介護・福祉の最新ニュース

「認知症を共に考える」 東北文化学園大学開催

2017-07-15 06:00

認知症対策プロジェクト 8月27日、仙台で実施
東北文化学園大学が、8月27日に認知症対策プロジェクト「認知症を共に考える」を仙台で開催する。認知症の理解と対応への知識を学び、考える講演、パネルディスカッションを実施。

プログラム内容
講演は荒井啓行 東北大学教授(日本認知症学会理事/日本認知症予防会理事/日本老年医学会理事・東北支部長等)による「認知症医療最前線~現状と今後の課題~」を行う。

パネルディスカッションは「認知症の予防そして治療へ」。高木大輔准教授の「作業バランスからみた予防の可能性」、北川公路准教授の「応用行動分析学を通してケアを考える」、津田丈秀教授の「アロマ療法を応用した治療の開発」を実施。

高齢化が進み、認知症対策が大きな課題となっている。認知症の人の意思が尊重され、よい環境でできる限り長く、住み慣れた地域で自分らしく生活できるように、共に考え学ぶプログラムである。

開催概要
同プロジェクトは、8月27日(日)14:00~16:30、仙台市シルバーセンター(宮城県仙台市青葉区花京院1丁目3-3-2)で開催。定員80人(先着順)、参加費無料。参加希望者は、ハガキ、FAX、メールのいずれかで、東北文化学園大学 地域連携センターへ申し込む。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

東北文化学園大学 ニュース
http://www.tbgu.ac.jp/top-news/15577/

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

脳活性化メゾットを体験するイベント「シナプソロジーフェスタ」開催

笑顔が生まれるプログラム株式会社ルネサンスは、同社が開発した脳活性化メソッド「シナプソロジー」のイベント「シナプソロジーフェスタ」を開催する。 シナプソロジーを知っている人も、初めての人でも、気軽に参加でき、気軽に楽しく参加することができ…

続きを見る

無料の介護情報誌「あいらいふ 2018年2月号」を発刊

老人ホーム選びに失敗しない心得を伝授ザップは、1月17日、介護情報誌「あいらいふ 2018年2月号」を、1月25日(木)に発刊することを発表した。 主な内容紹介2月号では、前号に続いて、編集部が伝えたい11個の「見学準備のポイント」を掲載…

続きを見る

刻まない介護食「モバイルプラス やわら御膳」関東エリアでも提供開始

エリアを拡大して課題を解決日清医療食品は、1月10日、近畿エリアの施設にて提供してきた介護食「モバイルプラス やわら御膳」を、関東圏にも拡大して提供をスタートすることを発表した。 現在、多くの施設では、噛む力が弱い高齢者向けに、食事を細か…

続きを見る

業界初!ハンディキャッパーの夢を叶えるクルマが誕生

さらに進化した新型福祉車両ケイワークスは、1月10日、すべてのハンディキャッパーやその家族が「気軽に、安心して、思い立った時にすぐ」アクティブに行動するための、車椅子対応キャンピングカー、新型「Live」を開発したことを発表した。 革命的…

続きを見る

介護スタッフの負担を軽くする見守りサービス登場

富士通が介護事業所向けにサービスを拡充富士通は1月9日、遠隔見守りシステム「FUJITSU IoT Solution UBIQUITOUSWARE 居住者の見守りソリューション」のサービスを拡充し、1月下旬から提供を開始すると発表した。 …

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る