介護・福祉の最新ニュース

「まほろば生き生き安心ノート」を配布 奈良県

2017-07-14 20:15

認知症の人と家族をサポート
奈良県は、7月10日、認知症の人と家族を支える情報共有ツール「まほろば生き生き安心ノート」を作成したことを発表した。

ノートは5項目で構成
「まほろば生き生き安心ノート」は、認知症の人における、これまでの生活や現在の状態、思いなどを記入するノート。

このノートの基本的な構成は、国立長寿医療研究センター制作のものを使用し、医療・介護関係者等の意見をもとに、一部奈良県版として改編した。

ノートは、わたし自身のページ、わたしの医療・介護のページ、わたしの思いや希望のページ、連絡票のページ等、5つの項目で構成。本人や家族、医療・介護関係者が記載し、情報を共有するものとして期待が寄せられる。

認知症になっても安心して暮らし続けるために
県では、ノートを通じ、本人を支える家族、医療関係者、介護関係者などが本人の情報を共有し、本人・家族が安心して医療や介護などの支援を受けられるよう、サポートしたい考えだ。

なお、「まほろば生き生き安心ノート」は、市町村担当課、地域包括支援センター、認知症疾患医療センターにて配布。配布対象者は、認知症であることを、本人・家族とも受け入れている人とし、発行機関が、ノートの趣旨や活用方法を説明したうえで配布する予定である。

(画像は奈良県のホームページより)


▼外部リンク

奈良県 プレスリリース
http://www3.pref.nara.jp/

キーワード: 地域

関連ニュース

神戸デジタル・ラボ「介護・リハビリロボット」公募に採択 神戸市

対象は介護・リハビリロボット神戸デジタル・ラボは、7月19日、「介護予防運動提供システム」が、神戸市の「平成29年度『神戸介護・リハビリロボット実用化開発費補助制度』」に採択されたことを発表した。 なお、この制度は、市内産業の振興の推進や…

続きを見る

職場のストレスをなくすメンタルヘルス研修を開催 愛知県

職場の人間関係に悩む方におすすめ愛知県は7月18日、「介護従事者のメンタルヘルス研修」の参加者の募集を開始した。参加料は無料。 「働きがい」を求めて介護の仕事を選ぶ人が多い一方で、仕事を辞めた理由のトップが「職場の人間関係に問題があったた…

続きを見る

あたまイキイキ音読教室を開催 福井県

音読で脳を若々しく保とう!福井県は8月のシニアいきいきセミナー「あたまイキイキ音読教室」と、月替り本の特集を開催する。 福井県立図書館が実施するもので、シニア世代が生き生きと暮らすための手助けとして、暮らしに役立つ本を紹介するとともに、毎…

続きを見る

高齢者虐待防止普及啓発の広告を募集

高齢者虐待防止普及啓発リーフレットの広告2017年7月31日までの期間、大阪市は、高齢者虐待防止普及啓発リーフレットの広告を、募集する。 リーフレットの掲載面のレイアウトは、大阪市のホームページにある、別紙を参照。枠数は1枠、色数は4色刷…

続きを見る

シーディアイと豊橋市 人工知能によるケアプラン作成の共同研究開始

自立を促す介護へ株式会社シーディアイが愛知県豊橋市と、人工知能によるケアプラン作成の実証プロジェクトを行う協定を締結した。同社は人工知能を使った高齢者の自立支援型介護を目指している。 人工知能によるケアプラン作成の共同研究豊橋市との共同研…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る