介護・福祉の最新ニュース

介護の日にちなみポスター・作文コンテストを開催 高知県

2017-06-17 19:30

子どもたちに、介護について考えてもらう企画
高知県は6月15日、「第8回こうち介護の日」ポスター・作文コンテストを開催すると発表した。11月11日の介護の日にちなんで、次代を担う子どもや学生たちが介護について考え、理解を深めるきっかけとするための企画。

コンテストの応募対象となるのは、高知県内の小学校、中学校、高等学校、特別支援学校の小学部、中学部、高等部の児童および生徒。

介護体験を通じて感じたことや考えたことを表現しよう
応募する作品の内容は、次の4テーマから選ぶ。第1は、高齢者とのふれあいで感じたことや、高齢者へのメッセージ。第2は、学校生活やグループ活動、地域社会などの体験学習などを通じて学んだ「介護」について。

第3は、我が家の「介護」について。第4は、その他、「介護」を通じて感じた喜びや楽しさ、苦労、充実感など、「介護」体験などから得た感想や考え。

ポスターの応募作品規格は、四つ切り画用紙または八つ切り画用紙、もしくはそれに準じる大きさの用紙。作品の裏側の右下に氏名、ふりがな、学校名、学年を必ず記入する。

作文は学校名、名前、題名を除いて、400字詰原稿用紙2~3枚程度。

応募締め切り日は9月8日(金)。最優秀賞と優秀賞の受賞者には、「第8回こうち介護の日イベント」での表彰式にて、表彰状と副賞を贈られる。

(画像は、高知県の公式ホームページより)


▼外部リンク

「第8回こうち介護の日」ポスター・作文コンテストについて - 高知県庁ホームページ
http://www.pref.kochi.lg.jp/

キーワード: 地域

関連ニュース

テレビ電話を活用したきめ細かな見守りサービス

見守りサービスをスタート2018年1月15日、株式会社iSEEDと株式会社i-Mage.は、静岡県西部地区において、見守りサービスを開始することを発表した。 この見守りサービスでは、株式会社iSEEDのIoT見守り機器である、パルモシリー…

続きを見る

フリフリグッパー体操など「物忘れ予防講座」開催 茨城県利根町

認知症と健康寿命を延ばす栄養について学ぶ講座茨城県利根町は2月9日、「第57回もの忘れ予防講座」を開催する。 利根町では認知症に関するもの忘れ予防講座を年3回開催している。第57回となる今回は「認知症」と、「健康寿命を延ばす栄養」について…

続きを見る

地域と行政が協力して見守るネットワーク

地域における要援護者の見守りネットワーク事業2018年1月9日、大阪市はホームページで、「地域における要援護者の見守りネットワーク事業」を紹介した。 「地域における要援護者の見守りネットワーク事業」では、城東区社会福祉協議会に「見守り相談…

続きを見る

医療・介護スタッフ向け「福岡市認知症疾患医療センター研修会」開催 …

医療・介護施設の取り組み報告やディスカッション福岡市城南区の福岡大学病院は2月8日、医療関係者向けの「第16回福岡市認知症疾患医療センター研修会」を開催する。 研修会では、たろうクリニック院長の内田直樹氏、いきいきセンターふくおかで社会福…

続きを見る

済生会横浜市東部病院が「認知症」市民講座を開催 横浜市

認知症ついて正しく理解しよう横浜市鶴見区の済生会横浜市東部病院は2月4日、「認知症」をテーマにした市民講座を開催する。 超高齢社会となった日本では、65歳以上の高齢者の7人に1人が認知症を発症している。今後も認知症患者は増え続けるとされて…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る