介護・福祉の最新ニュース

アプリで行方不明者の情報を共有して早期発見

2017-08-18 01:00

みまもりあいアプリ
2017年8月1日、株式会社ホープは社団法人セーフティネットリンケージと共に、「福岡市認知症高齢者見守りネットワーク事業(捜索システム)」に参画することを発表した。

福岡市が展開する「福岡市認知症高齢者見守りネットワーク事業」において、株式会社ホープは、「みまもりあいプロジェクト」(社団法人セーフティネットリンケージが展開)の支援ツール「みまもりあいアプリ」を提供する。

捜索協力依頼を配信
認知症の人が行方不明になった場合、捜索支援アプリ「みまもりあいアプリ」を使うと、「みまもりあいアプリ」をダウンロードしている協力者に「捜索協力依頼」を配信できる。配信の範囲も選択が可能(半径500メートル、5キロ、10キロ、20キロ)。

認知症の人を無事に発見した後は、発見ボタンを押すだけで協力者全員に通知され、配信された「捜索者情報」は全て自動的に消去される。

みまもりあいステッカー
無料で利用できる「みまもりあいアプリ」だが、「みまもりあいステッカー」を購入すると、ID番号が付与され、個人情報を保護できる。

「みまもりあいステッカー」には、フリーダイヤルと付与されたID番号とが記載されている。利用者の持ち物(靴や帽子、カバンなど)に「みまもりあいステッカー」を貼っておくと、行方不明になった場合、発見者は「みまもりあいステッカー」のフリーダイヤルに電話する。

ID番号を入力すると、発見者と捜索者の個人情報は公開されない状態で、お互いに連絡を直接取ることが可能。捜索者側の電話番号は2回線まで登録できる。

1番目の通報先に電話が繋がらない場合(不在、圏外、電源オフ)、自動的に2番目の電話番号に転送される。

(画像は株式会社ホープのホームページより)


▼外部リンク

株式会社ホープ
http://www.zaigenkakuho.com/

キーワード: 総合

関連ニュース

認知症情報サイト「笑顔とこころでつながる認知症医療」 掲載施設数が…

認知症に携わる人々の取り組みを紹介小野薬品工業株式会社は、2018年7月12日、同社運営の認知症関連情報WEBサイト『笑顔とこころでつながる認知症医療』にて取材記事を掲載している施設数が、400軒に達したと発表した。 『笑顔とこころでつな…

続きを見る

ミクニグループ 車いす等の合弁事業をスタート

世界的リーダーと合弁会社を設立ミクニは、7月10日、連結子会社で福祉介護機器事業を展開している「ミクニライフ&オート(以下、MLA)」が、ドイツのマルシュに本社を置く「Sunrise Medical Holdings Limited(以下、…

続きを見る

「ヘルスケアフードファクトリー亀岡」のPR動画を掲載

HPに動画を掲載介護施設や病院に向けた給食受託会社の日清医療食品株式会社は、6月28日に同会社HPにて、1日10万食を製造する「ヘルスケアフードファクトリー亀岡」のPR動画を掲載した。 省力化の徹底追求今までのセントラルキッチンの規模は1…

続きを見る

介護現場の不快な臭気に関する研究結果発表

独特で不快な臭気の研究介護現場での悩みのひとつ「独特で不快な臭気」の研究を、ライオン株式会社が知見を得て、本研究に関する内容を学会で発表した。 研究成果介護施設や介護者の部屋で感じる、臭気を回収し解析した結果、尿もれの影響が大きい股部分と…

続きを見る

アルツハイマー病の治療開発に期待 miR-132の補充がハンチント…

NCNPの研究グループが発見国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター(NCNP)と国立研究開発法人 日本医療研究開発機構は、2018年6月25日、脳内で減少するmiR-132の補充がハンチントン病に効果があることを発見したと発表した…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る