介護・福祉の最新ニュース

「認知症カフェ」前年より70カ所増加 静岡県

2017-05-18 17:00

前年比70カ所増加
静岡県は、5月15日、県内の「認知症カフェ」の取り組みが広がりをみせ、前年比70カ所増加したことを明らかにした。

平成29年4月現在、県内の「認知症カフェ」は、23市町94カ所にのぼり、設置主体は、市町と地域包括支援センターを合わせて24カ所、社会福祉法人が23カ所、その他医療機関やNPO法人、個人などにも徐々に拡大しているという。

カフェ独自の取り組みも
市町別で設置状況をみると、静岡市が24カ所、沼津市が13カ所、富士市が10カ所と続く。

例えば、富士宮市内にある「認知症カフェ」では、認知症キャラバン・メイトが中心になって運営するカフェ、認知症の人と家族の会が中心になって運営するカフェ、さらには認知症の当事者が運営に参画しているカフェがある。

また、伊東市や三島市内にある「認知症カフェ」では、タッチパネル式の脳トレや、認知症の簡易チェックを実施しているところもあり、それぞれ特徴のある取り組みを行っているところも数多い。

「集いの場」の設置を促進
「認知症カフェ」は、認知症の人やその家族、医療や介護の専門職、地域の人など、誰もが気軽に参加できる「集いの場」。

県では、今後も、認知症の研修会や認知症地域支援推進員連絡会、市町ヒアリング等を通じて、優れた事例を紹介し、設置を促進していく考えだ。

(画像は静岡県のホームページより)


▼外部リンク

静岡県 プレスリリース
http://www2.pref.shizuoka.jp/

キーワード: 地域

関連ニュース

「ケアマネマイスター広島」の認定者を決定 広島県

最も優れたケアマネを認定広島県は、12月12日、平成29年度「ケアマネマイスター広島」の認定者を決定し、11月12日、「介護の日フェスタin広島」のメイン行事のひとつとして、広島県庁正面第一駐車場にて認定式を行ったことを発表した。 認定者…

続きを見る

認知症ケアパスできました 門真市

認知症をわかりやすく解説大阪府門真市は、12月8日、「認知症ケアパス(ガイドブック)」が完成したことを発表した。 高齢者の増加を背景に、認知症となる高齢者も増加することが見込まれる。このような状況下、くすのき広域連合門真支所(門真市高齢福…

続きを見る

「高齢者 消費生活110番」でトラブルの相談を受け付け 滋賀県

消費者トラブルの相談近年、高齢者を狙った悪質な業社が増えており、勧誘電話や訪問販売などによる消費者被害が続出している。 滋賀県では高齢者からの相談件数が全体の3割を占めているため、滋賀県消費生活センターが「高齢者 消費生活110番」を設置…

続きを見る

高齢者福祉施設に「足柄茶」400キログラムを寄贈 神奈川県

感謝の気持ちを込めて神奈川県は、12月1日、神奈川県農協茶業センターが、神奈川県高齢者福祉施設協議会の協力を得て、今年も高齢者福祉施設に「足柄茶」を寄贈することを発表した。 この取り組みは、今年で55回目。日頃からお茶を愛飲している人への…

続きを見る

訪問看護師や訪問介護員向け「暴力等お困り相談ひょうご」を設置 兵庫…

離職防止と安全を確保兵庫県は11月28日、「訪問看護師、訪問介護員への暴力等お困り相談ひょうご」を、12月1日より、兵庫県看護協会内に設置することを発表した。 この取り組みは、県が実施する訪問看護師・訪問介護員離職防止や安全確保対策事業の…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る