介護・福祉の最新ニュース

「ハーモニー訪問看護ステーション」指定の一部の効力の停止 大阪市

2017-05-11 19:00

3か月間、一部効力停止
大阪市は、株式会社総合医療サービスハーモニーが運営する事業所「ハーモニー訪問看護ステーション」に対し、指定の一部について効力の停止を行うと発表した。

同市は、同事業所へ監査を実施したところ、不適切な運営が行われていること判明した。この不正を受けて同事業所を3か月間、指定介護保険事業者の指定を一部について効力停止を行うと発表した。

不正内容について
株式会社総合医療サービスハーモニーは、平成27年9月から平成28年6月までの間、自社が運営する事業所ハーモニー訪問看護ステーションを利用者する8名に対して従業者の確保が出来なかったことを受け、他の法人にサービス提供を依頼した。

しかし、株式会社総合医療サービスハーモニーは、他の法人にサービスを依頼したにも関わらず自らがサービスを行ったとして、虚偽の報告を行い介護給付費を請求、受領していた。

処分内容について
大阪市では、虚偽の報告と不正受給を受け、平成29年5月1日から平成29年7月31日までの3か月間、新規利用者の受け入れ停止、介護報酬請求を20%減額するとした。

大阪市は、豊中市・西宮市においても不正受領していることを受け、介護給付費を返還させるため、豊中市・西宮市に通知している。

(画像は大阪市より)


▼外部リンク

大阪市報道発表
http://www.city.osaka.lg.jp/

大阪市
http://www.city.osaka.lg.jp/index.html

キーワード: 事件・事故

関連ニュース

岡山県「介護記録怠り830万円不正受給」介護保険事業者の指定取消し

和気の事業所、県指定を取り消し岡山県は、医療法人渋藤医院(同県和気町)が開設する渋藤医院居宅介護支援事業所が、介護記録怠り830万円を不正受給していた。 これを受け、同県は、事業所指定を介護保険法に基づき、平成29年12月31日(日)付け…

続きを見る

夫婦で虐待 居宅介護支援事業所「オネスト」を処分 神戸市

妻のケアマネも一緒に経済的虐待神戸市は、9月15日、介護保険法に基づいて、居宅介護支援事業所「オネスト」の指定取り消し処分を行ったことを発表した。 この事業所の代表者とその妻で同じくこの事業所の管理者兼介護支援専門員(ケアマネジャー)は、…

続きを見る

「高齢者虐待の状況」を発表 前年度より虐待件数は減少 山形県

今年も引き続き公表山形県は、9月4日、平成28年度の「高齢者虐待の状況」について発表した。 平成18年度、「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律」が施行された。県ではこの施行以来、毎年公表を実施している。 結果の概…

続きを見る

「悠久の郷」で職員が入所者を暴行 和歌山県

暴行事案が発生和歌山県は、9月4日、生活保護法第38条に基づく救護施設で、社会福祉法人紀之川寮が運営する「悠久の郷」において、職員による入所者への暴行事案が発生したことを明らかにした。 事件の経緯県福祉保健総務課は、8月10日、「悠久の郷…

続きを見る

「死亡」と誤入力され年金受け取れず 大阪市住吉区

年金を受け取れなかったA氏には一時的に保護費を給付大阪市住吉区役所保険年金課で、区内の後期高齢者医療の被保険者資格喪失手続きを行った際、誤入力のため年金が支給停止となり、該当者が年金を受け取れない事態が発生した。同課ではシステムの理解が不十…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る