介護・福祉の最新ニュース

自動寝返り機能が付いたベッド新発売

2017-05-12 16:00

介護者の負担を軽減するベッド
フランスベッドは5月10日、病院や介護福祉施設向けの「自動寝返り支援ベッド」を、5月中旬頃から発売すると発表した。

「自動寝返り支援ベッド」は、身体を思うように動かせない人の寝返りを支援するために、自動運転の寝返りサポート機能が付いている。

寝たきりの状態では床ずれを起こすので、昼夜問わず2時間おきに体位を変えるといったケアが必要となる。介護者は一日に何度も体位を変えなくてはならないため、腰痛など大きな負担を強いられる。

この課題を解決するために開発されたのが、「自動寝返り支援ベッド」だ。

角度や速度などきめ細かな設定が可能
タイマー設定ができる自動運転の寝返りサポート機能は、液晶表示のコントローラーで角度や時間、速度などを細かく調整できる。手元のスイッチを使って、手動で動かすことも可能だ。

背上げ角度は最大72度、脚上げ角度は24度まで。ベッドの高さは最大32センチまで下がるので、車いすへの移乗にも便利だ。

洗髪やシーツ交換など、状況に応じてヘッドボードとフットボードが脱着できるのも特徴。ワンステップでロックや解除ができるキャスター付き。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

フランスベッドホールディングス株式会社、フランスベッド株式会社のプレスリリース
http://www.nikkei.com/

フランスベッドホールディングス株式会社のホームページ
http://www.francebed-hd.co.jp/index.html

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

介護現場を幸せにするヒントが満載「介護も高齢もこわくない!」

介護の現場を幸せにする1冊株式会社学研ホールディングスのグループ会社である株式会社学研メディカル秀潤社は、介護をする人もされる人も楽しくなるためのパフォーマンススキルが身につく「介護も高齢もこわくない!」を10月13日(金)に発売した。 …

続きを見る

「ロコモ予防体操イベント」開催 久留米市

日本調剤と九州共立大学との産学連携プロジェクト第1弾全国で調剤薬局を展開している日本調剤薬局株式会社が、九州共立大学と合同で「ロコモ予防体操イベント」を日本調剤 久留米薬局で開催する。同イベントは産学連携プロジェクトとして第1弾となる。 …

続きを見る

自宅介護の限界とは「あいらいふ」11月号発刊

有料老人ホームへの入居をアドバイスザップは、10月18日、月間介護情報誌「あいらいふ11月号」を、10月26日に発刊することを発表した。 11個のサインを解説自宅で介護をする人の中には、「家族間で暴言や暴力がある」「自力で家に戻れない」な…

続きを見る

関西デイサービス協会設立総会開催!~介護保険制度の希望「自立支援介…

設立後初となる総会を開催次期介護保険改正では、デイサービスはさらに厳しさを増すことが予想されている。他方、いまデイサービスの将来に明るい兆しをともす新しい取り組みとして「自立支援介護」、「混合介護」、「ICT・ロボット」、「アジア健康構想」…

続きを見る

英国生まれの「ストレスケア講座」を初開催 枚方市

ストレスの軽減や心身の癒やしに日本セラピューティック・ケア協会は、10月16日、英国赤十字社により考案されたケア法「セラピューティック・ケア」の基礎を学べる入門講座を、大阪府枚方市にて初開催することを発表した。 このケア法では、服の上から…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る