介護・福祉の最新ニュース

認知症の行動・心理症状の理解と回避に関するセミナー 神奈川県

2017-05-16 15:00

かなふくセミナー
公益社団法人 かながわ福祉サービス振興会では、認知症に関するセミナーを開催する。
「認知症の行動・心理症状(BPSD)の理解とBPSDを回避する認知症ケア」
日時:平成29年5月31日(水)10:00~16:00(受付開始 9:30~)
会場:ウィリング横浜 5階501-502 (横浜市港南区)
(かなふくセミナーホームページより抜粋)

料金は、会員であれば8,000円。一般であれば、10,000円となっている。申し込みは、FAXまたは、ウェブサイトにておこなう。

セミナー内容
セミナーの対象者は、福祉や介護・看護関係者、興味のある人。講師は日本医療コーディネータ協会 代表理事の嵯峨崎 泰子氏だ。

BPSDとは、認知機能の障がいが原因で、認知症の人に「うつ状態」「徘徊」「妄想」「攻撃」「異食」といった症状があれわれ、周囲との人間関係を悪くしてしまう状況のこと。

セミナーでは、BPSDの症状が悪化する前に、介護施設で使える具体的なケアや、対応方法について解説する。

カリキュラム
具体的なカリキュラム内容は「認知症の原因疾患の理解」「認知症の行動・心理症状(BPSD)の理解」「認知症のBPSDを回避するケア~身体から発現することばと不同意メッセージの観察と対応事例~」「特にアルツハイマー病のための活動プログラム」となっている。

(画像はホームページより)


▼外部リンク

認知症の行動・心理症状(BPSD)の理解とBPSDを回避する認知症ケア
http://www.kanafuku.jp/plaza

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

介護レク広場オンラインショップにてDVD「プラスダンス」を販売開始

介護福祉施設などでいつでもダンスが踊れるBCC株式会社の社内カンパニーであるスマイル・プラスカンパニーは、プラス株式会社の介護福祉施設向けデリバリーサービス「スマート介護」と「一般社団法人世界ゆるスポーツ協会」で協業して制作したDVD「プラ…

続きを見る

78歳の現役女性介護士を起用 「介護職員初任者研修」を開講

中高年者の受講の励みにユノモは、12月13日、「78歳の現役女性介護士」をアドバイザーとして起用した「介護職員初任者研修」の水金コース(週2回全16回)を、2018年1月に開講することを発表した。 メリットは多数介護職員初任者研修(旧ヘル…

続きを見る

「認知症を理解するセミナー」開催 九州

九州の3会場で開催福岡シティ福祉サービスの主催による「認知症の理解とBPSD~認知症の理解と周辺症状、介護記録から介護計画立案まで~」が九州の3会場で開催される。 現在、認知症とくにアルツハイマー型認知症が世界的に問題となっており、日本の…

続きを見る

過去最大規模「高齢者食・介護食の専門展示会」を開催

多くの食品メーカーが出展UBMメディアは、12月8日、業務用・市販用の食品から、配食サービス、高齢者食・介護食を開発するために必要な素材や技術などを一堂に集めた展示会「高齢者食・介護食の専門展示会~メディケアフーズ展2018~」を、過去最大…

続きを見る

音楽健康福祉士養成研修・介護レクリエーションセミナー開催

「スマイル・プラスカンパニー」と「虹の会」の共催BCC株式会社の社内カンパニーとなるスマイル・プラスカンパニーは、公益社団法人「虹の会」と共催で、音楽健康福祉士養成研修ならびに介護レクリエーションセミナーを2017年12月14日に開催する。…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る