介護・福祉の最新ニュース

見守りネットワークへの理解を深めるシンポジウム

2017-05-19 10:00

地域の見守りネットワーク推進のためのシンポジウム in 徳島
2017年7月4日(火)、独立行政法人国民生活センターは、「地域の見守りネットワーク推進のためのシンポジウム in 徳島」を、四国大学交流プラザで開催する。

「地域の見守りネットワーク推進のためのシンポジウム in 徳島」では、基調講演のほか、実践報告やパネルディスカッションを実施。

基調講演
基調講演「地域における見守りのカギ -顔の見える関係を目指して!-」では、青木佳之医師(全国地域包括・在宅介護支援センター協議会会長)を講師に迎える。

地域包括支援センターの役割と機能のほか、消費者被害を防止する、地域のネットワークの必要性について、話をする。また、福祉と消費者行政が連携できる可能性や、今後の課題に関しても報告。

実践報告
地域における、見守りネットワークづくりに関する、実践報告も実施。平井俊圭氏(社会福祉法人・伊賀市社会福祉協議会 常務理事)は、福祉の観点から、消費者被害防止を目指す、活動について報告する。

鷹取恵美子氏(板野町消費生活相談所 相談員)は、消費者行政の立場から、板野町が構築する見守り体制、消費生活地域協議会の活用について報告。

拝師徳彦弁護士がコーディネーターを務める、パネルディスカッションも用意。「地域における見守り推進のために私たちにできること」のテーマのもと、青木佳之医師、平井俊圭氏、鷹取恵美子氏と一緒に、議論できる。

参加申し込みは、国民生活センターホームページにて、受け付けている。申し込みの締め切りは、6月16日(金)、対象は、地方公共団体の職員、消費生活相談員など、見守りネットワーク推進に関心のある人。

受講料は950円。受講料の支払いは、実施日に受付(12時50分から13時30分まで)で行う(現金払いのみ)。「地域の見守りネットワーク推進のためのシンポジウム in 徳島」は、13時30分より開始、17時に終了。

会場である、四国大学交流プラザへのアクセスは、JR徳島駅で下車後、徒歩5分。

(画像は独立行政法人国民生活センターのホームページより)


▼外部リンク

独立行政法人国民生活センター
http://www.kokusen.go.jp/

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

第9回ヘルスケア・医療機器開発展 開催

最先端医療を支えるリード エグジビション ジャパン株式会社が主催する、第9回ヘルスケア・医療機器開発展 「MEDIX(メディックス)」が、2018年6月20日(水)~22日(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催される。 品質の高いさまざま…

続きを見る

スマート介護で「吉野家のやさしいごはん(R)うなぎの蒲焼き」の受注…

業務用の新商品プラスは、6月15日、介護福祉施設専用デリバリーサービス「スマート介護」で、「吉野家のやさしいごはん(R)うなぎの蒲焼き」の先行受注を開始したことを発表した。 その人に合った蒲焼きタイプを選択「吉野家のやさしいごはん(R)う…

続きを見る

JVCケンウッドなど 認知症の非薬物療法に特化するAikomiに出…

新しい非薬物療法を提供JVCケンウッドは、6月13日、認知症の非薬物療法に特化した研究開発型ベンチャー企業で、武田薬品工業の元研究者等によって設立された「Aikomi」に対し、武田薬品工業と共同出資を行うことを発表した。 認知症の介護にお…

続きを見る

高齢者・障がい者向けの”大人のよだれかけ”発売

第一弾、大人のためのエプロンニュージーランドのベビー用品・介護用品を販売するノット株式会社は、日本製の自社ブランド「A Little Better(ア・リトル・ベター)」から、大人のよだれかけ「3 WAY食事エプロン」の販売を開始した。 …

続きを見る

「改訂版 認知症に負けないために知っておきたい 予防と治療法」発売…

今とこれからの知識を株式会社幻冬舎ルネッサンス新社が5月8日に発売した、梶川博氏、森惟明氏・著「改訂版 認知症に負けないために知っておきたい、予防と治療法」がただいま発売中だ。 三大疾患のひとつを徹底解説するシリーズ第2弾の改訂版昨今、高…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る