介護・福祉の最新ニュース

「まほろば生き生き安心ノート」を配布 奈良県

2017-07-14 20:15

認知症の人と家族をサポート
奈良県は、7月10日、認知症の人と家族を支える情報共有ツール「まほろば生き生き安心ノート」を作成したことを発表した。

ノートは5項目で構成
「まほろば生き生き安心ノート」は、認知症の人における、これまでの生活や現在の状態、思いなどを記入するノート。

このノートの基本的な構成は、国立長寿医療研究センター制作のものを使用し、医療・介護関係者等の意見をもとに、一部奈良県版として改編した。

ノートは、わたし自身のページ、わたしの医療・介護のページ、わたしの思いや希望のページ、連絡票のページ等、5つの項目で構成。本人や家族、医療・介護関係者が記載し、情報を共有するものとして期待が寄せられる。

認知症になっても安心して暮らし続けるために
県では、ノートを通じ、本人を支える家族、医療関係者、介護関係者などが本人の情報を共有し、本人・家族が安心して医療や介護などの支援を受けられるよう、サポートしたい考えだ。

なお、「まほろば生き生き安心ノート」は、市町村担当課、地域包括支援センター、認知症疾患医療センターにて配布。配布対象者は、認知症であることを、本人・家族とも受け入れている人とし、発行機関が、ノートの趣旨や活用方法を説明したうえで配布する予定である。

(画像は奈良県のホームページより)


▼外部リンク

奈良県 プレスリリース
http://www3.pref.nara.jp/

キーワード: 地域

関連ニュース

介護現場で頑張るあなたを応援!「電話相談窓口」を開設中 高知県

介護職員の悩みを相談できる場所高知県は、2月16日、同県介護福祉士会への委託により、「介護職員電話相談窓口」を開設中であることを発表した。 主な取り組み概要「介護職員電話相談窓口」では、豊富な介護の知識と現場経験を有する相談員が、業務内容…

続きを見る

介護者の負担を軽減できるケア技法

ユマニチュード(R)2018年2月14日、株式会社エクサウィザーズは「ユマニチュード(R)」を紹介した。 ケア技法「ユマニチュード(R)」とは、知覚や感情、言語による包括的なコミュニケーションをベースにしている。 「ユマニチュード(R)…

続きを見る

まずはできることから!「認知症サポーター養成講座」

認知症サポーター養成講座2018年2月27日、ケア24梅里は、家族介護教室「認知症サポーター養成講座」を開催する。 「認知症サポーター養成講座」は、認知症サポーターを養成することを目的とする。講師は「ケア24梅里」の職員が務める。 認知…

続きを見る

大阪読売防犯協力会と「高齢者にやさしい地域づくり推進協定」を締結 …

安心できる街づくり大阪府は、2月13日、認知症徘徊行動等による行方不明高齢者の早期発見・保護への協力や見守り等を通じた、高齢者にやさしい地域づくりの実現を目指し、大阪読売防犯協力会と、「高齢者にやさしい地域づくり推進協定」を締結したことを発…

続きを見る

県による認証制度「信州ふくにん」をスタート長野県

介護や福祉人材の確保に長野県は、2月13日、県内で介護保険サービス、障がい福祉サービス及び児童福祉サービスを運営する法人を対象に「信州福祉事業所認証・評価制度(略称、信州ふくにん)」をスタートすることを発表した。 制度の概要これは、介護や…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る