介護・福祉の最新ニュース

「高齢者虐待の状況」を発表 前年度より虐待件数は減少 山形県

2017-09-07 19:00

今年も引き続き公表
山形県は、9月4日、平成28年度の「高齢者虐待の状況」について発表した。

平成18年度、「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律」が施行された。県ではこの施行以来、毎年公表を実施している。

結果の概要
介護施設等における高齢者虐待数は、前年度と比べ3件減少し、特別養護老人ホームにおける身体的虐待及び心理的虐待が1件。50代男性介護職員が、80代で要介護4の認定を受けていた男性利用者に対して、怒鳴り、首を握ったものとされる。

一方、家庭における高齢者虐待数は、前年度より35件減少し、155件で18%の減少となった。

状況の傾向としては、昨年度とほぼ同様で、身体的虐待が約70%を占めた。また、被虐待者の約80%が女性であり、虐待者は息子が最も多く全体の48%を占め、次いで、夫、息子の配偶者が多くなっているという。

「気づき」が虐待の深刻化を防止
県では、介護施設職員や市町村職員を対象に、未然防止のための優良事例の紹介や職員のストレスケアなどの研修会を実施しているほか、パンフレットの作成・配布等により、相談窓口、通報義務等の周知徹底による県民の虐待防止の意識向上に努めている。

なお、虐待を受けている高齢者や、介護疲れの家族は、何かしらのサインを発しているとし、身のまわりに思い当たることがあれば、「市町村」や「地域包括支援センター」にぜひ相談してもらいたいとしている。

(画像は山形県のホームページより)


▼外部リンク

山形県 プレスリリース
http://www.pref.yamagata.jp/

キーワード: 事件・事故

関連ニュース

ミラクルクラブなど2事業所 指定の効力停止処分に さいたま市

2事業所の「不正請求」が発覚さいたま市は、3月19日、児童福祉法に基づき、指定障がい児通所支援事業者「いずみサポート ISC」に行政処分を下したことを発表した。 「いずみサポート ISC」は、放課後等デイサービスを行っている「ミラクルクラ…

続きを見る

ビッグプラネット運営「ヘルパーステーションそら」指定取り消し処分に…

3月31日に指定を取り消し和歌山県は、3月19日、介護保険法に基づいて、ビッグプラネットが運営する「ヘルパーステーションそら」の、指定を取り消すことを発表した。 同事業所では、訪問介護、介護予防訪問介護、居宅介護支援に関するサービスを実施…

続きを見る

不正請求額は約1,950万円 指定取り消し処分に 埼玉県

対象事業所は2カ所埼玉県は、2月14日、介護保険法及び生活保護法の規定に基づき、介護保険サービス事業者である「めいとケア」及び指定介護機関が運営する事業所「めいと松原団地訪問介護事業所」「北野訪問介護支援センター」の指定取り消し処分を行った…

続きを見る

豊田市の介護事業所などを不正受給で行政処分

2訪問介護事業所指定取り消し処分豊田市は6日、訪問介護の事業所などが介護報酬を不正に受給したなどとして、「訪問介護事業所心実」、「訪問介護事業所ゆうか」の2つの訪問介護事務所に対し、介護保険事業所を2月23日付で指定取り消し処分を行うと発表…

続きを見る

「リハビリデイサービスなでしこ」指定取り消し処分に 柏原市

法第77条や第115条に抵触大阪府柏原市は、2月7日、介護保険法の規定に基づいて、指定居宅サービス事業者等の指定を取り消す行政処分を下したことを発表した。 対象事業所は、タカノが運営する「リハビリデイサービスなでしこ」。通所介護、介護予防…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る