介護・福祉の最新ニュース

日本初本格的な遠隔診療サービス 順天堂医院開始

2017-08-10 20:00

認知症やパーキンソン病により通院困難な患者を対象
順天堂大学医学部付属順天堂医院 脳神経内科が、認知症やパーキンソン病によって通院困難な神経疾患、慢性疾患の患者に遠隔診療サービスを開始する。同サービスは日本初の本格的な遠隔診療。IBMの遠隔診療支援アプリを使用して行う。

患者や家族の通院に対する身体的・経済的負担を軽減
同サービスが実施されることにより、患者と家族の通院にかかる身体的および経済的負担が大幅に軽減する。また、患者、家族、患者宅をサポートする医療・介護関係者との情報共有により、遠方の患者に効率よく最適な診療サービスを提供。医療、介護関係者も主治医の顔を合わせながら話すことができ、通院での対面診療と変わらず信頼関係を築くことができる。

患者の映像と音声により、在宅、外出先の状態を把握し処方内容の参考とする。主治医から薬剤師に送られてきた処方箋によって、薬を最寄りの薬局で受け取ったり、在宅診療報酬により患者宅に薬を配達したりすることも可能。地域の診療所との連携ができるようになる。

数か月に1度は通院し、次回以降の遠隔診察予約をすることになる。様々な医療・介護現場でのデータが蓄積され、今後、ビッグデータ分析に基づく個人向けアドバイスを提供することを目指している。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

学校法人順天堂 プレスリリース
http://www.juntendo.ac.jp/

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

認知症予防・ストレス解消に役立つ「ハンドコミュニケア」提供開始

日本初地域ファンド出資第1号会社株式会社コミナスが、認知症予防やストレスマネジメントに役立つサービス「ハンドコミュニケア」の提供を開始した。 同社は、埼玉県東松山市と埼玉りそな銀行、ベンチャー企業支援のPE&HRが設立した日本初の地域ファ…

続きを見る

介護ロボットを実際に使って知識を深める講習

介護ロボットを使いこなそう!2017年9月14日(木)、埼玉県では介護の仕事をしている人を対象に、介護ロボット導入・活用講習「介護ロボットを使いこなそう!」を開催する。 10時からは、関口史郎氏(介護ロボット経営実践会)による、研修「ロボ…

続きを見る

「第13期横浜支援助言士(コミュニティ・カウンセラー)養成講座」開…

全40時間でコミュニティ・カウンセラー資格取得一般社団法人日本支援助言士協会が、9月2日~12月10日、計40時間の「第13期横浜支援助言士(コミュニティ・カウンセラー)養成講座」を実施する。コミュニティ・カウンセラーは問題に応じ、相談者の…

続きを見る

日本初!介護者ニーズに対応する「医療用医薬品」が登場

安心と思いやりの医薬品を新開発東和薬品は、8月15日、2色で製品名印刷を行った医療用医薬品の錠剤を新たに開発したことを発表した。 この取り組みは日本初。薬の飲み間違いや、飲み忘れを防ぐため、薬の識別性を高めた製品名印刷が求められているのを…

続きを見る

参加体験型研修会「機能訓練トレーニングの工夫」 大阪

効果を出す!成果を出す!日本通所ケア研究会は、機能訓練トレーニングに関する研修会を開催する。 「機能訓練トレーニングの工夫 参加体験型研修会2017」 日時:2017年8月27日(日)10:00~17:00 場所:堺市産業振興センター(大阪…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る