介護・福祉の最新ニュース

在宅高齢者の増加に伴い 在宅配食サービス増加

2017-08-12 13:00

2016年度のメディカル給食・在宅配食サービス市場に関する調査
株式会社矢野経済研究所がメディカル給食・在宅配食サービス市場に関する調査を実施した。メディカル給食・在宅配食サービス事業者、病院、特別養護老人ホーム、老人保健施設、関連団体等を対象に、2017年4月から6月までに調査している。

メディカル給食は病院給食(入院患者・病院職員給食)と高齢者施設給食(入所高齢者・施設職員給食)を、在宅配食サービスは在宅の高齢者、身体障がい者、糖尿病・肝臓病等の在宅患者等に定期的に食事を宅配するサービスを指す。

メディカル給食・在宅配食サービス今後も増える見込み
2016年度のメディカル給食、在宅配食サービスの売上高は前年比101.3%の2兆2,011億円であった。

病院給食は前年度比99.3%の1兆1,776億円。病院数、病床数が微減傾向にあるため、今後も病院給食は減少する見込み。外部委託も人手不足、食材費の高騰により減少傾向である。

高齢者給食は前年度比103.4%の9,045億円。有料老人ホームの施設数が増加し、新規施設は給食委託をするところが多いため、外部委託率は上昇するとみられる。

在宅配食サービスは前年度比106.3%、1,190億円であった。地方自治体が補助し利用者個人が一部負担するサービスは、公的補助の減額・廃止等により微増となっている。また、在宅高齢者の増加に伴い、在宅配食サービスはさらに増加すると予測している。

(画像は株式会社矢野経済研究所HPより)


▼外部リンク

株式会社矢野経済研究所 プレスリリース
https://www.yano.co.jp/press/pdf/1716.pdf

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

介護レク広場オンラインショップにてDVD「プラスダンス」を販売開始

介護福祉施設などでいつでもダンスが踊れるBCC株式会社の社内カンパニーであるスマイル・プラスカンパニーは、プラス株式会社の介護福祉施設向けデリバリーサービス「スマート介護」と「一般社団法人世界ゆるスポーツ協会」で協業して制作したDVD「プラ…

続きを見る

78歳の現役女性介護士を起用 「介護職員初任者研修」を開講

中高年者の受講の励みにユノモは、12月13日、「78歳の現役女性介護士」をアドバイザーとして起用した「介護職員初任者研修」の水金コース(週2回全16回)を、2018年1月に開講することを発表した。 メリットは多数介護職員初任者研修(旧ヘル…

続きを見る

「認知症を理解するセミナー」開催 九州

九州の3会場で開催福岡シティ福祉サービスの主催による「認知症の理解とBPSD~認知症の理解と周辺症状、介護記録から介護計画立案まで~」が九州の3会場で開催される。 現在、認知症とくにアルツハイマー型認知症が世界的に問題となっており、日本の…

続きを見る

過去最大規模「高齢者食・介護食の専門展示会」を開催

多くの食品メーカーが出展UBMメディアは、12月8日、業務用・市販用の食品から、配食サービス、高齢者食・介護食を開発するために必要な素材や技術などを一堂に集めた展示会「高齢者食・介護食の専門展示会~メディケアフーズ展2018~」を、過去最大…

続きを見る

音楽健康福祉士養成研修・介護レクリエーションセミナー開催

「スマイル・プラスカンパニー」と「虹の会」の共催BCC株式会社の社内カンパニーとなるスマイル・プラスカンパニーは、公益社団法人「虹の会」と共催で、音楽健康福祉士養成研修ならびに介護レクリエーションセミナーを2017年12月14日に開催する。…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る