介護・福祉の最新ニュース

ソフトバンク 自治体を超えたサービス「オレンジセーフティネット」を提供

2017-07-16 13:00

厚労省の取り組みを推進
ソフトバンクは、7月13日、厚生労働省が取り組んでいる「認知症高齢者等見守り事業」に協力するにあたり、全国キャラバン・メイト連絡協議会と連携して、スマートフォンを活用した全国横断的な「認知症高齢者の見守り支援サービス」をスタートすることを発表した。

主なサービス概要
同社は、全国の認知症サポーターの活動を支援するため、認知症高齢者の人の見守りを支援する、スマートフォン専用アプリケーション「オレンジセーフティネット」(以下、「OSN」)を独自に開発。

行方不明者を捜すための情報は、事前の設定により一定範囲内にいる協力者に加え、距離設定の機能により、範囲を広げて他自治体にいる協力者にも通知が可能だ。

また、チャット機能搭載により、グループトークによる協力者間での情報共有ができるうえ、行方不明者に関する個人情報の取り扱い管理にも十分な配慮を施したという。

自治体を越えた取り組みをスタート
高齢化社会の進展により、認知症もしくはそれが疑われる人の行方不明者数は、全国で年間約1万5,000人以上といわれている。

しかし、他の自治体などへの長距離に及ぶ徘徊は、家族や各地域・自治体の見守り範囲をはるかに超えていることから、自治体を越えた広域連携での見守り支援活動のネットワーク化が望まれていた。

なお、2017年8月、全国キャラバン・メイト連絡協議会は、「オレンジセーフティネット都道府県・市区町村説明会」を開催。ソフトバンクは、「OSN」の開発者として参加する予定である。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

ソフトバンク プレスリリース
https://www.softbank.jp/

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

認知症チェックキット「はからめ」 帰省シーズンに向け特価キャンペー…

8月末まで数量限定での提供株式会社グローバルエンジニアリングは、7月18日、認知症チェックキット『もの忘れアルかなチェック はからめ』の特価販売キャンペーンを開始したと発表した。 『はからめ』は、認知症と嗅覚の関係性に着目した簡易チェック…

続きを見る

介護保険既定の単位数を超える人未認定の人でも利用できる『わっかサロ…

未認定の人でも利用できる高齢者サロン「特定非営利活動法人わっか」は、介護保険既定の単位数を超える人、未認定の人でも利用できる『わっかサロン』を千葉県八千代市にオープンさせた。 同サロンは「わっかのいえ」の1階にできた高齢者サロンとなる。 …

続きを見る

日本セラピューティック・ケア協会17年の歩みをふりかえる「活動紹介…

パネル展を初めて開催認定NPO法人日本セラピューティック・ケア協会は、7月23日(日)~31日(月)、福岡県太宰府市で17年の歩みをふりかえる「活動紹介写真パネル展」を開催する。会場は、いきいき情報センター市民ギャラリー、入場料は無料だ。 …

続きを見る

リハビリ専門職向け実践BOOK「季刊誌リハージュ」創刊

リハビリを中心に紹介株式会社QOLサービスは、リハビリ専門職向け「季刊誌リハージュ」を創刊した。同書籍は、疾患に応じたトレーニング、シーティングの実践方法、意欲低下されている人とのコミュニケーションの取り方など職場ですぐに実践できる内容を紹…

続きを見る

どんな環境でも活用できる介護技術研修 東京都

移乗・応用編お茶の水ケアサービス学院では、「移乗」に関する介護フォローアップ研修を開催している。 「どんな環境でも活用できる介護技術研修(移乗・応用編)」 日時:平成29年8月2日 9:30~16:30 場所:お茶の水ケアサービス学院(東京…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る