介護・福祉の最新ニュース

日清オイリオグループが在宅介護における「介護食作り」の実態を調査

2017-04-20 20:00

介護食づくりは大変
日清オイリオグループ株式会社は、在宅介護事情調査第11弾として『介護食作りに関する実態調査』を実施。結果を公表している。
調査対象は、在宅介護(要介護1~3)をおこなっている家族100名。

調査の結果、69%が介護食づくりを大変だと回答。さらに、65%が専門家の指導を受けていないことがわかった。

何が大変なのか
介護食づくりについて、何が大変なのかについては「いつもきまった食材(メニュー)になってしまう。」が46%、「家族の食事とは別に作るため、面倒で食材がムダになる」「栄養素やエネルギー不足が心配」などの意見が多数。

「噛むこと・飲み込むことに対応した食事の提供ができているか不安」についても71%が「ある」と回答した。

低栄養傾向
調査では要介護者の体重・身長を測定し、BMIを算出。

BMI20以下(低栄養傾向)の要介護者の割合が、「食事作りを大変だ」と思っている人の場合には、42%、「大変だと思っていない」場合には23%という結果となり、「介護食作りを大変だ」と思っている人の要介護者が、低栄養傾向にあることが明らかとなった。

日本歯科大学教授の菊谷 武教授は、「介護食作りの負担を軽減するために、市販のトロミ調整食品や介護食品などを使用することは有効」だと述べている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

日清オイリオグループ 第11回在宅介護事情調査
https://www.atpress.ne.jp

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

歩行練習に大活躍!「足首アシスト装置CoCoroe AAD」の販売…

介護施設等での使用を想定安川電機は、1月22日、介護施設、病院等(屋内に限る)における、歩行練習としての使用を想定した福祉機器「足首アシスト装置CoCoroe AAD(ココロエ エーエーディー)」の販売をスタートすることを発表した。 歩行…

続きを見る

見守り機器は2025年問題を救うか-シード・プランニングが市場調査

見守り機器導入トップはベッド周辺センサ市場調査・コンサルティングを手がけるシード・プランニングは1月17日、「介護施設における『見守り機器』ニーズ調査 第2弾」の調査結果を発表した。調査対象は介護老人保健施設2,000施設で、回答数208件…

続きを見る

「あへあほ体操 for Pepper」による健康づくり体験を受付中

北海道から全国へ展開北海道札幌市に本社を置く「AHプロジェクト」は、1月22日、ロボットによる「あへあほ体操トレーニングの体験会」を受付中であることを発表した。 同社は、システム会社である「アジェンダ」とともに、ロボットによる日常的な健康…

続きを見る

脳活性化メゾットを体験するイベント「シナプソロジーフェスタ」開催

笑顔が生まれるプログラム株式会社ルネサンスは、同社が開発した脳活性化メソッド「シナプソロジー」のイベント「シナプソロジーフェスタ」を開催する。 シナプソロジーを知っている人も、初めての人でも、気軽に参加でき、気軽に楽しく参加することができ…

続きを見る

無料の介護情報誌「あいらいふ 2018年2月号」を発刊

老人ホーム選びに失敗しない心得を伝授ザップは、1月17日、介護情報誌「あいらいふ 2018年2月号」を、1月25日(木)に発刊することを発表した。 主な内容紹介2月号では、前号に続いて、編集部が伝えたい11個の「見学準備のポイント」を掲載…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る