介護・福祉の最新ニュース

社会福祉士国家試験 来年2月4日に実施

2017-08-08 19:00

第30回社会福祉士国家試験の概要を公表
厚生労働省は8月4日、第30回社会福祉士の国家試験について発表した。試験の実施日は、来年の2月4日(日)。

なお社会福祉士の国家試験を受験するには、社会福祉士及び、介護福祉士法第7条及び同法施行規則第1条の2に規定されている条件をクリアしている必要がある。

「受験の手引」を請求しよう
受験希望者は、「受験の手引」を社会福祉振興・試験センターのWebサイト又は郵便にて請求し、手引きの内容を確認して必要書類を整え、受付期間内に郵送で提出する。

受験申込書の受付期間は9月7日(木)~10月6日(金)までで、当日消印有効。受験書類の提出先は社会福祉振興・試験センター(150-0002 東京都渋谷区渋谷1丁目5番6号)。

なお「受験の手引」は請求してから自宅に届けられるまでに数日かかるため、遅くとも受付期間締め切りの1週間前(9月29日)までに請求してほしいとのことだ。

受験手数料は一般受験者が1万5,440円、精神保健福祉士との同時受験者が1万3,980円、科目免除者が1万3,020円。昨年までに比べて、倍額以上の引き上げが行われている。

合格者の発表は、来年の3月15日(木)午後の予定だ。

(画像は、社会福祉振興・試験センターのホームページより)


▼外部リンク

厚生労働省のプレスリリース
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000171154.html

社会福祉士国家試験 - 公益財団法人 社会福祉振興・試験センター
http://www.sssc.or.jp/shakai/index.html

キーワード: 介護保険制度・政府

関連ニュース

3月審査分「介護給付費等実態調査月報」を発表 厚労省

受給者総数は約21万人減少厚生労働省は、5月30日、介護給付費等実態調査月報(平成30年3月審査分)を発表した。 全国の受給者総数は、介護予防サービスでは、71万1,400人、介護サービスでは421万2,900人となり、総計で492万4,…

続きを見る

2020年度末までに必要な介護人材216万人-厚生労働省

2025年度末には約245万人が必要厚生労働省は5月21日、第7期介護保険事業計画において、介護人材の必要数などの試算した結果を公表した。 厚生労働省では介護サービス計画として、2018年から2020年までは第7期、2021年から2023…

続きを見る

介護保険事業状況報告の概要(平成30年2月暫定版)を発表 厚労省

高齢者は49万人増厚生労働省は、5月11日、介護保険事業状況報告の概要(平成30年2月暫定版)を発表した。 2月末現在、第1号被保険者数は、3,484万人。昨年同時期が3,435万人であったため、年間49万人増加した結果となった。 結果…

続きを見る

日本の介護食品「スマイルケア食」を海外へ 農水省

会議は非公開にて実施農林水産省は、5月9日、同省第3特別会議室において、「スマイルケア食海外展開プロジェクト 第1回会合」を開催した。 これに先立ち同省は、「スマイルケア食」をはじめとする介護食品の輸出促進に向け、現地ニーズの把握、現地関…

続きを見る

最新版「介護給付費等実態調査月報」を発表 厚労省

受給者総数は約20万人減少厚生労働省は、4月27日、介護給付費等実態調査月報(平成30年2月審査分)を発表した。 全国の受給者総数は、介護予防サービスでは、73万5,000人、介護サービスでは423万3,700人となり、総計で496万8,…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る