介護・福祉の最新ニュース

リハビリに強い施設とは?介護情報誌「あいらいふ 6月号」を発刊

2017-05-19 16:00

有料老人ホームのリハビリ体制の違いを特集
ザップは、5月18日、介護情報誌「あいらいふ 6月号」を、5月25日に発刊することを明らかにした。

なお、6月号の特集は、「本当にリハビリに強い老人ホームを見抜く『10個の質問』」だ。

主な掲載内容
有料老人ホームのリハビリ体制について、多くの人は、「どこも似かよっていて差はない」と思いがち。

しかし、同系列の老人ホームでも、かなりの違いが見受けられるとして、「誰でもわかる見分け方」を掲載し、ホーム見学時に役立つ質問を、特大イラストでわかりやすく解説した。

また、「これからのサ高住は、ジョイント力」と題し、東京大学・特任教授の辻哲夫さんが、サ高住の問題点と、これからの課題について整理。

さらに、通巻111号記念鼎談、短期集中企画の第1弾として、介護や医療のキーマンが、これからの介護について語った内容を掲載した。

「あいらいふ」は無料
「あいらいふ」は無料の介護情報誌。発行部数は5万部で、市区役所高齢者介護担当窓口・社会福祉協議会・地域包括支援センター・居宅介護支援事業所・訪問看護ステーション・病院・薬局など、1万カ所にて配布されている。

なお、無料取り寄せも可能。申し込みは、「あいらいふ公式サイト」またはフリーダイヤル(0120-007-097)にて受け付け中だ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

ザップ プレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000051.000009232.html

あいらいふ公式サイト
http://i-life.net/lp01/contact/

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

認知症のアセスメントで適切な認知症リハビリテーションを提供

4DAS2017年7月18日、兵庫県は、認知症機能訓練のプログラム「4DAS」をホームページにて、紹介した。 兵庫県西播磨県民局と、兵庫県 西播磨認知症疾患医療センターが開発した、「4DAS」では、対象者を4つの側面(心理症状(BPSD)…

続きを見る

「生活行為に勝る訓練無し!」生活リハビリ研修 広島

理学療法士に学ぶ日本健康医学賛助会員 お茶の水ケアサービス学院では、生活リハビリ研修を開催する。 「生活リハビリ研修 介護現場の第一線で活躍の理学療法士 直伝!」 日時:平成29年8月24日9:30~16:30 場所:広島県健康福祉センター…

続きを見る

「高齢者の食事のあり方」についての研修会 兵庫県

高齢者の食事のあり方一般社団法人 兵庫県老人福祉事業協会は、高齢者向けの食事に関する研修会を開催する。 「高齢者の食事のあり方」 開催日:平成29年8月30日(水) 会場:県福祉センター 2階 203会議室 定員:80名(定員超過の場合は、…

続きを見る

虐待予防についての講演と無料相談

在宅医療における高齢者虐待予防について2017年7月22日、船橋市では、講演「在宅医療における高齢者虐待予防について」を、開催する(入場無料、予約不要、13:30開場)。 14時からは、赤川和弘氏(板倉病院 心療内科/訪問診療部)を講師と…

続きを見る

認知症サポーターになる為の分かりやすい講座

認知症サポーター養成講座2017年8月より毎月1回、「はんしんいきいきデイサービス」は、「認知症サポーター養成講座」を健康カフェ「root cafe」にて、開催する。 第1回は8月9日(水)、第2回は9月13日(水)に開催。1回の受講に参…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る