椅子対応キャンピングカー、新型「Live」を開発したことを発表した。 革命的…

続きを見る

介護スタッフの負担を軽くする見守りサービス登場

富士通が介護事業所向けにサービスを拡充富士通は1月9日、遠隔見守りシステム「FUJITSU IoT Solution UBIQUITOUSWARE 居住者の見守りソリューション」のサービスを拡充し、1月下旬から提供を開始すると発表した。 …

続きを見る

フォーラム「認知症カフェからの出発」を開催

認知症カフェの今後を考える朝日新聞厚生文化事業団は、フォーラム「認知症カフェからの出発」を東京で2月に開始する。 同フォーラムでは、地域で認知症の人を支えるために「認知症カフェ」をどのように発展させ、活用させれば良いかについて考えていく。…

続きを見る

「徘徊 ママリン87歳の夏」の上映会を開催 養父市

認知症を正しく理解兵庫県養父市は、1月5日、認知症啓発映画「徘徊 ママリン87歳の夏」の上映会を開催することを発表した。 市では、認知症の人と家族の支援のために認知症カフェが市内5カ所で開催されている。今回のイベントは、その認知症カフェの…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る