介護・福祉の最新ニュース

介護施設の「落とし穴」とは 「老人ホーム見学ハンドブック」新発売

2017-08-04 20:00

大反響を呼んだ本が再登場
ザップは、8月10日、月刊あいらいふ「別冊・老人ホーム見学ハンドブック 2017年8月」を発売する。

昨年7月、同様の本を初版1万部発売。大反響だったことから、今回は、新章を増補して、さらに「パーフェクト見学ツール」付きで、新たに発売するという。

困りごとから探す
「別冊・老人ホーム見学ハンドブック 2017年8月」は、新章として、「困ったことから探す『見学すべき老人ホーム』ナビ」を掲載。2つの見開きイラストから、見学すべき老人ホームを最短距離で導く。

また、「リハビリに強いホームの見分け方」では、同系列の老人ホームでも違いがあることを説明したほか、認知症・半身マヒ・誤嚥(ごえん)性肺炎など、老人ホームに入居する「困っていること」という観点から、見学のポイントを6つの特大イラストで解説。

さらに、「見学チェックリスト&試算表」を掲載し、見学前、見学時、見学後、すべてのシチュエーションで役立つポイントを一覧にした。

絶対見つかるベストな老人ホーム
老人ホーム選びのコツは、「困っていること」から探すこと。同社では、この本を読めばベストな老人ホームが、必ず見つかるとしている。

なお、「別冊・老人ホーム見学ハンドブック 2017年8月」は今回、2万5,000部発行。価格は、324円(税込み)で、あいらいふ公式サイト等から購入可能だ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

ザップ プレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/000000056.000009232.html

あいらいふ公式サイト
https://i-life.net/

ザップ ホームページ
http://www.zap-zap.co.jp/

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

認知症予防・ストレス解消に役立つ「ハンドコミュニケア」提供開始

日本初地域ファンド出資第1号会社株式会社コミナスが、認知症予防やストレスマネジメントに役立つサービス「ハンドコミュニケア」の提供を開始した。 同社は、埼玉県東松山市と埼玉りそな銀行、ベンチャー企業支援のPE&HRが設立した日本初の地域ファ…

続きを見る

介護ロボットを実際に使って知識を深める講習

介護ロボットを使いこなそう!2017年9月14日(木)、埼玉県では介護の仕事をしている人を対象に、介護ロボット導入・活用講習「介護ロボットを使いこなそう!」を開催する。 10時からは、関口史郎氏(介護ロボット経営実践会)による、研修「ロボ…

続きを見る

「第13期横浜支援助言士(コミュニティ・カウンセラー)養成講座」開…

全40時間でコミュニティ・カウンセラー資格取得一般社団法人日本支援助言士協会が、9月2日~12月10日、計40時間の「第13期横浜支援助言士(コミュニティ・カウンセラー)養成講座」を実施する。コミュニティ・カウンセラーは問題に応じ、相談者の…

続きを見る

日本初!介護者ニーズに対応する「医療用医薬品」が登場

安心と思いやりの医薬品を新開発東和薬品は、8月15日、2色で製品名印刷を行った医療用医薬品の錠剤を新たに開発したことを発表した。 この取り組みは日本初。薬の飲み間違いや、飲み忘れを防ぐため、薬の識別性を高めた製品名印刷が求められているのを…

続きを見る

参加体験型研修会「機能訓練トレーニングの工夫」 大阪

効果を出す!成果を出す!日本通所ケア研究会は、機能訓練トレーニングに関する研修会を開催する。 「機能訓練トレーニングの工夫 参加体験型研修会2017」 日時:2017年8月27日(日)10:00~17:00 場所:堺市産業振興センター(大阪…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る