介護・福祉の最新ニュース

高齢者を狙った特殊詐欺を防止!通話録音装置の無料貸出し

2017-06-17 19:00

2017年7月31日(月)までの期間、大阪府吹田市では、高齢者を対象に、特殊詐欺を防止する為の通話録音装置を無料で貸出す。

この通話録音装置は、固定電話機への設置は簡単で、工事は不要。通話の着信があると、発信相手に対して、警告音声が流し、通話を自動的に録音する。

対象となるのは、吹田市内において、65歳以上の高齢者が1人以上住んでいる高齢者単身世帯、高齢夫婦のみの世帯、日中高齢者のみとなる世帯のいずれか。通話録音装置の貸出しは、1世帯につき、1台限りとする。

申し込み方法
必要事項(郵便番号、住所、氏名(漢字・ふりがな)、生年月日、年齢、貸出し対象の世帯条件、装置を設置する電話番号、日中の連絡先)を、ハガキに記入して、市民総務室まで郵送、もしくは直接持参する。市民総務室の受付時間は、9時から17時30分まで(平日)。

申込み先・問合せ先は、吹田市役所 市民部 市民総務室(〒564-8550 吹田市泉町1-3-40、電話:06-6384-1354、ファックス:06-6385-8300)。

貸出し台数は200台 (応募多数の場合は抽選)。8月中旬に封書にて、結果と受け取り方法を通知。受け取りの時期は、8月下旬以降を予定している。

急増する特殊詐欺
大阪では、特殊詐欺が激増しており、去年(平成28年)の被害額は52億円にも上る。こうした事態を受け、吹田市では、特殊詐欺被害を未然に防止する、取り組みの一つとして、高齢者への通話録音装置の無料貸出しを開始した。

(画像は吹田市のホームページより)


▼外部リンク

吹田市
http://www.city.suita.osaka.jp/

キーワード: 地域

関連ニュース

テレビ電話を活用したきめ細かな見守りサービス

見守りサービスをスタート2018年1月15日、株式会社iSEEDと株式会社i-Mage.は、静岡県西部地区において、見守りサービスを開始することを発表した。 この見守りサービスでは、株式会社iSEEDのIoT見守り機器である、パルモシリー…

続きを見る

フリフリグッパー体操など「物忘れ予防講座」開催 茨城県利根町

認知症と健康寿命を延ばす栄養について学ぶ講座茨城県利根町は2月9日、「第57回もの忘れ予防講座」を開催する。 利根町では認知症に関するもの忘れ予防講座を年3回開催している。第57回となる今回は「認知症」と、「健康寿命を延ばす栄養」について…

続きを見る

地域と行政が協力して見守るネットワーク

地域における要援護者の見守りネットワーク事業2018年1月9日、大阪市はホームページで、「地域における要援護者の見守りネットワーク事業」を紹介した。 「地域における要援護者の見守りネットワーク事業」では、城東区社会福祉協議会に「見守り相談…

続きを見る

医療・介護スタッフ向け「福岡市認知症疾患医療センター研修会」開催 …

医療・介護施設の取り組み報告やディスカッション福岡市城南区の福岡大学病院は2月8日、医療関係者向けの「第16回福岡市認知症疾患医療センター研修会」を開催する。 研修会では、たろうクリニック院長の内田直樹氏、いきいきセンターふくおかで社会福…

続きを見る

済生会横浜市東部病院が「認知症」市民講座を開催 横浜市

認知症ついて正しく理解しよう横浜市鶴見区の済生会横浜市東部病院は2月4日、「認知症」をテーマにした市民講座を開催する。 超高齢社会となった日本では、65歳以上の高齢者の7人に1人が認知症を発症している。今後も認知症患者は増え続けるとされて…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る