介護・福祉の最新ニュース

認知症カフェの開設を応援

2017-05-14 00:00

認知症の人を地域で支える団体を応援
朝日新聞厚生文化事業団は、認知症カフェの開設を応援する助成金の応募を開始した。

助成金は、認知症の人を地域で支えていくために新しく認知症カフェを立ち上げる団体・グループに向こう3年間の運営を応援するものだ。

応募概要について
助成金の応募期間は、2017年5月10日(水)~6月12日(月)(郵送必着)、助成対象は、2017年9月~12月の間に新しく開設する認知症カフェとなり、開設のための初期費用と3年間の運営費を支給する。

助成金は、1団体につき、最大で100万円まで支給され、支払いは年度ごとに分割され振り込みされる。

応募の条件
応募条件は、2017年9月から12月まで(贈呈後3か月以内)に新規で「認知症カフェ」開設することができること、開設後、運営できるだけの会場、スタッフが確保できていること、そして3年以上の継続が見込めることなどが条件となる。

助成金を支給する団体の選考については、朝日新聞厚生文化事業団に設けた選考委員会で行われ、贈呈が決まれば、同団体のホームページなどで公表する。選考結果発表および贈呈式は、9月を予定しているとのこと。

(画像は朝日新聞厚生文化事業団より)


▼外部リンク

認知症カフェの開設を応援するための助成金について
http://www.asahi-welfare.or.jp/

朝日新聞厚生文化事業団
http://www.asahi-welfare.or.jp/

キーワード: 介護事業者

関連ニュース

神奈川県住宅供給公社とミズノが連携協定を締結

生涯自立を目指す神奈川県住宅供給公社とミズノ株式会社が、高齢世代の運動機能の維持・向上、介護を必要としない体づくりを目指すための連携・協力に関する協定を、6月19日に締結した。同公社が運営している介護付有料老人ホーム ヴィンテージ・ヴィラや…

続きを見る

訪問看護ステーション成城が機能強化 世田谷区

機能強化型訪問看護ステーション目指すソフィアメディは6月28日、規模拡大のために世田谷区指定のソフィア訪問看護ステーション成城を移転した。機能強化型訪問看護ステーションに移行するのが目的。多様化するニーズに対応できるよう、内部環境を整備する…

続きを見る

おしゃれな介護用品の販売店が病院内にオープン 沼田市

ケア・介護用品をもっとおしゃれに!群馬県沼田市久屋原町の内田病院に、TOKIMEKU JAPANがプロデュースする介護用品のセレクトショップ「『ORANGe』 by TOKIMEKU JAPAN」がオープンする。 「命輝く、お洒落で心安ら…

続きを見る

高齢者向け住宅のモデルケース 大阪府吹田市

パナホームグループ 優先交渉権者に選定パナホームグループが、高齢者向けウェルネス住宅の整備・運営を行う優先交渉権者に吹田市より選定された。高齢者向けウェルネス住宅は、大阪府吹田市と摂津市にまたがる北大阪健康医療都市「健都」2街区を吹田市より…

続きを見る

介護職員の負担を軽減!Pepperを「ケアパートナー大泉」に試験導…

デイサービスに試験導入大東建託は、6月21日、同社の100%出資子会社であるケアパートナーが、東京都練馬区内のデイサービス施設「ケアパートナー大泉」 にて、6月26日より、ソフトバンクロボティクスの人型ロボット「Pepper(ペッパー)」の…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る