介護・福祉の最新ニュース

認知症への理解を深めて見守るネットワーク

2017-07-12 12:00

いまからネット
2017年7月1日、今治市は、認知症高齢者等見守りネットワーク「いまからネット」を、ホームページにて、紹介した。

「いまからネット」では、日頃から、ゆるやかな見守りを実施している。気になる高齢者等がいる場合、地域包括支援センターに連絡することで、認知症高齢者等の早期発見につなげている。

認知症サポーター養成講座
今治市では、「認知症サポーター養成講座」も開催しており、認知症サポーターになった人は、認知症高齢者等の見守り事業に協力する。

協力機関や地域の人を対象とする、「認知症サポーター養成講座」では、認知症の正しい知識を身につけ、認知症サポーターとして、認知症の人や、その家族を見守る。

講師「キャラバン・メイト」による、認知症サポーター養成講座は、90分程度の内容で、料金は無料。

受講者には、「オレンジリング」が配布される。事業所で受講した場合は、店舗等に貼れるステッカー配布。

問い合わせ先は、高齢介護課地域包括支援担当(電話番号:0898-36-1528、ファックス番号:0898-34-5077、メール:kourei@imabari-city.jp、〒794-8511 愛媛県今治市別宮町一丁目4-1)。

協力機関を募集
行方不明が発生した場合、市役所は、行方不明者の情報をメールやファックスにて、配信する。協力が多いほど、行方不明者を早期に発見できる可能性は、高くなる。

(画像は今治市のホームページより)


▼外部リンク

今治市
http://www.city.imabari.ehime.jp/

キーワード: 地域

関連ニュース

介護サポーターに登録できる!介護業務1日体験講座を開催 兵庫県

介護現場の人材確保に兵庫県は、9月19日、介護の現場を知ってもらい、継続的に介護現場の情報提供を受けることで、介護業界への就職につなげることを目的に、「ひょうご介護サポーター研修(介護業務1日体験講座)」を開催することを発表した。 「ひょ…

続きを見る

認知症について学ぶセミナー開催 大阪市

市大病院が認知症をテーマにしたセミナーを開催認知症は誰もがかかりうる病気といわれており、加齢が危険因子ともいわれていることから、誰もが大きな関心を寄せている。 そこで大阪市立大学医学部附属病院は一般市民に向けたセミナー、「第1回認知症セミ…

続きを見る

特許出願「河内晩柑果汁飲料」が認知症改善に効果あり 愛媛県

河内晩柑の皮が認知症に効果愛媛県は9月15日、「河内晩柑果汁飲料」が認知症改善に効果があることが認められたとして、愛媛県、松山大学、愛媛大学、えひめ飲料が共同で特許出願を行ったと公表した。 河内晩柑の皮には、オーラプテンという機能成分が多…

続きを見る

高齢者の家庭内事故にご注意 東京都

事故は家庭内のいたるところで起こる可能性あり高齢者は身体機能の低下などにより、住み慣れた家庭内でも転倒などの事故を起こしやすい。家庭内の事故は骨折など重篤化する恐れも高く、それが原因で寝たきりになる事例も少なくない。 このような背景から東…

続きを見る

最高齢は110歳!百歳以上の高齢者の状況を発表 大阪府

女性が圧倒的多数大阪府は、9月15日、府内の百歳以上高齢者の状況(9月1日現在)について、取りまとめた結果を発表した。   これは、高齢者保健福祉月間期間中に実施される取り組みの一環。府内百歳以上高齢者数は、男性が344人、女性が3,215…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る