介護・福祉の最新ニュース

介護は老人ホームなどの福祉施設!アンケート調査の結果を発表 岡山県

2017-09-12 18:45

医療・介護施策の参考に
岡山県は、9月7日、「人生の最終段階における医療に関するアンケート調査」の結果を発表した。

この調査は、「県民満足度調査」に合わせて毎年実施。県では、「要介護状態となった場合の生活の場所」や「人生の最終段階における医療」などについて、県民の意識を把握し、今後の医療・介護施策を推進する上での参考にしたい考えだ。

介護は福祉施設で
「高齢となり、日常生活を送る上で介護が必要な状態になった場合、どこで介護を受けたいか」について質問をしたところ、「老人ホームなどの福祉施設」と回答した人が前年度より2.2%増加し、36.2%。

一方、「自宅(子どもや兄弟姉妹などの家を含む)」と答えた人は前年度より1.6%減少し、21.6%となった。

また、「余命が半年程度あるいはそれより短い期間と告げられた場合、療養生活は最期までどこで送りたいか」を尋ねたところ、「自宅で療養して、必要になれば緩和ケア病棟に入院したい」と答えた人が前年度より0.7%増加し、29.5%と最も多かった。

次いで「自宅で療養して、必要になれば今まで通った医療機関に入院したい」が、17.6%であった。

「リビングウィル」に賛成多数
「治る見込みがなく、余命が短いときには延命医療を拒否することを、前もって書面に記しておき、本人の意思を直接確かめられないときは、その書面に従って治療方針を決定する」という考え方を「リビングウィル」という。

この「リビングウィル」の言葉とその意味について、「知らなかった」と答えた人は71.8%にのぼった。一方、この考え方に「賛成する」と答えた人は63.4%で、「賛成できない」と答えた人はわずか1.6%にとどまり、多くの人が「リビングウィル」の考え方に前向きであることがうかがえる結果となった。

(画像は岡山県のホームページより)


▼外部リンク

岡山県 プレスリリース
http://www.pref.okayama.jp/page/349497.html

キーワード: 地域

関連ニュース

身体拘束ゼロセミナーを開催 滋賀県

介護から身体拘束を撲滅するためのセミナー滋賀県と滋賀県社会福祉協議会が、「身体拘束ゼロセミナー」を開催する。 認知症ケアではやむを得ず身体拘束を行う場合があるが、これは人間としての尊厳を傷つける行為である。介護を受ける高齢者がその人らしく…

続きを見る

市内全27の郵便局が「高齢者見守りネットワーク推進事業」に協力 寝…

9事業者目の協力事業者は郵便局大阪府寝屋川市は、6月15日、市内にある全27の郵便局と「高齢者見守りネットワーク推進事業」に関する連携協定を、6月4日に締結したことを発表した。 市が初めて同協定を締結したのは、平成26年10月1日。水道検…

続きを見る

「介護職員のための相談窓口」をさらに充実 高知県

現場で頑張る介護職員を応援高知県は、6月13日、「介護職員電話相談窓口」にて、今年度より面談による相談を追加で実施することを発表した。 県では、昨年6月から、同相談窓口を開設中だ。これまで、業務内容や職場の人間関係など、仕事に関する悩みや…

続きを見る

キラッと輝く取り組みを募集!「おおさか介護かがやき表彰」を実施

介護人材を確保大阪府は、6月11日、第1回「おおさか介護かがやき表彰」を実施することを発表した。 府では、介護保険事業所が実施しているキラッと輝く取り組みを表彰し、表彰事業所での介護人材の定着、育成等の促進を目指したいとしている。 また…

続きを見る

認知症介護実践者研修を開催 佐賀県

認知症介護のための実践的な研修佐賀県が「第2回認知症介護実践者研修」を実施する。 高齢者介護スタッフを対象に、認知症の原因疾患や容態に応じて、本人やその家族の生活の質を向上させるための対応や、技術の習得を狙いした研修。介護現場で活躍する…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る