介護・福祉の最新ニュース

家庭でもできる「介護食づくり教室」を今年も開催 佐世保市

2017-04-21 17:00

介護食づくりに挑戦
長崎県佐世保市は、4月19日、普段の料理をやわらかく、食べやすく調理する「平成29年度 介護食づくり教室」の日程を発表した。

開催概要
「介護食づくり教室」は、講話と調理実習、試食にて構成。在宅高齢者の食事づくりにかかわる人や、今後のために介護食づくりを勉強したい人を対象に、2回シリーズで開催される。

1回目の講話は、栄養士による「噛みやすい飲み込みやすい食事の工夫」、また2回目は、歯科衛生士による「実践してみましょう!!口腔ケア」が行われる予定で、1回のみの参加も可能だ。

場所は、中央保健福祉センター、早岐地区公民館、三川内地区公民館など、全9会場を用意。9月4日(月)の開催を皮きりに、順次行う計画である。

なお、時間は各回10時~12時30分で、定員は各回15名、1回当たり300円(材料費の一部として)。エプロン、三角巾、手ふき用タオル、筆記用具を持参することとしている。

各回申し込みが必要
平成28年度の「介護食づくり教室」では、フレンチトースト、ラタトゥイユ、枝豆のスープ等を調理したという。

なお、この教室の参加には各回申し込みが必要。問い合わせは、佐世保市役所 健康づくり課まで電話(24-1111 内線5532)にて連絡するよう呼びかけている。

(画像は佐世保市のホームページより)


▼外部リンク

佐世保市 プレスリリース
http://www.city.sasebo.lg.jp/

キーワード: 地域

関連ニュース

安全な車社会を目指して!静岡県警察は「高齢者講習」を義務付け

新しい高齢運転者制度2017年5月19日、静岡県警察は新しい高齢運転者制度について、ホームページで発表した。 静岡県警察による、新しい高齢運転者制度では、免許の更新の際、70歳以上の運転者に対して、「高齢者講習」又は、「特定任意高齢者講習…

続きを見る

自分らしく終末期を過ごすための「ターミナルケア講座」 兵庫県

ターミナルケアの手法を学ぶ講座を開講ひょうご震災記念21世紀研究機構は5月19日、県民向け講座“ひょうごヒューマンケアカレッジ「ターミナルケア講座」”の受講生の募集を開始した。 いのちの尊厳と生きる喜びを高めるヒューマンケアの理念に基づい…

続きを見る

高齢者の社会参加を幅広く支援!広島市

高齢者いきいき活動ポイント事業2017年9月より、広島市では、高齢者の社会参加を幅広く促進する、「高齢者いきいき活動ポイント事業」を開始する。 「高齢者いきいき活動ポイント事業」では、ボランティア活動や健康づくり、介護予防に取り組む高齢者…

続きを見る

介護の魅力を現場で体験!職場体験の申し込みをスタート 東京都

介護の仕事に関心がある人へ東京都は、5月18日、「2020年に向けた実行プラン」事業のうち、介護人材確保対策事業第1弾として、介護の仕事を体験したい人々を対象に、「職場体験」の申し込みをスタートすることを発表した。 実際の介護現場で体験都…

続きを見る

IoT技術を活用した「見守り」!渋谷区が実験を開始

IoT技術を活用した「見守り」2017年5月17日、東京電力ホールディングス株式会社は、株式会社ottaが提供する、IoT技術を活用した、「見守り」を実証する為、社会実験を開始することを発表した。 専用端末今回の社会実験では、ビーコン(電…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る