介護・福祉の最新ニュース

「梦心地(ゆめごこち)吸水シート」の販売をスタート!介護現場の声に対応 中国

2017-09-27 20:00

中国の介護現場を変える製品が登場
ロングライフホールディング(以下、ロングライフ)は、9月25日、合弁会社である青島長楽護理用品有限公司が、介護現場のニーズを取り入れて開発した「梦心地(ゆめごこち)吸水シート」の販売を、中国にてスタートしたことを発表した。

中国の介護施設では、パンツ型のおむつを使用するより、吸水シートを直接ベッドに敷いていることが多い。しかし、現場で使われているシートには、安い価格の商品が優先されており、それらの性能は、いまひとつだという。

「梦心地吸水シート」のメリット
「梦心地」は、ロングライフが中国で展開する介護用品ブランド。

今回、販売を開始した吸水シートは、日本製の高分子ポリマーを採用した吸収性の高い「自社開発品」で、不快感や臭いを軽減するだけでなく、清潔な環境を維持できることから、介護の負担軽減にもつながる。

サイズは、縦60センチメートル、横60センチメートルのものと、縦90センチメートル、横60センチメートルの商品、2種類を用意。中国国内で生産し、パッケージを簡略化することで、コスト削減にも貢献するという。

リピーターが増加中
現在、「梦心地吸水シート」は、高齢者施設を対象に販売中だ。

一方、繰り返し購入する顧客が増加していることもあり、今後、販売代理店などを通じて、さらなる販路拡大を狙う予定である。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

ロングライフホールディング プレスリリース
http://www.longlife-holding.co.jp/

キーワード: 総合

関連ニュース

腰の負担を軽減する体幹筋サポーター

POJI体幹筋サポーター2018年4月より、株式会社POJIは、「POJI体幹筋サポーター」を発売した。 「POJI体幹筋サポーター」は、屈曲や伸展のような動きに対して、強伸縮バンドが動作をサポートする。介護職などの職務において、動作と腰…

続きを見る

人々との触れ合いで成長する「aibo(アイボ)」

自律型エンタテインメントロボット「aibo(アイボ)」2018年4月6日、ソニー・ライフケア株式会社は、自律型エンタテインメントロボット「aibo(アイボ)」を介護付有料老人ホーム等に導入したことを発表した。 今回、「aibo」が導入され…

続きを見る

「ビフィズス菌A1」が 軽度認知障がいが疑われる人の認知機能を改善

ヒトに対する効果を検証森永乳業は、3月22日、認知症を発症する前段階である軽度認知障がいの疑いがある人を対象に、「ビフィズス菌A1」を摂取する前後比較試験を実施したところ、軽度認知障がいが疑われる人の認知機能を改善する可能性を確認できたこと…

続きを見る

ロングライフホールディングがジェトロのニューズレターにて紹介 中国

テーマは高齢者産業ロングライフホールディングは、3月16日、JETRO(日本貿易振興機構、以下、ジェトロ)が発行する「ジェトロ中国高齢者産業ニューズレター」 に、中国へ参入した企業として同社が紹介されたことを発表した。 ニューズレターの主…

続きを見る

ダンスで楽しく介護予防

JDACダンス介護予防指導士2018年4月1日より、株式会社プレミア・ケアと一般社団法人ダンス教育振興連盟JDAC(ジェイダック)は、指導者の資格制度「JDACダンス介護予防指導士」をスタートする。 高齢化社会において、介護職員の人手不足…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る