介護・福祉の最新ニュース

外出中の見守りから音声メッセージのやり取りまでロボット「BOCCO」

2017-09-07 04:00

光BOCCO
2017年9月1日(金)、ユカイ工学株式会社と東日本電信電話株式会社、西日本電信電話株式会社は「光BOCCO」サービスを開始する。

「光BOCCO」サービスでは、高品質な光回線でインターネットやWi-Fiが利用できるほか、見守りロボット「BOCCO」1台が進呈される。

Wi-FiとBluetoothの機能を搭載した「BOCCO」は、インターネットへの接続が可能で、センサと通信もできる。

見守りロボット「BOCCO」
見守りロボット「BOCCO」は、スマートフォンとの音声メッセージのやり取りがインターネット経由でできる。

また、BOCCOが送った声を文字化してメール(こえ文字メール)にすることも可能。スマートフォンから送ったメッセージも、BOCCOは読み上げることができる。

センサで部屋の温湿度や振動を感知
BOCCOはセンサで部屋の温湿度や振動を感知して、ドアや鍵の開閉などの情報をスマートフォンに通知するので、高齢家族の状況の把握が外出中でも可能。

BOCCOのアプリ内にある「BOCCOチャンネル」や組み合わせアプリをつうじて、天気予報や防災情報などの情報をしゃべるなどの機能も、BOCCOは備えており、操作性もシンプルで簡単だ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

ユカイ工学株式会社PRTIMES
https://prtimes.jp/

キーワード: 総合

関連ニュース

世界初!介護者も助けるデジタルメディスン「エビリファイ マイサイト…

新しい価値を提供する製品が誕生大塚製薬は、11月14日、世界初のデジタルメディスン「エビリファイ マイサイト(Abilify MyCite(R))」が、米国FDAにて承認されたことを発表した。 3者間の円滑なコミュニケーションを促進「エビ…

続きを見る

市販の介護食利用者は約40%「介護にまつわる意識調査」の結果を発表

「介護の日」に向けた取り組みキユーピーは、11月8日、「介護にまつわる意識調査」の結果を発表した。 食事に関する困りごとを持つ人は約30%介護の必要な同居家族がいる人に対し、「介護にどの程度携わっているか」を尋ねたところ、「主に携わってい…

続きを見る

アルツハイマー型認知症に伴う行動障がい向け 「追加フェーズ3試験」…

さらに次のステップへ大塚製薬は、11月1日、抗精神病薬「ブレクスピプラゾール(一般名)」のアルツハイマー型認知症に伴う行動障がい(アジテーション)を対象とした「追加フェーズ3試験」を実施することを発表した。 過去の結果はいまひとつブレクス…

続きを見る

朝日生命 全役職員約15000名が「認知症サポーター」として認定

社内で認知症サポーターは15000名以上朝日生命保険相互会社は、認知症サポーター養成の取り組みを進めており、生命保険会社では初めて全役職員15,566人が認知症サポーターとして認定された。 今までの取り組み同社では、平成24年度より、厚生…

続きを見る

あやすと1歳児の言葉をしゃべる「こんにちは赤ちゃん」

こんにちは赤ちゃん2017年10月28日より、トレンドマスター株式会社は、コミュニケーションロボット「こんにちは赤ちゃん」を2種類(男の子、女の子)、全国一斉に発売する。 赤ちゃん型のぬいぐるみの様な外観の「こんにちは赤ちゃん」は、シンプ…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る