介護・福祉の最新ニュース

約4100台のタクシーが「動く基地局」として高齢者を見守る

2017-09-14 04:00

タクシーを活用したシステム
2017年9月7日より、JapanTaxi株式会社と株式会社otta、東京電力ホールディングス株式会社は、IoT見守りサービス「tepcotta(テプコッタ)」とタクシーを活用するシステムの本格運用を開始した。

東京都渋谷区を中心に、運用を始めたこのシステムでは、タクシーを「tepcotta(テプコッタ)」の「動く基地局」として活用する。

tepcotta(テプコッタ)
東京電力ホールディングス株式会社によるIoT 見守りサービス「tepcotta(テプコッタ)」は、株式会社ottaのIoT技術を活用している。

「tepcotta(テプコッタ)」の専用携帯端末(キーホルダーなど)はビーコン(電波受発信器)を搭載しており、利用者(高齢者など)が持つと、家族や保護者などは、スマートフォンやパソコンで位置情報履歴を把握できる。

また、利用者が予め登録した基地局付近を通過すると、メールや専用アプリをつうじて通知する。

より細かい見守りを実現
日本交通株式会社が運営するタクシーは乗客用タブレット「Tokyo Prime」している。約4100台のタクシーにおいて、tepcotta携帯端末の検知が可能なアプリを「Tokyo Prime」に導入。

公共施設や民間施設にある固定基地局のほかに、約4100台のタクシーが首都圏を中心に「動く基地局」として機能するので、より細かい見守りが期待できる。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

株式会社otta PRTIMES
https://prtimes.jp/main/

キーワード: 地域

関連ニュース

音読で脳を活性化させるシニアいきいきセミナー 福井県

名作や詩、絵本を読んで認知症を予防福井県立図書館が、シニアいきいきセミナー「あたまイキイキ音読教室」を開催する。参加料は無料。 セミナーでは県立図書館の職員が講師となり、参加者全員で文学作品や詩、絵本などを声に出して読む。音読は脳を活性化…

続きを見る

認知症の人や家族が安心して暮らせる社会に!「認知症サポーター養成講…

認知症サポーター養成講座2017年10月18日(水)、東京都葛飾区では「認知症サポーター養成講座」を開催する。 認知症について正しく理解できる「認知症サポーター養成講座」では、認知症の人や家族が、安心して一緒に暮らせる地域社会を目指す。 …

続きを見る

レクリエーションとコミュニケーションを学ぶ介護講座を開催 奈良県

日々の介護に役立つ実践的な講座奈良県は10月24日、「介護講座」を開催する。「介護とレクリエーション コミュニケーションの上手なとり方」をテーマにした講演が行われる。講師は、ていくあい有限会社 代表取締役の竹村ひとみ氏。 高齢者向けのレク…

続きを見る

介護サポーターに登録できる!介護業務1日体験講座を開催 兵庫県

介護現場の人材確保に兵庫県は、9月19日、介護の現場を知ってもらい、継続的に介護現場の情報提供を受けることで、介護業界への就職につなげることを目的に、「ひょうご介護サポーター研修(介護業務1日体験講座)」を開催することを発表した。 「ひょ…

続きを見る

認知症について学ぶセミナー開催 大阪市

市大病院が認知症をテーマにしたセミナーを開催認知症は誰もがかかりうる病気といわれており、加齢が危険因子ともいわれていることから、誰もが大きな関心を寄せている。 そこで大阪市立大学医学部附属病院は一般市民に向けたセミナー、「第1回認知症セミ…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る