介護・福祉の最新ニュース

ひとりぐらし・高齢者世帯向け食事サービス 目黒区

2017-05-19 02:00

安否確認を兼ねた配食サービス
東京都目黒区ではひとりぐらしや高齢者世帯に配食サービス・食事サービスを行っている。同サービスは、在宅の高齢者にバランスの良い食事を届けることにより、食の確保と健康を保つこと、また、利用者の安否確認を目的としている。

65歳以上の要介護者もしくは75歳以上の単身者への配食サービス
配食サービスは、昼食か夕食を指定の曜日に手渡しで届ける。対象は65歳以上のひとりぐらし等高齢者登録をしており、要介護1から5、要支援1、2と認定された買物・調理が困難な人、そして75歳以上のひとりぐらし等高齢者登録をしており、近隣に親族が居住していない単身者である。

1日1食普通食利用の場合は271円から784円。糖尿病、腎臓病食、やわらか食、ペースト食、ムース食は340円から8282円。1日2食利用する場合には2食目は自費負担。電話訪問・栄養改善配食サービスとの供給はできない。

65歳以上への週1回食事サービス
週1回の食事サービスは毎週日曜日昼に届けられる。対象は65歳以上のひとりぐらし等高齢者登録をしている人となる。1食につき352円から514円の自己負担。

申し込みは目黒区高齢福祉課または各包括支援センターで受け付けている。

(画像は目黒区HPより)


▼外部リンク

目黒区 ひとりぐらし・高齢者世帯向けサービス
http://www.city.meguro.tokyo.jp/

キーワード: 地域

関連ニュース

認知症介護のお悩み相談会を開催 愛媛県

介護の悩みは一人で抱え込まず分かち合おう愛媛県在宅介護研修センターは6月8日、認知症の介護家族を対象とした限定講座「認知症の介護家族のお悩み相談会~認知症について、一緒に考えましょう」を開催する。 一口に認知症といっても症状の現れ方は多種…

続きを見る

「認知症の人の見守り実証実験事業」にLiveRidge参画 福岡

福岡市との間で協定を締結株式会社LiveRidgeは、2018年4月17日、認知症見守りIoT事業『Fukuoka City LoRaWANを活用した認知症の人の見守り実証実験事業』の協定を、福岡市との間で締結したと発表した。 この事業は…

続きを見る

Zelkova シニア向けパソコン&カルチャー教室「いこいば」開校…

地域包括ケアシステムへの積極的な参加を促す株式会社Zelkovaは、2018年4月20日、宮城県柴田郡柴田町にてシニア向けパソコン&カルチャー教室『パソコン教室 いこいば』を開校したと発表した。 同社は、宮城県内にて2店舗の調剤薬局を経営…

続きを見る

「介護人材新規参入促進事業」で最大6万円を交付 岩手県

介護人材確保と資質向上のため岩手県は、4月16日、介護サービスに従事する介護職員の確保、ならびに資質の向上を図ることを目的として、「平成30年度 介護人材新規参入促進事業」をスタートすることを発表した。 すべての条件をクリアした人に交付こ…

続きを見る

神奈川県と横浜F・マリノスが認知症改善プログラムを開催 神奈川県

「お孫さんと一緒にサッカー教室」を開催神奈川県とJリーグの横浜F・マリノスは4月13日、共同で認知症未病改善プログラムを実施すると発表した。プロのスポーツクラブによる認知症発症リスクの軽減を目的とした取り組みは、全国で初の試み。 認知症高…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る