介護・福祉の最新ニュース

介護職の見直し制度に向け 外国人採用支援フェア

2017-05-13 12:00

日本にいながら、各国送り出し機関と情報交換
株式会社メディパスは、医療と介護の経営支援や、医療や介護従事者の人材紹介、有料老人ホーム紹介のサービスなどを行っている。

11日、メディパスのプレスによると、株式会社高齢者住宅新聞と共同で、5月26日「介護職外国人採用支援フェア」を東京秋葉原UDXギャラリーにて開催するとある。

大半の介護事業者は、時間的および、人材的に余裕がないことから、海外に人材派遣をすることが出来ない厳しい状況下にある。国内の業務をする傍ら、各国の送り出し機関と情報の交換が出来るのが目的である。

介護職見直し制度が背景
今秋に見直される、介護職の技能実習制度が背景にある。大手介護事業者や医業法人、人材サービス会社などの介護業界内では、日本から担当者をアジア各国へ派遣し、外国人の人材調査が前進している。

見直しは、介護職種の追加や技能実習制度の仕組みがある。外国人を受け入れる体制を整えるには、制度の理解が求められ、実際に外国人を受け入れている先達の機能している事例を把握するのが重要となる。

充実したセミナー内容、外国人の受け入れの心構え
外国人の受け入れには、日本の文化や生活習慣、出身国のお国柄などを、雇用者と労働者の立場で相互理解が必要不可欠。「介護職外国人採用支援フェア」では、予定されている8カ国、20機関の送り出し機関がブース出展し、相談会場が設けられている。

また、講師を招いてのセミナーでは、「技能実習制度の仕組みと注意点」や「外国人介護スタッフの受け入れ成功の秘訣」「2018年医療・介護ダブル改定を踏まえた今後の予測」を開催。参加費は1名25,000円(税別)となっている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

PR TIMES
https://prtimes.jp/

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

子供たちに介護のお仕事体験「キッザケア」開催

本格的体験イベント7月6日、社会福祉法人あかねのプレスリリースによると、本格職業体験イベント「キッザケア」~子供たちが介護の未来を救う~を8月6日に開催するとある。 毎回好評の夏休みに行うイベントは、今回で4回目。2部構成で各回定員50名…

続きを見る

理学療法士による「介護予防推進キャンペーン」

7月17日は「理学療法の日」6月21日の公益社団法人愛知県理学療法士会のプレスによると、「理学療法士による介護予防」のキャンペーンを7月16日に開催する。 日本理学療法士協会の結成された日でもある7月17日は「理学療法の日」。7月17日を…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る