介護・福祉の最新ニュース

「認知症を共に考える」 東北文化学園大学開催

2017-07-15 06:00

認知症対策プロジェクト 8月27日、仙台で実施
東北文化学園大学が、8月27日に認知症対策プロジェクト「認知症を共に考える」を仙台で開催する。認知症の理解と対応への知識を学び、考える講演、パネルディスカッションを実施。

プログラム内容
講演は荒井啓行 東北大学教授(日本認知症学会理事/日本認知症予防会理事/日本老年医学会理事・東北支部長等)による「認知症医療最前線~現状と今後の課題~」を行う。

パネルディスカッションは「認知症の予防そして治療へ」。高木大輔准教授の「作業バランスからみた予防の可能性」、北川公路准教授の「応用行動分析学を通してケアを考える」、津田丈秀教授の「アロマ療法を応用した治療の開発」を実施。

高齢化が進み、認知症対策が大きな課題となっている。認知症の人の意思が尊重され、よい環境でできる限り長く、住み慣れた地域で自分らしく生活できるように、共に考え学ぶプログラムである。

開催概要
同プロジェクトは、8月27日(日)14:00~16:30、仙台市シルバーセンター(宮城県仙台市青葉区花京院1丁目3-3-2)で開催。定員80人(先着順)、参加費無料。参加希望者は、ハガキ、FAX、メールのいずれかで、東北文化学園大学 地域連携センターへ申し込む。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

東北文化学園大学 ニュース
http://www.tbgu.ac.jp/top-news/15577/

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

所要時間は約10分 腰痛改善法も身につく整体院が人気 千葉県

看護師の腰痛を軽減アフター整体院は、7月25日、腰痛持ちの30代看護師の来院が、2年間で全来院者の3、4割を占めるまでに急増していることを発表した。 看護師のなかには、腰痛持ちが比較的多いとされているが、多忙なため、予防や対処法の知識はあ…

続きを見る

高齢者を見守る「みまもーら」 都心部で半径3Km圏内の受発信を確認

南青山のウィン青山を中心とした3Km圏内で確認株式会社みまもーらが開発した高齢者見守りデバイス「みまもーら」の通信実験を7月3日に実施し、ウィン青山(東京都港区南青山)を中心に半径3Km圏の受発信を確認した。今回確認できたのは、渋谷ヒカリエ…

続きを見る

認知症のアセスメントで適切な認知症リハビリテーションを提供

4DAS2017年7月18日、兵庫県は、認知症機能訓練のプログラム「4DAS」をホームページにて、紹介した。 兵庫県西播磨県民局と、兵庫県 西播磨認知症疾患医療センターが開発した、「4DAS」では、対象者を4つの側面(心理症状(BPSD)…

続きを見る

「生活行為に勝る訓練無し!」生活リハビリ研修 広島

理学療法士に学ぶ日本健康医学賛助会員 お茶の水ケアサービス学院では、生活リハビリ研修を開催する。 「生活リハビリ研修 介護現場の第一線で活躍の理学療法士 直伝!」 日時:平成29年8月24日9:30~16:30 場所:広島県健康福祉センター…

続きを見る

「高齢者の食事のあり方」についての研修会 兵庫県

高齢者の食事のあり方一般社団法人 兵庫県老人福祉事業協会は、高齢者向けの食事に関する研修会を開催する。 「高齢者の食事のあり方」 開催日:平成29年8月30日(水) 会場:県福祉センター 2階 203会議室 定員:80名(定員超過の場合は、…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る