介護・福祉の最新ニュース

5割が尿ケア専用品があることを知らなかった

2017-09-13 08:00

男性向け排泄予防と対処方法の講座参加者へのアンケート結果
ユニ・チャーム株式会社が静岡県掛川市と連携し、“男性向け排泄予防と、対処方法の講座”を9月1日に行った。“自分でできる排泄トラブルの予防と対処”を内容とした講座に男性60人、女性4人が参加。講座後に実施したアンケートの結果を公表している。

アンケート結果は、男性の参加者が多数のため、男性60人で集計。講座参加者の年齢は70歳代が65%、80歳代が32%となっている。

8割以上が機会があれば専用品を使いたい
今回の講座に参加し役にたったかの問いに、78%がとても役にたつ、20%が少し役にたつと回答。98%が満足していると評価した。

講座を受けるまで尿ケア専用品があることを知らなかった参加者が50%、軽い便もれケア専用品があることを知らなかった参加者が68%いた。排泄トラブルの対処、予防のためにケア専用品を使いたいと思った参加者は83%。

同講座で印象に残った内容に、骨盤底トレーニング(53%)、おしっこチェック(52%)、尿もれのメカニズム(45%)等を挙げている。コメントには、知らないことが多かった、他の人に聞けないので参加でき良かった、今まで他人事と思っていた等が寄せられていた。

同社では今後も、より健やかな社会をつくるために自治体や関連機関と連携し、高齢者への啓発活動を続けていきたいとのことだ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

ユニ・チャーム株式会社 ニュースリリース
http://www.unicharm.co.jp/

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

無料の介護情報誌「あいらいふ 2018年7月号」発刊

テーマは老人ホームの探し方ザップは、無料の介護情報誌「あいらいふ 2018年7月号」を、6月28日(木)に発刊する。 今回も充実した内容を掲載「あいらいふ 2018年7月号」では、あなたにふさわしい「老人ホームの探し方」(前編)を特集する…

続きを見る

認知症に関する基礎知識の理解が進む 全日本民医連「認知症実践ハンド…

全国で展開されている取り組みも紹介全日本民主医療機関連合会(以下「全日本民医連」)は、2018年6月19日、『認知症実践ハンドブック』についてのプレスリリースを発表した。 このハンドブックは、今年3月、保健医療研究所より発行されたもの。認…

続きを見る

プロトラブズの射出成形 介護・医療向け遠隔操作ロボット「OriHi…

「その人がそこにいるような感覚」を伝えるプロトラブズ合同会社は、2018年6月19日、介護・医療向け遠隔操作ロボット『OriHime』の最終製品パーツの製造において、同社の射出成形サービスが採用されたと発表した。 『OriHime』は、株…

続きを見る

障がい者のスポーツ体験 大阪市

障がい者スポーツ体験兵庫県を中心に運営する株式会社ITCのITCテニススクールは、2018年6月23日(土)に大阪市にあるITC靭(うつぼ)テニスセンターにて、「ITCパラスポーツフェスタ」を開催することを決定した。 全員が一緒に楽しめる…

続きを見る

アルツハイマー病治療薬「lanabecestat」 第3相臨床試験…

独立データモニタリング委員会からの勧告を受け日本イーライリリー株式会社は、2018年6月13日、アルツハイマー病治療薬「lanabecestat」の第3相臨床試験について、継続を断念したと発表した。 この発表は、米イーライリリー・アンド・…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る