介護・福祉の最新ニュース

指定地域密着型サービス事業所 2か所指定取消 越谷市

2017-05-12 12:00

介護報酬5,000万円近く不正請求
埼玉県越谷市が彩和株式会社が運営する「グループホーム千代の夢」と、株式会社飛鳥が運営している「グループホーム飛鳥の夢 大道」の、指定地域密着型サービス事業者及び指定地域密着型介護予防サービス事業者の指定取消を公表した。同サービスに係る事業者の指定権限を有することになった平成18年以降、越谷市では初めての指定取り消し処分となった。

6月1日に指定取消
「グループホーム千代の夢」(越谷市大字恩間新田383-1)は平成25年4月からは介護職員、同年6月からは計画作成担当者の人員基準を満たしていなかったにも拘らず、同年8月より平成28年9月まで介護報酬を不正に請求していた。平成29年3月31日時点、不正請求額は49,938,048円におよぶ。

「グループホーム飛鳥の家 大道」(越谷市大字大道165)も同様に、人員基準を満たさずに平成25年から平成28年9月まで、介護報酬49,472,202円を不正請求していた。これらの不正請求額については利用者自己負担分を除いた額となっている。

同市では、不正に受領した介護報酬の金額を確定し、加算金を含め返還を求める。また、時効により消滅した介護報酬についても自主返還を請求する。

両事業所とも、取消処分年月日は平成29年5月1日だが、利用者のサービスの移行・確保のため5月31日までは介護保険法に基づくサービスは提供される。指定取消年月日は平成29年6月1日となる。

(画像は越谷市HPより)


▼外部リンク

越谷市 指定地域密着型サービス事業者及び指定地域密着型介護予防サービス事業者の指定取消について
https://www.city.koshigaya.saitama.jp/

キーワード: 介護事業者

関連ニュース

介護人材不足に対するアプローチ 社員の再入社を促進する「らいふUタ…

1都3県にて43の有料老人ホームを運営するらいふ有料老人ホーム運営を手がける株式会社らいふは、7月20日、一旦退職した社員の入社を促進する『らいふUターン制度』をスタートしたと発表した。 同社は現在、東京・神奈川・千葉・埼玉の1都3県にて…

続きを見る

第一興商 大好評の「健康倶楽部まるごとトレーニング教室」を無料開催…

宇治市からの受託事業第一興商は、7月11日、グループ会社である京都第一興商が、宇治市が指定する施設12会場にて、「健康倶楽部まるごとトレーニング教室」を実施することを発表した。 大好評のプログラム「健康倶楽部まるごとトレーニング教室」は、…

続きを見る

調布駅近に有料老人ホームが誕生

利便性の高い商業地に立地する有料老人ホームヒューリックは7月10日、東京都調布市小島町1-14-3に有料老人ホーム「ヒューリック調布」が、今年3月に完成したと発表した。 都心へのアクセスが良好な京王線「調布」駅から徒歩約5分の商業地に立地…

続きを見る

アンガーマネジメントで高齢者虐待を防止

高齢者虐待防止研修会2017年8月8日(火)、都城市は、高齢者虐待防止研修会を開催する(13:30開始、15:30終了)。 今回の高齢者虐待防止研修会のテーマは、「高齢者虐待防止とアンガーマネジメント~自分のアンガータイプを知ろう~」。江…

続きを見る

さわやか倶楽部 被災高齢者をグループ施設へ無償受け入れ

豪雨被災者を施設に受け入れウチヤマホールディングスは、7月6日、主要連結子会社である「さわやか倶楽部」が、九州北部地域の記録的豪雨で被災した、高齢者の人々を、同社の介護施設にて無償で受け入れることを発表した。 主な受け入れ条件「さわやか倶…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る