介護・福祉の最新ニュース

介護福祉施設向けデリバリーサービス「スマート介護」が「国際福祉機器展」に出展

2017-09-17 18:00

体感コーナーやセミナーで紹介・提案を行う
プラス株式会社は、9月27日から29日までの3日間、東京ビッグサイトにて開催される「第44回 国際福祉機器展 H.C.R.2017」に出展し、同社の「スマート介護」事業を紹介する。

「国際福祉機器展」は、アジア最大規模の福祉機器・用品の展示会。「スマート介護」は、介護福祉施設向けデリバリーサービスであり、同社は体感コーナーやセミナーで紹介・提案を行うという。

24000以上の施設が利用している
「スマート介護」は、介護福祉施設で必要なモノ・コト・サービスがカタログ1冊に詰まったデリバリーサービス。プラスの社内カンパニーであるジョインテックスが、文具事務用品店と協働する形で展開している。

同サービスは、多忙な介護福祉施設の職員の時間や労力の軽減を支援し、ケアやコミュニケーションといった本来業務に集中できることを狙いとして、2014年5月に開始された。以後、登録施設数は順調に拡大し、2017年8月の時点では24000以上の施設が利用している。

新製品・サービスの紹介も行われる
「スマート介護」の「国際福祉機器展」への出展は、4年連続4度目となる。今回の出展では、レクリエーション介護士による「介護レクリエーション体験」ゾーンが開設され、季節の行事やイベントに合わせたレクリエーション企画が紹介される。また、16企業・団体による22回のセミナーにより、新製品・サービスの紹介も行われる。

「第44回 国際福祉機器展 H.C.R.2017」は、連日10:00から17:30まで開催。ただし最終日は、16:00まで。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

介護福祉施設向けの多彩なレクリエーション企画を中心に体感コーナーやセミナーで紹介・提案 - プラス株式会社
http://www.plus.co.jp/news/201709/001657.html

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

自宅介護の限界とは「あいらいふ」11月号発刊

有料老人ホームへの入居をアドバイスザップは、10月18日、月間介護情報誌「あいらいふ11月号」を、10月26日に発刊することを発表した。 11個のサインを解説自宅で介護をする人の中には、「家族間で暴言や暴力がある」「自力で家に戻れない」な…

続きを見る

関西デイサービス協会設立総会開催!~介護保険制度の希望「自立支援介…

設立後初となる総会を開催次期介護保険改正では、デイサービスはさらに厳しさを増すことが予想されている。他方、いまデイサービスの将来に明るい兆しをともす新しい取り組みとして「自立支援介護」、「混合介護」、「ICT・ロボット」、「アジア健康構想」…

続きを見る

英国生まれの「ストレスケア講座」を初開催 枚方市

ストレスの軽減や心身の癒やしに日本セラピューティック・ケア協会は、10月16日、英国赤十字社により考案されたケア法「セラピューティック・ケア」の基礎を学べる入門講座を、大阪府枚方市にて初開催することを発表した。 このケア法では、服の上から…

続きを見る

広島で「日本通所ケア研究大会・認知症ケア研修会」開催

デイ・デイケアに強く求められるものは何か株式会社QOLサービスの研修部門である日本通所ケア研究会は、地域包括ケアシステム構築に向けた2018年度同時改定後のデイの役割をテーマに「第16回日本通所ケア研究大会(合同開催)」「第13回認知症ケア…

続きを見る

こだわりぬいた「正月二段重セット」「愛知県三河一色産 うな重」が誕…

独自技術を駆使した摂食回復支援食イーエヌ大塚製薬は、10月13日、「あいーと」の季節限定商品として、「正月二段重セット」と「愛知県三河一色産 うな重」を日本全国で、10月23日(月)より販売開始することを発表した。 「あいーと」は、通常の…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る