介護・福祉の最新ニュース

九州工業大学など介護負担を軽減するプロジェクトを開始

2017-09-08 18:00

IoTを活用し、介護スタッフの負担を軽減
スカイディスクは9月7日、九州工業大学と連携してIoTを活用し、介護従事者の業務負担を軽減させるプロジェクトをスタートさせたと発表した。

北九州市は政令都市の中で、最も高齢化が進んでいるエリア。このような背景もあり、九州工科大学では「非接触生体センサ」と「AIによる行動認識技術」を組み合わせ、高齢者がより安全・快適に、やりがいを感じながら生活するためのIoT情報システムの実現を目指している。

「業務効率」、「安全性」、「サービス性」の向上を目指す
今回の連携は、文部科学省が実施する「平成28年度地域イノベーション・エコシステム形成プログラム」に採択されたプロジェクトとして行うもの。

プロジェクトでは九州工科大学発のベンチャー企業・ひびきの電子が開発した、非接触生体センサなどの各種センサを活用する。高齢者施設や病院のベッドに、各種センサを取り付け、センサから得られた情報や業務記録などを分析して、高齢者の行動を認識・予測するシステムの開発を行う。

このプロジェクトが実用化されれば、「業務効率」、「安全性」、「サービス性」の向上が期待できる。

さらにシステムを活用して、熟練の介護士の行動履歴を新人介護士の教育に生かしたり、最適な人員配置を検討したりはれば、業務負担や人手不足といった介護業界の課題解決にもつながりそうだ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

株式会社スカイディスクのプレスリリース
https://skydisc.jp/information/870/

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

「認知症を抱える人」が接客 「注文をまちがえる料理店」リリース

心あたたまるノンフィクションあさ出版は、11月15日、小国士朗著「注文をまちがえる料理店」を、11月10日(金)に発行したことを発表した。 接客は認知症の人「注文をまちがえる料理店」は、不思議であたたかい人たちが登場するレストランの物語。…

続きを見る

ノロスターシリーズ手指消毒用タイプ新発売

12月1日から発売株式会社ニイタカが、アルコール消毒薬が効きにくいと言われる、複数のノンエンベロープウイルスに効果があるアルコール消毒薬「Nスター」を12月1日に新発売する。同社の主力製品、ウイルス対応型アルコール系除菌剤「ノロスターシリー…

続きを見る

最高水準の看護サービス!「ポピンズナースケア」をスタート

顧客の声を反映した在宅型医療ケアポピンズは、11月14日、新しいタイプの訪問看護自費サービス「ポピンズナースケア」をスタートしたことを発表した。 この新サービスは、これまでポピンズのVIPケアサービスを利用していた顧客の、医療ケアに対する…

続きを見る

「エイジフリーハウス プレミア」シリーズの展開始まる

住み慣れた町で安心して暮らせる住宅パナソニック エイジフリー株式会社は、サービス付き高齢者向け住宅「パナソニック エイジフリーハウス」で、ハイグレードなサービスを提供する「プレミア」シリーズの展開を始める。 その第一弾として、2017年1…

続きを見る

笑いヨガを毎日続けたい 誤嚥を防ぐためのセミナー終了後調査

「誤嚥を防ぐために!!食事と口腔ケアから」アンケート調査結果相愛大学が10月15日に行った、高齢者支援セミナー「誤嚥を防ぐために!!食事と口腔ケアから」のアンケート調査の結果を公表した。同セミナーは、大阪市イノベーション創出支援補助金による…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る