介護・福祉の最新ニュース

在宅高齢者の増加に伴い 在宅配食サービス増加

2017-08-12 13:00

2016年度のメディカル給食・在宅配食サービス市場に関する調査
株式会社矢野経済研究所がメディカル給食・在宅配食サービス市場に関する調査を実施した。メディカル給食・在宅配食サービス事業者、病院、特別養護老人ホーム、老人保健施設、関連団体等を対象に、2017年4月から6月までに調査している。

メディカル給食は病院給食(入院患者・病院職員給食)と高齢者施設給食(入所高齢者・施設職員給食)を、在宅配食サービスは在宅の高齢者、身体障がい者、糖尿病・肝臓病等の在宅患者等に定期的に食事を宅配するサービスを指す。

メディカル給食・在宅配食サービス今後も増える見込み
2016年度のメディカル給食、在宅配食サービスの売上高は前年比101.3%の2兆2,011億円であった。

病院給食は前年度比99.3%の1兆1,776億円。病院数、病床数が微減傾向にあるため、今後も病院給食は減少する見込み。外部委託も人手不足、食材費の高騰により減少傾向である。

高齢者給食は前年度比103.4%の9,045億円。有料老人ホームの施設数が増加し、新規施設は給食委託をするところが多いため、外部委託率は上昇するとみられる。

在宅配食サービスは前年度比106.3%、1,190億円であった。地方自治体が補助し利用者個人が一部負担するサービスは、公的補助の減額・廃止等により微増となっている。また、在宅高齢者の増加に伴い、在宅配食サービスはさらに増加すると予測している。

(画像は株式会社矢野経済研究所HPより)


▼外部リンク

株式会社矢野経済研究所 プレスリリース
https://www.yano.co.jp/press/pdf/1716.pdf

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

「ロコモ予防体操イベント」開催 久留米市

日本調剤と九州共立大学との産学連携プロジェクト第1弾全国で調剤薬局を展開している日本調剤薬局株式会社が、九州共立大学と合同で「ロコモ予防体操イベント」を日本調剤 久留米薬局で開催する。同イベントは産学連携プロジェクトとして第1弾となる。 …

続きを見る

自宅介護の限界とは「あいらいふ」11月号発刊

有料老人ホームへの入居をアドバイスザップは、10月18日、月間介護情報誌「あいらいふ11月号」を、10月26日に発刊することを発表した。 11個のサインを解説自宅で介護をする人の中には、「家族間で暴言や暴力がある」「自力で家に戻れない」な…

続きを見る

関西デイサービス協会設立総会開催!~介護保険制度の希望「自立支援介…

設立後初となる総会を開催次期介護保険改正では、デイサービスはさらに厳しさを増すことが予想されている。他方、いまデイサービスの将来に明るい兆しをともす新しい取り組みとして「自立支援介護」、「混合介護」、「ICT・ロボット」、「アジア健康構想」…

続きを見る

英国生まれの「ストレスケア講座」を初開催 枚方市

ストレスの軽減や心身の癒やしに日本セラピューティック・ケア協会は、10月16日、英国赤十字社により考案されたケア法「セラピューティック・ケア」の基礎を学べる入門講座を、大阪府枚方市にて初開催することを発表した。 このケア法では、服の上から…

続きを見る

広島で「日本通所ケア研究大会・認知症ケア研修会」開催

デイ・デイケアに強く求められるものは何か株式会社QOLサービスの研修部門である日本通所ケア研究会は、地域包括ケアシステム構築に向けた2018年度同時改定後のデイの役割をテーマに「第16回日本通所ケア研究大会(合同開催)」「第13回認知症ケア…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る