介護・福祉の最新ニュース

歩いて筋力アップ!歩幅が3センチアップして健康寿命が延びるシューズ

2017-05-18 01:00

「LOCOX(ロコックス)」
愛知県名古屋市の株式会社アイケイは、自身が展開中のブランド「LOCOX(ロコックス)」より、「LOCOXワイドステップウォーカー」を新発売する。
「LOCOXワイドステップウォーカー」は、同社が日本ウオーキング協会と共同開発したシューズ。履いて歩くだけで歩幅がアップするという。「LOCOX(ロコックス)」は、アクティブシニア向けブランドだ。

「LOCOXワイドステップウォーカー」
「LOCOXワイドステップウォーカー」は、「日ごろの歩くことをもっと好きに!」がコンセプト。約2年の開発期間を経て誕生した。

時間が無く効率よくウオーキングしたい人には特にお勧めの商品となっている。

シューズの底をローリングソールにしているため、自然と足が前に出やすい。一歩が前にさっと出るため、股関節の可動域がアップされ、歩幅も約3センチアップする。

歩く際の、かかとから、小指・親指にかけての一連の動作を「あおり動作」と呼び、健康歩行といわれている。前へ推進力が働くため、歩行スピードや歩幅がアップする。

筋肉活動量もアップ
同シューズでは、アウトソールのかかと部分や、つま先にクッション剤を内蔵している。クッションを踏みつけることで足の筋肉活動量がアップするという。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

履いて、歩いて、筋力あげて健康寿命を延ばす 歩幅3cmアップするウォーキングシューズ 日本ウオーキング協会と共同開発 「LOCOXワイドステップウォーカー」 6月1日新発売
http://www.dreamnews.jp/press/0000152584/




キーワード: 総合

関連ニュース

CBCとテムザックが業務提携!介護・福祉ロボット開発プロジェクトを…

新しい介護・福祉ロボット東京都中央区のCBC株式会社は、福岡県宗像市の株式会社テムザックと2017年6月1日に業務提携を決定したと発表した。 今までにない新しい介護ロボット・福祉ロボットの開発・販売に向けてプロジェクトをスタートする。 C…

続きを見る

中鎖脂肪酸が認知症に与える改善効果を発表

新たな研究成果を発表日清オイリオグループは、6月19日、宜野湾市にて開催された「第18回日本認知症ケア学会大会」にて発表した「中鎖脂肪酸の新たな研究成果」の内容を明らかにした。 3つの症例から改善内容が明らかに介護老人保健施設に入所してい…

続きを見る

介護をきっかけに健康のための栄養成分を気にする

未来のアクティブシニアへのアンケートアクティブシニア「食と栄養」研究会が、食と栄養素を中心とした現在の生活状況と意識に関するアンケート調査を実施した。対象者は健康意識の高い未来のアクテブシニア(45~64歳)の男女。3割が介護中・介護経験が…

続きを見る

認知症予防ソリューションのブレインケア 軽度認知障がいプロジェクト…

キャピタルメディカ・ベンチャーズと提携ブレインケア株式会社は、6月14日、株式会社キャピタルメディカ・ベンチャーズと業務提携し、認知症に関する研究を開始すると発表した。 ブレインケアは、認知症予防ソリューションや医療データ解析を提供する企…

続きを見る

人間らしいケア「ユマニチュード」に関するアンケート調査結果を発表

今、注目を浴びる介護技術ウェルクスは、6月7日、フランス生まれの介護技術で、人間らしいケアと称される「ユマニチュード」の認知度と活用状況、実際の効果について、認知症の介護経験者100名を対象にアンケート調査を実施したことを発表した。 結果…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る