介護・福祉の最新ニュース

九州工業大学など介護負担を軽減するプロジェクトを開始

2017-09-08 18:00

IoTを活用し、介護スタッフの負担を軽減
スカイディスクは9月7日、九州工業大学と連携してIoTを活用し、介護従事者の業務負担を軽減させるプロジェクトをスタートさせたと発表した。

北九州市は政令都市の中で、最も高齢化が進んでいるエリア。このような背景もあり、九州工科大学では「非接触生体センサ」と「AIによる行動認識技術」を組み合わせ、高齢者がより安全・快適に、やりがいを感じながら生活するためのIoT情報システムの実現を目指している。

「業務効率」、「安全性」、「サービス性」の向上を目指す
今回の連携は、文部科学省が実施する「平成28年度地域イノベーション・エコシステム形成プログラム」に採択されたプロジェクトとして行うもの。

プロジェクトでは九州工科大学発のベンチャー企業・ひびきの電子が開発した、非接触生体センサなどの各種センサを活用する。高齢者施設や病院のベッドに、各種センサを取り付け、センサから得られた情報や業務記録などを分析して、高齢者の行動を認識・予測するシステムの開発を行う。

このプロジェクトが実用化されれば、「業務効率」、「安全性」、「サービス性」の向上が期待できる。

さらにシステムを活用して、熟練の介護士の行動履歴を新人介護士の教育に生かしたり、最適な人員配置を検討したりはれば、業務負担や人手不足といった介護業界の課題解決にもつながりそうだ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

株式会社スカイディスクのプレスリリース
https://skydisc.jp/information/870/

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

資格「シニアフードアドバイザー」認定開始

高齢者の食に対する知識を習得公益財団法人日本ケアフィット共育機構と江上料理学院が、高齢者にいつまでも安心して楽しい食事をしてもらう基礎知識を学ぶ資格「シニアフードアドバイザー」を開始した。同資格は、テキストとDVDを使用した在宅通信教育で学…

続きを見る

どこにでも簡単に設置できる折りたたみ式面手すり

自立支援や寝たきり防止に役立つ面手すり手すりの設置は転倒の防止に欠かせない。面手すりがあれば、高齢者の自立支援や寝たきりの予防対策となる。そこでパナソニック エイジフリーは10月25日、高齢者などの自立を支援する面手すり「スタンディ」を新発…

続きを見る

座った姿勢をとりやすい「紙おむつ」登場

要介護度を進めないために、昼間は座って過ごそうユニ・チャームは10月3日、大人用紙おむつ「ライフリー のび~るフィット うす型安心テープ止め」の発売を開始する。 ユニ・チャームは、在宅介護をしている人の状態を調査している。調査結果から日中…

続きを見る

「さくら大根漬」新登場!見た目はそのままで驚きのやわらかさ

高齢者食の新アイテムフジッコは、9月19日、「ソフトデリ 漬物シリーズ」の新アイテム「JF ソフトデリ さくら大根漬 500グラム」を、全国病院用食材卸売業協同組合の専売品として、病院や介護施設、老人ホームなどに向け、10月1日から新発売す…

続きを見る

施設スタッフの業務負荷軽減を実現 ICTを活用した「スマートウェル…

センサーで入居者の安否状況を解析し通知株式会社ファミリーネット・ジャパンは、9月20日、サービス付き高齢者向け住宅へ向けたサービス『スマートウェルネスシステム』の提供を開始したと発表した。 同サービスは、センサーや水道の使用状況などから入…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る