介護・福祉の最新ニュース

増える特殊詐欺の被害!宮崎県で注意を呼びかけ

2017-05-02 06:00

急増する特殊詐欺
2017年4月24日、特殊詐欺による被害が急増していることを受け、宮崎県はメールサービスで注意を呼びかけた。

宮崎県内では、2017年月末の時点で、既に11件の特殊詐欺が発生、被害額にすると約2100万円にものぼる。また、4月に入ってからも同様の被害が相次いでおり、最大限の警戒が必要だ。

宮崎県警察本部
特殊詐欺の犯人は、預金を引き出させる為に、様々な嘘の理由で接触してくる。そのような場合は、すぐに応じないようにして、家族や最寄りの警察署、交番、駐在所、又は警察相談電話(♯9110)に相談するよう、宮崎県警察本部は呼びかけている。

特殊詐欺に関する問い合わせは、宮崎市の地域振興部生活安全課でも、受け付けている(電話:0985-21-1751、Fax:0985-24-8117、E-Mail:07seikat@city.miyazaki.miyazaki.jp)。

全国的に広がる特殊詐欺の被害
特殊詐欺による被害は、全国的な広がりを見せている。今年に入ってからも、毎月のように急増。前の年に比べて、被害件数は約3割も増加。

オレオレ詐欺、架空請求詐欺、還付金等詐欺による被害が特に多く、被害全体の9割近くを占めている。

融資保証金詐欺による被害も増えており、発生件数を見ても、前年と比べて、倍近くに増えている。現金だけでなく、キャッシュカードも狙われているようだ。

(画像は宮崎市のホームページより)


▼外部リンク

宮崎市
http://www.city.miyazaki.miyazaki.jp/


キーワード: 事件・事故

関連ニュース

ミラクルクラブなど2事業所 指定の効力停止処分に さいたま市

2事業所の「不正請求」が発覚さいたま市は、3月19日、児童福祉法に基づき、指定障がい児通所支援事業者「いずみサポート ISC」に行政処分を下したことを発表した。 「いずみサポート ISC」は、放課後等デイサービスを行っている「ミラクルクラ…

続きを見る

ビッグプラネット運営「ヘルパーステーションそら」指定取り消し処分に…

3月31日に指定を取り消し和歌山県は、3月19日、介護保険法に基づいて、ビッグプラネットが運営する「ヘルパーステーションそら」の、指定を取り消すことを発表した。 同事業所では、訪問介護、介護予防訪問介護、居宅介護支援に関するサービスを実施…

続きを見る

不正請求額は約1,950万円 指定取り消し処分に 埼玉県

対象事業所は2カ所埼玉県は、2月14日、介護保険法及び生活保護法の規定に基づき、介護保険サービス事業者である「めいとケア」及び指定介護機関が運営する事業所「めいと松原団地訪問介護事業所」「北野訪問介護支援センター」の指定取り消し処分を行った…

続きを見る

豊田市の介護事業所などを不正受給で行政処分

2訪問介護事業所指定取り消し処分豊田市は6日、訪問介護の事業所などが介護報酬を不正に受給したなどとして、「訪問介護事業所心実」、「訪問介護事業所ゆうか」の2つの訪問介護事務所に対し、介護保険事業所を2月23日付で指定取り消し処分を行うと発表…

続きを見る

「リハビリデイサービスなでしこ」指定取り消し処分に 柏原市

法第77条や第115条に抵触大阪府柏原市は、2月7日、介護保険法の規定に基づいて、指定居宅サービス事業者等の指定を取り消す行政処分を下したことを発表した。 対象事業所は、タカノが運営する「リハビリデイサービスなでしこ」。通所介護、介護予防…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る