介護・福祉の最新ニュース

アプリで行方不明者の情報を共有して早期発見

2017-08-18 01:00

みまもりあいアプリ
2017年8月1日、株式会社ホープは社団法人セーフティネットリンケージと共に、「福岡市認知症高齢者見守りネットワーク事業(捜索システム)」に参画することを発表した。

福岡市が展開する「福岡市認知症高齢者見守りネットワーク事業」において、株式会社ホープは、「みまもりあいプロジェクト」(社団法人セーフティネットリンケージが展開)の支援ツール「みまもりあいアプリ」を提供する。

捜索協力依頼を配信
認知症の人が行方不明になった場合、捜索支援アプリ「みまもりあいアプリ」を使うと、「みまもりあいアプリ」をダウンロードしている協力者に「捜索協力依頼」を配信できる。配信の範囲も選択が可能(半径500メートル、5キロ、10キロ、20キロ)。

認知症の人を無事に発見した後は、発見ボタンを押すだけで協力者全員に通知され、配信された「捜索者情報」は全て自動的に消去される。

みまもりあいステッカー
無料で利用できる「みまもりあいアプリ」だが、「みまもりあいステッカー」を購入すると、ID番号が付与され、個人情報を保護できる。

「みまもりあいステッカー」には、フリーダイヤルと付与されたID番号とが記載されている。利用者の持ち物(靴や帽子、カバンなど)に「みまもりあいステッカー」を貼っておくと、行方不明になった場合、発見者は「みまもりあいステッカー」のフリーダイヤルに電話する。

ID番号を入力すると、発見者と捜索者の個人情報は公開されない状態で、お互いに連絡を直接取ることが可能。捜索者側の電話番号は2回線まで登録できる。

1番目の通報先に電話が繋がらない場合(不在、圏外、電源オフ)、自動的に2番目の電話番号に転送される。

(画像は株式会社ホープのホームページより)


▼外部リンク

株式会社ホープ
http://www.zaigenkakuho.com/

キーワード: 総合

関連ニュース

腰の負担を軽減する体幹筋サポーター

POJI体幹筋サポーター2018年4月より、株式会社POJIは、「POJI体幹筋サポーター」を発売した。 「POJI体幹筋サポーター」は、屈曲や伸展のような動きに対して、強伸縮バンドが動作をサポートする。介護職などの職務において、動作と腰…

続きを見る

人々との触れ合いで成長する「aibo(アイボ)」

自律型エンタテインメントロボット「aibo(アイボ)」2018年4月6日、ソニー・ライフケア株式会社は、自律型エンタテインメントロボット「aibo(アイボ)」を介護付有料老人ホーム等に導入したことを発表した。 今回、「aibo」が導入され…

続きを見る

「ビフィズス菌A1」が 軽度認知障がいが疑われる人の認知機能を改善

ヒトに対する効果を検証森永乳業は、3月22日、認知症を発症する前段階である軽度認知障がいの疑いがある人を対象に、「ビフィズス菌A1」を摂取する前後比較試験を実施したところ、軽度認知障がいが疑われる人の認知機能を改善する可能性を確認できたこと…

続きを見る

ロングライフホールディングがジェトロのニューズレターにて紹介 中国

テーマは高齢者産業ロングライフホールディングは、3月16日、JETRO(日本貿易振興機構、以下、ジェトロ)が発行する「ジェトロ中国高齢者産業ニューズレター」 に、中国へ参入した企業として同社が紹介されたことを発表した。 ニューズレターの主…

続きを見る

ダンスで楽しく介護予防

JDACダンス介護予防指導士2018年4月1日より、株式会社プレミア・ケアと一般社団法人ダンス教育振興連盟JDAC(ジェイダック)は、指導者の資格制度「JDACダンス介護予防指導士」をスタートする。 高齢化社会において、介護職員の人手不足…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る