介護・福祉の最新ニュース

「死亡」と誤入力され年金受け取れず 大阪市住吉区

2017-08-19 16:00

年金を受け取れなかったA氏には一時的に保護費を給付
大阪市住吉区役所保険年金課で、区内の後期高齢者医療の被保険者資格喪失手続きを行った際、誤入力のため年金が支給停止となり、該当者が年金を受け取れない事態が発生した。同課ではシステムの理解が不十分であったことを原因としている。

同課は、8月15日支給分の年金は9月15日に支給するように日本年金機構に依頼。さらに、8月15日から9月15日まで1ヶ月分の支給相当額の保護費をA氏に給付することにしている。保護費は年金が支給された時にA氏から返還される。

後期高齢者資格喪失処理時にミス
31月31日にA氏の生活保護が開始。4月26日の後期高齢者医療のシステムを使用したA氏の資格喪失処理時に、担当者が「生保開始」とすべき資格喪失事由を「死亡」と誤入力。5月1日、ダブルチェックにより発見した誤入力を修正。

しかし、4月入力のデータ反映期日4月28日を過ぎていたので、修正が反映されず「死亡」のまま日本年金機構へ情報が送られ、年金の支給停止処理が行われた。8月15日に6・7月分の年金が支給停止となっていたため、A氏が日本年金機構に問合せ、発覚した。

今後同課では、再発防止のために、データ修正の反映期日、喪失事由欄の入力に注意を徹底し、担当者向け端末操作マニュアルに追記するという。

(画像は大阪市住吉区HPより)


▼外部リンク

大阪市住吉区
http://www.city.osaka.lg.jp/sumiyoshi/page/0000409023.html

キーワード: 事件・事故

関連ニュース

実態と異なる勤務表を提出「メディカルグリーン」を処分 栃木県

7月20日付けで処分栃木県は、7月20日、介護保険法(平成9年法律第123号)の規定に基づき、「デイサービスセンターみどり」を運営する介護保険事業者「メディカルグリーン」に対し、行政処分を下したことを発表した。 県では、今年1月にも「社…

続きを見る

介護保険料の算定ミスで追加徴収 大阪市

減免算定を間違え大阪市は、6月20日、浪速区役所保健福祉課において、介護保険料の算定を誤り、介護保険料の追加徴収を発生させた事案が、2件あったことを明らかにした。 主な事由と経緯昨年12月20日、ある区民(以下、A氏)より、離職により収入…

続きを見る

指定訪問介護事業者の不正が発覚 熊本県

監査にて不正が発覚熊本県は、5月25日、県の指定訪問介護事業者が、県に届け出た事業所ではなく、同法人が運営するサービス付き高齢者向け住宅内で事業を行っていたことを発表した。 また、同法人は、同一建物内減算(10%)を適用することなく、介護…

続きを見る

ミラクルクラブなど2事業所 指定の効力停止処分に さいたま市

2事業所の「不正請求」が発覚さいたま市は、3月19日、児童福祉法に基づき、指定障がい児通所支援事業者「いずみサポート ISC」に行政処分を下したことを発表した。 「いずみサポート ISC」は、放課後等デイサービスを行っている「ミラクルクラ…

続きを見る

ビッグプラネット運営「ヘルパーステーションそら」指定取り消し処分に…

3月31日に指定を取り消し和歌山県は、3月19日、介護保険法に基づいて、ビッグプラネットが運営する「ヘルパーステーションそら」の、指定を取り消すことを発表した。 同事業所では、訪問介護、介護予防訪問介護、居宅介護支援に関するサービスを実施…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る