介護・福祉の最新ニュース

今村病院が職員の働き方改革にチャレンジ

2017-07-21 18:00

職員の健康管理を強化
佐賀県の今村病院が、職員の働き方改革の実証トライアルを実施する。メディロムが7月18日、マインドフルヘルスと共同で実施すると発表した。

今村病院では職員の健康管理やストレス対策に注力しており、今回その一環として医療現場で活躍するスタッフの働き方改革に取り組む。

スマートフォンを活用した、ていねいな指導
実証トライアルでは、マインドフルヘルスの山下あきこ医師が指導を行う全8回のマインドフルネスセミナーと連携しており、日常的な健康管理や生活指導は、スマートフォンから体質改善はプログラム「メディテス」を活用して行う。

体質改善プログラム「メディテス」に参加するのは今村病院で働く10名の職員。全員が防水で電池式のウエアラブル活動量計を着用し、毎日の活動量と睡眠深度のデータを収集・分析する。

さらにメディテス専用のスマートフォンアプリで日々の食事や体調の報告を行うと、それぞれに最適な生活改善指導が受けられる。

月1回行われるマインドフルネスセミナーで取得したセルフメンタルケアに加え、毎日のチャット指導によって、無理なく生活習慣を改善し、体質改善を目指す。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

株式会社メディロムのプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000079.000016099.html

今村病院のホームページ
http://www.josuikai.or.jp/

キーワード:

関連ニュース

「HEISEI KAIGO LEADERS」が目標金額達成

目標金額達成株式会社Join for Kaigoが運営する、介護に志を持つ若者の日本最大級のコミュニティ「HEISEI KAIGO LEADERS(へいせいかいごりーだーず)」は、国内最大のクラウドファンディングサービス「Readyfor(…

続きを見る

三井不動産グループ シニア向けのサービスレジデンスを新開発

新ブランド名は「パークウェルステイト」三井不動産レジデンシャル、ならびに三井不動産レジデンシャルウェルネスは、7月18日、シニアのためのサービスレジデンス「パークウェルステイト」を新開発することを発表した。 三井不動産レジデンシャルは建物…

続きを見る

東大 軽度認知障がいにおける認知機能低下の加速因子を同定

認知症の前段階と考えられる軽度認知障がい東京大学大学院医学系研究科は、2018年7月17日、軽度認知障がいにおける認知機能低下の加速因子を同定したと発表した。 軽度認知障がいは、認知機能が同年齢と比較して有意に低下しているが、日常生活では…

続きを見る

介護職員向け「介護ロボットの体験実習」を開催 埼玉県

介護ロボット時代が到来埼玉県は、7月17日、介護施設のリーダーや介護職員の人などを対象に「介護ロボット導入・活用講習」を無料開催することを発表した。 開催概要「介護ロボット導入・活用講習」は、8月21日(火曜日)10時00分から16時00…

続きを見る

高齢者介護を身近に感じさせる「マスコットキャラクター」を募集

幅広いアイデアに期待NSGグループの「はあとふるあたご」は、会社への親しみや、高齢者介護への親近感を持ってもらいという願いから、マスコットキャラクターを募集中である。 高齢者の介護を身近にマスコットキャラクターの応募資格は、プロアマ・地域…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る