介護・福祉の最新ニュース

在宅高齢者の増加に伴い 在宅配食サービス増加

2017-08-12 13:00

2016年度のメディカル給食・在宅配食サービス市場に関する調査
株式会社矢野経済研究所がメディカル給食・在宅配食サービス市場に関する調査を実施した。メディカル給食・在宅配食サービス事業者、病院、特別養護老人ホーム、老人保健施設、関連団体等を対象に、2017年4月から6月までに調査している。

メディカル給食は病院給食(入院患者・病院職員給食)と高齢者施設給食(入所高齢者・施設職員給食)を、在宅配食サービスは在宅の高齢者、身体障がい者、糖尿病・肝臓病等の在宅患者等に定期的に食事を宅配するサービスを指す。

メディカル給食・在宅配食サービス今後も増える見込み
2016年度のメディカル給食、在宅配食サービスの売上高は前年比101.3%の2兆2,011億円であった。

病院給食は前年度比99.3%の1兆1,776億円。病院数、病床数が微減傾向にあるため、今後も病院給食は減少する見込み。外部委託も人手不足、食材費の高騰により減少傾向である。

高齢者給食は前年度比103.4%の9,045億円。有料老人ホームの施設数が増加し、新規施設は給食委託をするところが多いため、外部委託率は上昇するとみられる。

在宅配食サービスは前年度比106.3%、1,190億円であった。地方自治体が補助し利用者個人が一部負担するサービスは、公的補助の減額・廃止等により微増となっている。また、在宅高齢者の増加に伴い、在宅配食サービスはさらに増加すると予測している。

(画像は株式会社矢野経済研究所HPより)


▼外部リンク

株式会社矢野経済研究所 プレスリリース
https://www.yano.co.jp/press/pdf/1716.pdf

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

救命率200%!「助人くん(すけっとくん)」の通信販売をスタート

災害時の課題を解決米生物産は、2月20日、2人乗り万能車椅子「助人くん(すけっとくん)」の通信販売取り扱いをスタートすることを発表した。 非常時では、要介護者や障がい者の人を避難・誘導するには器具の取り出し、個別対応、搬送時の人材不足と多…

続きを見る

毎日飲みやすい高齢者向けの栄養補給飲料登場

バランス献立に新ラインナップ登場アサヒグループ食品は3月6日、高齢者向け栄養補給飲料を新発売する。 新たに登場するのは「バランス献立」の新シリーズ「バランス献立PLUS」のランナップ。「栄養プラス プレーンヨーグルト味」、「栄養プラス バ…

続きを見る

独自の「脳活性化ツール」配布スタート!認知症への対応力強化

専門医が監修総合メディカルは、2月19日、同社グループの薬局が、保健同人社と協同で専門医監修のもと、脳を活性化させるオリジナルツール「Brain Training」を作成し、3月より、薬局で無償にて配付することを発表した。 「Brain …

続きを見る

「発見!認知症予防のカギは『睡眠』だ!」を開催 福岡市

平成4年度から毎年講演会を実施福岡市男女共同参画推進センター・アミカスは、2月16日、病気の知識や健康管理等について学ぶための講演会「発見!認知症予防のカギは『睡眠』だ!」を、南区医師会「区民と医師との会」との共同主催で開催することを発表し…

続きを見る

ナイガイから「着脱しやすいループ付きクルー丈靴下」を発売

靴下の悩みを解決ストッキングなど、レッグウェアを主軸に販売するアパレルメーカーの株式会社ナイガイは、靴下ブランドconcept(コンセプト)より足入れをしやすいループ付きクルー丈靴下を発売する。 悩みを解決するための靴下販売する靴下は、体…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る