介護・福祉の最新ニュース

日清オイリオグループが在宅介護における「介護食作り」の実態を調査

2017-04-20 20:00

介護食づくりは大変
日清オイリオグループ株式会社は、在宅介護事情調査第11弾として『介護食作りに関する実態調査』を実施。結果を公表している。
調査対象は、在宅介護(要介護1~3)をおこなっている家族100名。

調査の結果、69%が介護食づくりを大変だと回答。さらに、65%が専門家の指導を受けていないことがわかった。

何が大変なのか
介護食づくりについて、何が大変なのかについては「いつもきまった食材(メニュー)になってしまう。」が46%、「家族の食事とは別に作るため、面倒で食材がムダになる」「栄養素やエネルギー不足が心配」などの意見が多数。

「噛むこと・飲み込むことに対応した食事の提供ができているか不安」についても71%が「ある」と回答した。

低栄養傾向
調査では要介護者の体重・身長を測定し、BMIを算出。

BMI20以下(低栄養傾向)の要介護者の割合が、「食事作りを大変だ」と思っている人の場合には、42%、「大変だと思っていない」場合には23%という結果となり、「介護食作りを大変だ」と思っている人の要介護者が、低栄養傾向にあることが明らかとなった。

日本歯科大学教授の菊谷 武教授は、「介護食作りの負担を軽減するために、市販のトロミ調整食品や介護食品などを使用することは有効」だと述べている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

日清オイリオグループ 第11回在宅介護事情調査
https://www.atpress.ne.jp

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

どんな環境でも活用できる介護技術研修 東京都

移乗・応用編お茶の水ケアサービス学院では、「移乗」に関する介護フォローアップ研修を開催している。 「どんな環境でも活用できる介護技術研修(移乗・応用編)」 日時:平成29年8月2日 9:30~16:30 場所:お茶の水ケアサービス学院(東京…

続きを見る

正しい知識で認知症の人や家族を見守る

認知症サポーター養成講座2017年7月26日(水)、岩手県盛岡市は、「認知症サポーター養成講座」を開催する。 「認知症サポーター養成講座」では、キャラバンメイト(地域包括支援センター川久保)が、認知症について、詳しく解説する。 認知症の…

続きを見る

待望の展示会!「第1回 地域包括ケアEXPO」を開催

地域包括ケアシステムに特化したイベントリード エグジビション ジャパンは、7月18日、「第1回 地域包括ケアEXPO」を新規開催することを発表した。 急速な高齢化に伴い、厚生労働省では、2025年を目途に、地域包括ケアシステムの構築を推進…

続きを見る

これで安心!軽失禁パンツ「吸収快男子(R)」をリニューアル販売中

顧客の声を反映して改良介護用品メーカーのフットマークは、7月13日、軽失禁パンツ「吸収快男子(R)」をリニューアル販売中であることを発表した。 新商品のメリット新商品は、失禁パンツの使用を他人に知られてしまう不安がある、失禁後の臭いが気に…

続きを見る

自分でできる排泄トラブル予防・対処方法のセミナーを開催

ユニ・チャーム主催ユニ・チャーム株式会社は、2017年6月23日(金)に横浜市泉区市民250人を対象に「自分でできる排泄のトラブルの予防と対処」のセミナーを開催。7月13日にアンケート結果の一部を発表した。 セミナーでは、軽い失禁“尿もれ・…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る