介護・福祉の最新ニュース

ひとりぐらし・高齢者世帯向け食事サービス 目黒区

2017-05-19 02:00

安否確認を兼ねた配食サービス
東京都目黒区ではひとりぐらしや高齢者世帯に配食サービス・食事サービスを行っている。同サービスは、在宅の高齢者にバランスの良い食事を届けることにより、食の確保と健康を保つこと、また、利用者の安否確認を目的としている。

65歳以上の要介護者もしくは75歳以上の単身者への配食サービス
配食サービスは、昼食か夕食を指定の曜日に手渡しで届ける。対象は65歳以上のひとりぐらし等高齢者登録をしており、要介護1から5、要支援1、2と認定された買物・調理が困難な人、そして75歳以上のひとりぐらし等高齢者登録をしており、近隣に親族が居住していない単身者である。

1日1食普通食利用の場合は271円から784円。糖尿病、腎臓病食、やわらか食、ペースト食、ムース食は340円から8282円。1日2食利用する場合には2食目は自費負担。電話訪問・栄養改善配食サービスとの供給はできない。

65歳以上への週1回食事サービス
週1回の食事サービスは毎週日曜日昼に届けられる。対象は65歳以上のひとりぐらし等高齢者登録をしている人となる。1食につき352円から514円の自己負担。

申し込みは目黒区高齢福祉課または各包括支援センターで受け付けている。

(画像は目黒区HPより)


▼外部リンク

目黒区 ひとりぐらし・高齢者世帯向けサービス
http://www.city.meguro.tokyo.jp/

キーワード: 地域

関連ニュース

介護家族をサポート!「介護マーク」を推進中 男鹿市

「介護中」を知らせるマーク秋田県男鹿市は、11月15日、認知症の人や障がい者の人の介護者が、周囲に「介護中」であることを理解してもらうための「介護マーク」の普及を、推進していることを発表した。 「介護マーク」の活用方法「介護マーク」は、デ…

続きを見る

広島赤十字・原爆病院で看取りについて考える「市民の集い」開催 広島…

介護が必要になったらどうしますか?広島赤十字・原爆病院は11月25日、看取りについて考える「市民の集い」を開催する。 住み慣れた場所で、いつまでも自分らしく過ごしたいと願っても、介護が必要になるなどして自分の希望とは違った形で人生の最期を…

続きを見る

垰田和史氏による「医療・介護の腰痛対策の進め方」 愛媛

職場での腰痛対策の第一人者によるセミナー12月2日(土)愛媛県立医療技術大学で、看護実践セミナー「医療・介護の腰痛対策の進め方」が開催される。対象は、看護職、リハビリテーション関係者、介護等福祉関係者、行政関係者等。 講師は、滋賀医科大学…

続きを見る

野村不動産アーバンネット「高齢者等の見守り活動」で協定を締結 東京…

見守りで地域貢献野村不動産アーバンネットは、11月6日、「都と事業者との連携による高齢者等を支える地域づくり協定」を、東京都と締結したことを発表した。 同社は主に、個人に向け不動産の売買仲介や不動産に関するコンサルティングを行っている。一…

続きを見る

「福祉・介護・健康フェア2017」開催 新潟

学び、体験、感動!生活を豊かにする総合イベント11月19日(日)に「福祉・介護・健康フェア2017in新潟」が開催される。“安心できる暮らしを提案~明日のためにできること、地域包括ケアシステム~”として、各種セミナー、講演会、情報展示コーナ…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る