介護・福祉の最新ニュース

介護は老人ホームなどの福祉施設!アンケート調査の結果を発表 岡山県

2017-09-12 18:45

医療・介護施策の参考に
岡山県は、9月7日、「人生の最終段階における医療に関するアンケート調査」の結果を発表した。

この調査は、「県民満足度調査」に合わせて毎年実施。県では、「要介護状態となった場合の生活の場所」や「人生の最終段階における医療」などについて、県民の意識を把握し、今後の医療・介護施策を推進する上での参考にしたい考えだ。

介護は福祉施設で
「高齢となり、日常生活を送る上で介護が必要な状態になった場合、どこで介護を受けたいか」について質問をしたところ、「老人ホームなどの福祉施設」と回答した人が前年度より2.2%増加し、36.2%。

一方、「自宅(子どもや兄弟姉妹などの家を含む)」と答えた人は前年度より1.6%減少し、21.6%となった。

また、「余命が半年程度あるいはそれより短い期間と告げられた場合、療養生活は最期までどこで送りたいか」を尋ねたところ、「自宅で療養して、必要になれば緩和ケア病棟に入院したい」と答えた人が前年度より0.7%増加し、29.5%と最も多かった。

次いで「自宅で療養して、必要になれば今まで通った医療機関に入院したい」が、17.6%であった。

「リビングウィル」に賛成多数
「治る見込みがなく、余命が短いときには延命医療を拒否することを、前もって書面に記しておき、本人の意思を直接確かめられないときは、その書面に従って治療方針を決定する」という考え方を「リビングウィル」という。

この「リビングウィル」の言葉とその意味について、「知らなかった」と答えた人は71.8%にのぼった。一方、この考え方に「賛成する」と答えた人は63.4%で、「賛成できない」と答えた人はわずか1.6%にとどまり、多くの人が「リビングウィル」の考え方に前向きであることがうかがえる結果となった。

(画像は岡山県のホームページより)


▼外部リンク

岡山県 プレスリリース
http://www.pref.okayama.jp/page/349497.html

キーワード: 地域

関連ニュース

音読で脳を活性化させるシニアいきいきセミナー 福井県

名作や詩、絵本を読んで認知症を予防福井県立図書館が、シニアいきいきセミナー「あたまイキイキ音読教室」を開催する。参加料は無料。 セミナーでは県立図書館の職員が講師となり、参加者全員で文学作品や詩、絵本などを声に出して読む。音読は脳を活性化…

続きを見る

認知症の人や家族が安心して暮らせる社会に!「認知症サポーター養成講…

認知症サポーター養成講座2017年10月18日(水)、東京都葛飾区では「認知症サポーター養成講座」を開催する。 認知症について正しく理解できる「認知症サポーター養成講座」では、認知症の人や家族が、安心して一緒に暮らせる地域社会を目指す。 …

続きを見る

レクリエーションとコミュニケーションを学ぶ介護講座を開催 奈良県

日々の介護に役立つ実践的な講座奈良県は10月24日、「介護講座」を開催する。「介護とレクリエーション コミュニケーションの上手なとり方」をテーマにした講演が行われる。講師は、ていくあい有限会社 代表取締役の竹村ひとみ氏。 高齢者向けのレク…

続きを見る

介護サポーターに登録できる!介護業務1日体験講座を開催 兵庫県

介護現場の人材確保に兵庫県は、9月19日、介護の現場を知ってもらい、継続的に介護現場の情報提供を受けることで、介護業界への就職につなげることを目的に、「ひょうご介護サポーター研修(介護業務1日体験講座)」を開催することを発表した。 「ひょ…

続きを見る

認知症について学ぶセミナー開催 大阪市

市大病院が認知症をテーマにしたセミナーを開催認知症は誰もがかかりうる病気といわれており、加齢が危険因子ともいわれていることから、誰もが大きな関心を寄せている。 そこで大阪市立大学医学部附属病院は一般市民に向けたセミナー、「第1回認知症セミ…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る